max bill by JUNGHANS ハンドワインド

Max Bill 1962  | JUNGHANS

  • JUNGHANS モデル027 3702.00

    JUNGHANS モデル027 3702.00

  • 文字盤

    文字盤

  • ドーム状の風防

    ドーム状の風防

  • 裏面

    裏面

  • 革ベルト

    革ベルト

  • マックス・ビルの刻印

    マックス・ビルの刻印

  • max bill by JUNGHANS ハンドワインド

    max bill by JUNGHANS ハンドワインド

  • 使用イメージ

    使用イメージ

  • max bill by JUNGHANS シリーズ

    max bill by JUNGHANS シリーズ

  • max bill by JUNGHANS シリーズ

    max bill by JUNGHANS シリーズ

ウォッチデザインの象徴的存在

バウハウスの時代に誕生した「max bill by junghans」シリーズのデザインウォッチ。バウハウスの理念が100%継承された明快で論理的なデザインは、バウハウスの芸術家マックス・ビルのオリジナルデザイン画がベース。今日では優れたデザインのモダンクラシックモデルとして人気を博しています。

「機能はフォルムに追従する」という理念に忠実に、マックス・ビルは特別な時計のコレクションを作り出しました。1956年のダイアルレイアウトのキッチンクロックは彼のタイムピースを特徴づけており、1961年に誕生したマックス・ビル初の腕時計のデザインにも組み込まれています。またそれは、彼の時計を代表するアイコンとなっています。
実用的な価値と美しさの融合に力を入れ、明瞭な線を使い、完璧な美しさを追求し誕生したユンハンスのマックス・ビル コレクションのクラシックなデザインは、50年以上にわたって魅力ある象徴的存在として愛されています。

リューズを手で巻き上げるハンドワインド(手巻き)モデルは、もともと1961年に男性用としてデザインされました。直径34mmのケースは今では女性にも好んで着用されています。

サイズ・仕様詳細 +
  • 送料無料
  • ラッピング可
  • 振込/代引でポイント2倍
027 3702 00
お取り寄せ:最短1週間
¥118,800
2,376pt
0
0

関連アイテム