ソットサス 21

Ettore Sottsass 1989 

  • ソットサス 21

    ソットサス 21

  • ソットサス 21

    ソットサス 21

  • ソットサス 21

    ソットサス 21

  • ソットサス 21

    ソットサス 21

  • ソットサス 21

    ソットサス 21

  • ソットサス 21

    ソットサス 21

  • ソットサス 21

    ソットサス 21

ポストモダンが色濃く反映されたアートな照明

エットーレ・ソットサスが東京・六本木での展覧会「Yamagiwa Art Foundation」のためにデザインし、1990年に「Light is Architecture」という展示で発表された一連の照明シリーズ。1から29というナンバーがそのままプロダクト名になっています。
Twenty One [ 21 ]は、細長いボックスの中央に大きな白熱球とそのサイドには鮮やかなグリーンの電球がシンメトリーに配置された壁付けの照明。エントランス扉の上への設置がおすすめです。通常は配線施工が必要な仕様ですが、便利なコンセントタイプもご用意可能です。
サイズ・詳細を見る 
  • 送料無料
  • ラッピング不可
  • 振込/代引でポイント2倍
コンセントタイプ
お取り寄せ:3~10日
¥100,100
1,820pt
施工タイプ
お取り寄せ:3~10日
¥97,900
1,780pt
0
0

関連アイテム