BKF バタフライチェア/フラインググース(オットマン)

Cuero

  • BKF バタフライチェア

    BKF バタフライチェア

  • BKF フラインググース ナチュラル

    BKF フラインググース ナチュラル

  • BKF フラインググース ブラウン

    BKF フラインググース ブラウン

  • BKF フラインググース ブラック

    BKF フラインググース ブラック

  • BKF バタフライチェア

    BKF バタフライチェア

  • BKF バタフライチェア

    BKF バタフライチェア

  • BKF バタフライチェア

    BKF バタフライチェア

  • BKF バタフライチェア

    BKF バタフライチェア

  • BKF バタフライチェア

    BKF バタフライチェア

  • BKF バタフライチェア

    BKF バタフライチェア

  • BKF バタフライチェア

    BKF バタフライチェア

  • フレーム

    フレーム

名作BKFチェアのフットスツール

1938年にアルゼンチンのブエノスアイレスで誕生した「BKFチェア」は、バタフライチェアの愛称でもよく知られています。
20世紀を代表する建築家のル・コルビュジエの下で働いていた3人のアルゼンチン人デザイナー(アントニオ・ボネット、フアン・クルチャン、ホルヘ・フェラーリ=ハードイ)によってデザインされ、それぞれの頭文字をとってBKFチェアと名づけられました。

イギリスの土木技師ジョセフ・フェンビーがデザインした折りたたみ椅子「トリポリーナ(1885年)」からインスピレーションを得て誕生したBKFチェアは、50年代から60年代にかけて特に若者たちに支持され、その人気はイームズ夫妻によるプロダクトにも勝るとも劣らないものでした。黄金時代である50年代には500万脚ほど製造されました。数多くの芸術家に愛され、1941年エドガー・カウフマン・ジュニアの選定により、ニューヨーク近代美術館におさめられました。

2005年、スウェーデンのCUEROによって再生産がスタート。かつてとは違い、キャンバスではなくイタリアから取り寄せた最高品質のレザーで作られています。通常の手法よりも手間のかかる方法でなめされたベジタブルタンニンのレザーの仕上げにかかる工程には、熟練の職人による特殊な技術が必要とされます。イタリアのいくつかの小さな皮革なめし工房が連携して工程を進めて、非の打ちどころのないレザーを完成させ、CUEROに納めています。

大きくゆったりと腰掛けることのできるラウンジチェアは、北欧のライフスタイルそのもの。
クッションやラグ、シープスキンなどファブリック製品ともよく似合います。
サイズ・詳細を見る 
  • 送料無料
  • ラッピング不可
ブラック
お取り寄せ:3~10日
¥38,500
700pt
ブラウン
お取り寄せ:3~10日
¥38,500
700pt
ナチュラル
お取り寄せ:3~10日
¥38,500
700pt
0
0

関連アイテム