アイアーマン スクリーン

Egon Eiermann 1968  | RICHARD LAMPERT

  • アイアーマン スクリーン

    アイアーマン スクリーン

  • アイアーマン スクリーン

    アイアーマン スクリーン

  • イメージ

    イメージ

  • イメージ

    イメージ

  • イメージ

    イメージ

  • イメージ

    イメージ

  • 開放感のある白いパネルで軽い印象に

    開放感のある白いパネルで軽い印象に

  • 蝶番はフレームに埋め込んであり景観を損ねません

    蝶番はフレームに埋め込んであり景観を損ねません

  • 底面には床を傷つけないようフェルトが取り付けてあります

    底面には床を傷つけないようフェルトが取り付けてあります

アイアーマンのジャパニーズデザイン

このスクリーンは、当時西ドイツの首都であったボンにある国会議事堂のエントランスホールと会議室のためにアイアーマンによってデザインされました。氏はこのスクリーンに取り組むに当たり、日本で古来から空間の間仕切りとして使われていた「屏風」をモチーフにしたと言われています。フレームに米松を用いることで強度と木目の美しさを、白いパネルにMDFを用いることで清潔感と軽やかさを演出してくれます。また、規則的に並べられた丸い穴は、氏の設計した建築の特徴でもある、パターンデザインです。2010年のケルンファニチャーフェアーで製品化された、アイアーマンのマスターピースです。


アイアーマンテーブルにリノリウムモデルが限定入荷

エゴン・アイアーマンの名作家具
  • ラッピング不可
  • 振込/代引でポイント2倍
アイアーマン スクリーン
お取り寄せ:3~4ヶ月
¥540,000
10,000pt
1
0

関連アイテム