戦後間もない1940年代後半。
デザインという言葉がまだ一般的でなかった日本のデザイン黎明期。
渡辺力氏のデザイン活動のキャリアはここから始まります。
以降、プロダクト、インテリアなど多様な分野のデザインを手掛け、
約60年にわたりデザイン活動を続けてきました。
ここでは氏のプロダクトデザインに焦点をあて、その活動の一端を
ご紹介します。