高梨良子

美術短期大学を卒業後、東京ガラス工芸研究所へ。その後徳島ガラススタジオ、富山ガラス工房勤務を経て独立し、2007年ORIGINAL FORMを設立します。棒状の色ガラスをいくつも合わせ、それを変形させて成型した作品は、全て手作業で制作されており、それゆえに見る人の心を楽しませてくれる美しい造形を成しています。「使っていて気持ちが和むような器、料理を盛り付けたくなる器、そのような器を作りたい」。という彼女の作品は、高い技術に裏打ちされた繊細さと、温かみを併せ持つのが特徴です。

主な活動暦

1995年
女子美術短期大学卒業
2000年
東京ガラス工芸研究所研究科修了後、徳山ガラススタジオ勤務
2001年
国際ガラス展・金沢2001 入選
2003年
ガレの森美術館 作品収蔵 第2回金津創作の森 酒の器公募展入選
2004年
富山ガラス工房勤務
第3回金津創作の森 酒の器公募展入選
2007年
富山にて ORIGINAL FORM 開設