芹沢銈介

静岡市生まれ。東京高等工業学校(現・東京工業大学)図案科卒業。生涯の師である柳宗悦と沖縄の染物・紅型(びんがた)に出会ったことを契機に、型染めの道を歩み始めます。そのたぐい稀なデッサン力によって、模様や動植物、風景をモチーフとしたオリジナリティあふれる作品を多数生み出しました。染色以外にも着物、暖簾(のれん)、壁掛け、本の装丁、カレンダー、建築内外の装飾など幅広い分野で活躍。その評価は国内にとどまらず、1976年にフランス政府から招聘を受け、パリで大規模な個展を行い成功をおさめます。同年には文化功労者となり、20世紀を代表する工芸家として国内外に広く知られています。

主な活動暦

1929年
国画会展に「杓子莱文壁掛」を初出品、国画奨学賞受賞
1931年
柳宗悦が『工藝』を発刊、1年間分の型染布表紙を制作する
1939年
柳宗悦や民芸同人とともに沖縄に渡り、紅型の技を学ぶ
1945年
手漉き和紙による型染カレンダーを始める
1956年
型絵染で重要無形文化財保持者(人間国宝)に認定される
1976年
文化功労者となる
フランス国立グラン・パレ美術館において「芹沢銈介展」開催
1984年
4月5日、88歳で他界

注染とは?

生地に型紙を乗せ、染めない部分に糊を塗り、生地をたたみながら1枚づつ糊付けを繰り返します。重ねた生地の染める部分に染料を注ぎ、染料を裏から吸い上げ、重ねた生地を染め抜きます。手ぬぐいや浴衣などに使われています。