イグナツィア・ファバタ/スタジオ ジョエ・コロンボ インタビュー

2004年、メトロクスの看板商品である「ボビーワゴン」の販売を開始して早4年。
我々は、イタリアンデザインの黄金期を代表するデザイナー、ジョエ・コロンボの魅力を伝える為、「Joe Colombo展」の企画を進めていました。企画展にあたり、コロンボのアシスタントとして活躍し、現在もデザインの管理を行っているジョエ・コロンボスタジオの主宰イグナツィア・ファバタ女史を訪れ、生前のコロンボの話を伺う機会を得ました。

このインタビューは、イタリア・ミラノ市内のオフィスにて、60-70年代のプロダクトデザイン史について語られた、貴重な記録です。

こちらは会員限定コンテンツとなります。会員登録はこちら