Piero Fornasetti - ピエロ・フォルナゼッティ

ピエロ・フォルナゼッティ 

Piero Fornasetti[ 1913 - 1988 ]

1913年ミラノ生まれ。1988年没。ブレラアカデミーで図面を学んだ後、1933年ミラノトリエンナーレにシルクプリントのスカーフを初出展。第7回の同展(1940年)でジオ・ポンティに才能を見出されたことによりドムス誌やスティーレ誌に作品が掲載され、一躍注目を浴びる。
1949年以降、ポンティと協働でカジノや客船、劇場、ホテル等のインテリアをデザインする。
イタリアの伝統的絵画とシュールをミックスした独特の作風は、今日においても高い評価を博しており、女性の顔をあしらったプレートシリーズ"テーマと変化(Themes and Variations)"は最も有名な代表作である。
現在、息子バルナバがプロデュースしているリバイバル作品は、リリースの度に大きな話題となっている。

  • カピテッロ

  • イル フーモ ファ マーレ

  • ランティパティコ

  • マキシ ウニタ ディターリア

  • スミールツォ チリーンドロ ビアンコ

  • ペッカート オリジナーレ

  • マルモ

  • セッラトゥーラ キアーヴェ

  • "アル ブイオ

  • フロラ

  • ピラータ

  • フラテッリ ディターリア

  • ブックエンド

  • ランテルナ

  • ランパディーナ

  • アルキテットゥーラ