Achille Castiglioni - アキッレ・カスティリオーニ

アキッレ・カスティリオーニ 

Achille Castiglioni[ 1918 - 2002 ]

ミラノ工科大学建築学科を卒業後、1944年兄リビオ、ピエル・ジャコモとともに建築事務所を開設し、主に都市計画や建築計画、工業デザインを手掛ける。62年に創設されたフロス社ではデザイン部門の責任者として活躍し、新素材コックーンを用いた照明「ヴィスコンティア」などのシリーズを発表。その後も「アルコ」「タッチア」「トイオ」など、従来の発想に捕らわれない斬新な切り口による傑作を多数世に送り出す。56年にはイタリアインダストリアルデザイン協会の設立に参画。69年からはミラノ、トリノ両工科大学で教鞭を執り、後進の育成に尽力。86年ロンドン王立美術アカデミーにおいて工業デザイナー協会の名誉会長となる。コンパッソドーロを通算7度受賞し、イタリアにおける革新的工業デザインの先駆者である。