イタリアが生んだ奇才、ピエロ・フォルナゼッティによる『テーマ&バリエーション』シリーズ

20世紀初め、世の男性を虜にした美人ソプラノ歌手 リナ・カヴァリエリ。
彼女の驚くほどの美貌は世界中をも魅了し、カルティエは「世界で最も愛らしいプリマ・ドンナ」と評し、彼女のためにココシュニック・ティアラを贈った。
1955年には彼女の波乱の生涯を描いた映画『美女中の美女』が公開。肖像画家 ジョヴァンニ・ボルディーニ の目にも留まり、彼女をモデルとした肖像画も残されている。

同様に、彼女に心を奪われ魅せられたフォルナゼッティは、生涯彼女をモデルとした作品を作り続けた。

△TOPへ

Copyright c 2000-2014 Metropolitan Gallery Inc. All rights reserved.