F031デスクについて

このデスクは、ピエール・ポランが1950年代に曲木の家具で有名なフランスのトーネット社から発表したデスクです。ポラン自らがデザインを持ち込み、製品化を実現。「CM141」という商品名で発売されました。後にも先にも自らが営業を行ったのはこの時だけとインタビューの際に語ってくれました。

ピエール・ポランのデザインとして一般的に知られているのは、1960年代以降に手掛けたアーティフォート社の有機的なフォルムのプロダクトですが、このデスクは直線を基調としたシンプルで機能性を追及したフォルムに結実しています。「オフィス用としてではなく、個人が使うためのものとしてデザインした」ことにより、ヨーロッパの平均的なデスクのサイズよりもコンパクトで、「プチビューロ(小さめのデスク)」という呼び名もあったようです。

また、天板、引き出し、脚部はそれぞれ異なる素材で構成されていて、素材使いの配慮や細部のディティールへのこだわりが随所に見られます。

シンプルで美しいデザイン
シンプルで美しいデザイン メラミン化粧板仕上げの天板と木製の引き出しをL字金具でつなぎ合わせ、それらをスチールの脚で支えている非常にシンプルな構造。無駄を排除しディティールに拘ったポランの意図が随所に見られ、どこから見ても美しいデスクです。 ノートパソコンに適した奥行き 奥行き60cmはノートパソコンの使用に適しており、日本の住宅で使いやすいサイズ 傷が付きにくい天板 表面強度が高いメラミン化粧板で仕上げた天板は傷がつきにくくお手入れも簡単 面取り仕上げで安全 天板の木口は面取り仕上げを施し、安全面にも配慮 留め継ぎ加工 引き出しは木の端を斜めにカットして組み合わせる留め継ぎ加工です 設置場所を選ばない背面仕上げ 背面も仕上げを施しており設置場所を問いません
使い分けができる二段引き出し 深さが異なる2段の引き出し。上段は8.5cm、下段は11cm 補強を加えた引き出し 復刻の際に改良を加えた部分。前板を付けて強度をアップさせています 公認の証「サインプレート」 引き出し内側にはピエール・ポランの真鍮製サインプレート付き 引き出しやすい取手 スチール製の取手。手が掛かりやすいコの字形の形状です 強度とデザインを両立させた脚部 安定感のあるスチールロッドとフラットバーの組み合わせ 脚先も美しく 脚部にもこだわったポランのデザイン オリジナルのディティールを忠実に再現しました
ちょうどいいサイズ感 男性と女性が使用したイメージ 椅子は#72サイドチェア

ピエール・ポランこだわりの材質

引き出しはオーク、チーク、天板と脚はブラック(天板:ブラック×脚:ブラック)またはホワイト(天板:ホワイト×脚:ホワイト)の4種類の組み合わせからお選び頂けます。

※天板と脚の色違い(天板:ブラック×脚:ホワイト、天板:ホワイト×脚:ブラック)は、オンラインショップでは定番品としての取扱のない仕様です。製作は可能ですので、ご希望の方はお問い合わせください。

※引き出しのローズウッド、脚・取手のステンレスは限定仕様のみでのご提供となります。

マットな質感の天板

天板は、ホワイト、ブラックのいずれかをお選び頂けます。メラミン化粧版は、傷がつきにくくお手入れも簡単です。

天然木の木目が美しい引き出し

引き出しはオーク、チークの2種類。木目が美しい天然木の突板を使用しています。

強度に優れたスチール製の脚部

スチールロッドとフラットバーを組み合わせた脚部。デザイン性と強度を両立させた構造。パソコンモニターを載せてのご使用にも十分の強度です。

オーク

日本ではナラと呼ばれる木種。家具はもちろん酒樽などにも使用されています。

チーク

水に強い性質をもち、船舶などにも使われている銘木。高級家具の用材として有名です。

ローズウッド

家具や楽器などに使われている高級木材。名前の由来は甘い香りがすることから。

スタッフのオススメポイント

  1. コンパクトなサイズですが、今まで一度も狭く感じたことはありません。
  2. 引き出しの深さがそれぞれ違うので使い分けができます。
  3. A4サイズが2列入れられ、引き出しの中は意外とたっぷり収納できます。
  4. ホワイトのメラミン天板と木の質感の組みあわせが平坦になり過ぎないのが良いです。
  5. 脚が細いデザインが良いですね。
  6. 袖の裏側が仕上げられているところがよく、後ろ姿がきれいです。
  7. 2011年5月頃からメラミン化粧板の仕様が変更になり、小口が目立たなくなった
  8. 国内での生産なので、納期をお待たせせず納品可能

オリジナルモデルとの出会い

1996年頃、ヨーロッパ出張の際に立ち寄ったパリのアンティーク街・クリニャンクールのショップで偶然にこのデスクのオリジナルモデルを発見。家具の中でも特にデスクが好きなメトロクスの代表は迷うことなく購入。コレクションの一つとなりました。その後、販売中止となった名作の再生産事業を手掛けていく中で、当然のようにこのデスクも候補の一つとなりました。

再生産への道のりはピエール・ポランへコンタクトをとることから始まり、アーティフォート社を通じてコンタクトに成功。ポラン氏の代理人と交渉ののち、メトロクスが制作した製品サンプルを確認したポランからは「パーフェクト」とのコメント。ポラン氏の自宅を訪問し、正式に合意となったわけです。

オリジナルのディテールを忠実に再現し、日本での製造・販売権をメトロクスが得たのは2003年の事でした。

  • オークxホワイト
    オークxホワイト
  • オークxブラック
    オークxブラック
  • チークxホワイト
    チークxホワイト
  • チークxブラック
    チークxブラック