Brass

Lueの工房へ行ってきました!

こんにちは。メトロクス・オノデラです。

少し前になってしまいましたが、6月下旬、岡山県瀬戸内市で、
真鍮を用いたカトラリーや雑貨を製作している、
菊地流架さん率いる『Lue』の工房に訪問しました!

工房02

工房

今回私が訪問した工房は、今までの工房が手狭になったとのことで、
6月上旬に新しく完成した工房です。
ちょうどお引っ越しされたばかりのできたてほやほや。

工房の中はというと・・・
ところかしこに機械や道具がたくさん配置されています。

工房内

道具02

道具

いろいろな道具に材料、見ているだけで楽しくなります。
金属加工できる一通りの機械類は工房内にすべて完備されているので、
だいたいの作業は工房でできるとのこと。

道具は特注で製作するものもあるそうです。
上の画像にあるハンマーのような道具も特注品。
スプーンの丸みを出すために金属をたたく道具です。
よくよくみると、持ち手の部分がバイクのハンドル!!

菊地さん
左:Lue(ルー)の菊地流架(きくちるか)さん

工房内には、製作過程のアイテムもたくさんありました。

フォーク

↑ これらの穴の開いた板は・・・

フルーツフォーク

↑ ベルトソーで穴を目がけてカットし、フォークのパーツになります。

定規

↑ メモリを腐食させた真鍮板。カットして定規に。

メトロクスで取り扱わせていただいている真鍮製のシューホーン

シューホーン

原型はこんな感じ ↓
効率的な材料取りができるよう、計算されています。

シューホーン01
シューホーン02

ボトルオープナーの材料もありました。

ボトルオープナー02

ボトルオープナー01

分厚い真鍮の塊。贅沢!

作業中

この日も、暑い中、スタッフのみなさんがもくもくと作業されていました。
実際に作っている現場にお伺いするのは新たな発見があってとても勉強になります。
このような環境で、こんな風に作っているんだと知ることで、ますます愛着が湧きます。

おまけ

私が訪問したときは、まだ工事中でしたが、工房の2階には、
菊地さんがセレクトしたアパレルや雑貨などのアイテムを取り扱う
ショップがオープン予定です!
まだまだ準備中でしたが、とても素敵な空間でした。
完成がたのしみです!!

ショップ

窓

2階の窓からは、田んぼの風景が。

そして、工房のお手洗いは、
トイレットペーパーホルダーも、洗面台の水受けトレイも菊地さんのお手製。
もちろん真鍮製です!

ペーパー

洗面台

真鍮のカトラリー 簡単!気軽!お酢でのお手入れ方法

こんにちは。メトロクス・オノデラです。

lue

菊地流架さんによるLueの真鍮製のカトラリー、
スポーク」を自宅で愛用しています。

真鍮カトラリーは、テーブルの上が華やぐので重宝しています。

Spork_00

真鍮のカトラリーは、
使用しているうちに表面に酸化膜がはり、
使い込むほど味わいがでてきて、だんだんよい雰囲気になっていきます。

普段のお手入れも、簡単。
洗剤で洗い、布巾でしっかり拭き、水気を落としておくだけ。
丁寧に使うと均等に酸化膜がはっていき、金属独特のにおいも軽減されます。

が、
長期間放置していたり、食品につけたままにしてしまうなど、
お手入れをおろそかにしてしまうと、
黒ずんだり、緑青(銅の器物の表面にできる緑色のさび)が出てきてしまいます。

どうしよう・・・
↓黒ずんで、緑青が出てきてしまいました・・・!

Spork_01

Spork_11

Spork_12

でも、大丈夫。
自宅にある一般的なお酢を使用して、簡単に落とすことができますよ!

Spork_13

準備するのは、お酢と、カトラリーが入る容器。

Spork_14

Spork_15

真鍮のカトラリーがひたひたになるくらいの分量のお酢を注ぎ、浸します。

Spork_16

待つことおよそ10分・・・
台所用の中性洗剤で洗い流して終了。簡単です。

Spork_17

上:お酢に浸した後。下:お酢に浸す前。
黒ずみが軽減されました!

Spork_18

10分程度浸すことで、味わいを残しつつ、
黒ずみと緑青は取り除けました!

それでも汚れが落ちにくい場合は、薄めたお酢に一晩つけた後、
塩とお酢を混ぜたもので磨くと元の光沢が出てくるそうですよ。

真鍮素材による経年変化を、気軽にお楽しみいただけます。

おまけ

お酢でのお手入れでは物足りない方へ。
以前のブログでもご紹介させていただきましたが、
金属みがき用の研磨剤を使うと、新品のようにピカピカにすることもできます。

wenol_01
↑メトロクスで使用している研磨剤。

wenol_02
↑スプーン部分の〇部分を磨いてみました。
磨いたところだけ、まるで新品の輝き。

wenol_03
↑上のスポークは全体的に磨きました。まぶしい。

お酢だけを使って、風合いを残すのもよし。
研磨剤を使用して、ピカピカにするのもよし。
お好みによって、お手入れ方法を選んでみてください!

Lue のカトラリーはこちら

経年変化やお手入れをたのしむ真鍮製品

こんにちは、メトロクス・ハマダです。

Lueの真鍮カトラリーのお手入れをしてみました。
本日はその様子をご紹介します。

菊地流架 Lue 真鍮のカトラリー
真鍮は経年変化の楽しめる素材。
使い込むほどに、なんとも言えない味わいが出てきます。

 

菊地流架 Lue 真鍮のカトラリー
奥に映っているのは店頭で数々の人々に触れられた真鍮のスポーク。
手前がパッケージから出したばかりの新品です。

 

菊地流架 Lue 真鍮のカトラリー
付属のクリップで比較すると、違いは一目瞭然です。
右はピカピカですが、左はくすんでいますね。

 

菊地流架 Lue 真鍮のカトラリー
使う事により表面に酸化膜が張って、このような状態になります。
ただ、この膜には金属を保護する役割があり、独特の金属のにおいも軽減されます。
決して、汚れだとは思わないでくださいね。
これこそが、個々に表情の異なる真鍮ならではの「味わい」となるのです。

 

菊地流架 Lue 真鍮のカトラリー
丁寧に使い続けると、酸化膜が均等に張りますが、
洗わずに放置したり、食品につけたままにすると黒ずんだり、緑青が出ることもあるそうです。
なので、使用後は食器用洗剤で洗い、フキンで拭きましょう。
真鍮のお手入れ方法は簡単、それだけです。

 

菊地流架 Lue 真鍮のカトラリー
くすんでいる方が風合いがあって、私も好みですし、
金属の経年変化を楽しんでいただきたいアイテムですが、
どうしても黒ずみや緑青が気になる場合もあると思います。
そんな時は、お塩とお酢を混ぜたものや研磨剤で磨くことで
元の光沢を取り戻すことができます。
試しに金属用の研磨剤で磨いてみます。

 

菊地流架 Lue 真鍮のカトラリー
菊地流架 Lue 真鍮のカトラリー
ご覧のとおり、拭いたものには、ある程度光沢が戻り、
研磨材を用いて磨いたものは、新品のようにピカピカになりました。

こうやって自らの手で育てていくことのできるものには
やはり愛着が湧きますね。丁寧に使い続けたいです。

 

菊地流架 Lue 真鍮のカトラリー
シンプルなパッケージ(5本セットのみ)も好感度高いです。
Lue スポーク 1,296円 / 5本セット 6,480円


LueのINDUSTRIAL PRODUCTラインにディナーカトラリーが仲間入りしました。