菊地流架

Lueの工房へ行ってきました!

こんにちは。メトロクス・オノデラです。

少し前になってしまいましたが、6月下旬、岡山県瀬戸内市で、
真鍮を用いたカトラリーや雑貨を製作している、
菊地流架さん率いる『Lue』の工房に訪問しました!

工房02

工房

今回私が訪問した工房は、今までの工房が手狭になったとのことで、
6月上旬に新しく完成した工房です。
ちょうどお引っ越しされたばかりのできたてほやほや。

工房の中はというと・・・
ところかしこに機械や道具がたくさん配置されています。

工房内

道具02

道具

いろいろな道具に材料、見ているだけで楽しくなります。
金属加工できる一通りの機械類は工房内にすべて完備されているので、
だいたいの作業は工房でできるとのこと。

道具は特注で製作するものもあるそうです。
上の画像にあるハンマーのような道具も特注品。
スプーンの丸みを出すために金属をたたく道具です。
よくよくみると、持ち手の部分がバイクのハンドル!!

菊地さん
左:Lue(ルー)の菊地流架(きくちるか)さん

工房内には、製作過程のアイテムもたくさんありました。

フォーク

↑ これらの穴の開いた板は・・・

フルーツフォーク

↑ ベルトソーで穴を目がけてカットし、フォークのパーツになります。

定規

↑ メモリを腐食させた真鍮板。カットして定規に。

メトロクスで取り扱わせていただいている真鍮製のシューホーン

シューホーン

原型はこんな感じ ↓
効率的な材料取りができるよう、計算されています。

シューホーン01
シューホーン02

ボトルオープナーの材料もありました。

ボトルオープナー02

ボトルオープナー01

分厚い真鍮の塊。贅沢!

作業中

この日も、暑い中、スタッフのみなさんがもくもくと作業されていました。
実際に作っている現場にお伺いするのは新たな発見があってとても勉強になります。
このような環境で、こんな風に作っているんだと知ることで、ますます愛着が湧きます。

おまけ

私が訪問したときは、まだ工事中でしたが、工房の2階には、
菊地さんがセレクトしたアパレルや雑貨などのアイテムを取り扱う
ショップがオープン予定です!
まだまだ準備中でしたが、とても素敵な空間でした。
完成がたのしみです!!

ショップ

窓

2階の窓からは、田んぼの風景が。

そして、工房のお手洗いは、
トイレットペーパーホルダーも、洗面台の水受けトレイも菊地さんのお手製。
もちろん真鍮製です!

ペーパー

洗面台

真鍮のカトラリー 簡単!気軽!お酢でのお手入れ方法

こんにちは。メトロクス・オノデラです。

lue

菊地流架さんによるLueの真鍮製のカトラリー、
スポーク」を自宅で愛用しています。

真鍮カトラリーは、テーブルの上が華やぐので重宝しています。

Spork_00

真鍮のカトラリーは、
使用しているうちに表面に酸化膜がはり、
使い込むほど味わいがでてきて、だんだんよい雰囲気になっていきます。

普段のお手入れも、簡単。
洗剤で洗い、布巾でしっかり拭き、水気を落としておくだけ。
丁寧に使うと均等に酸化膜がはっていき、金属独特のにおいも軽減されます。

が、
長期間放置していたり、食品につけたままにしてしまうなど、
お手入れをおろそかにしてしまうと、
黒ずんだり、緑青(銅の器物の表面にできる緑色のさび)が出てきてしまいます。

どうしよう・・・
↓黒ずんで、緑青が出てきてしまいました・・・!

Spork_01

Spork_11

Spork_12

でも、大丈夫。
自宅にある一般的なお酢を使用して、簡単に落とすことができますよ!

Spork_13

準備するのは、お酢と、カトラリーが入る容器。

Spork_14

Spork_15

真鍮のカトラリーがひたひたになるくらいの分量のお酢を注ぎ、浸します。

Spork_16

待つことおよそ10分・・・
台所用の中性洗剤で洗い流して終了。簡単です。

Spork_17

上:お酢に浸した後。下:お酢に浸す前。
黒ずみが軽減されました!

Spork_18

10分程度浸すことで、味わいを残しつつ、
黒ずみと緑青は取り除けました!

それでも汚れが落ちにくい場合は、薄めたお酢に一晩つけた後、
塩とお酢を混ぜたもので磨くと元の光沢が出てくるそうですよ。

真鍮素材による経年変化を、気軽にお楽しみいただけます。

おまけ

お酢でのお手入れでは物足りない方へ。
以前のブログでもご紹介させていただきましたが、
金属みがき用の研磨剤を使うと、新品のようにピカピカにすることもできます。

wenol_01
↑メトロクスで使用している研磨剤。

wenol_02
↑スプーン部分の〇部分を磨いてみました。
磨いたところだけ、まるで新品の輝き。

wenol_03
↑上のスポークは全体的に磨きました。まぶしい。

お酢だけを使って、風合いを残すのもよし。
研磨剤を使用して、ピカピカにするのもよし。
お好みによって、お手入れ方法を選んでみてください!

Lue のカトラリーはこちら

永く使いたい、経年変化を楽しむ真鍮製品

こんにちは。メトロクス・タカダです。

以前よりメトロクスでは、菊地流架さんによる「Lue」のインダストリアルプロダクトライン
の製品を取り扱ってまいりましたが、今回、新たに2種類のハンドクラフト製品の
取り扱いを開始いたしました。

いずれも経年変化とともに魅力が増す、永年愛用したいアイテムです。
ご紹介していきましょう。

lue350103
Lue×RHYTHMOS シューホーン ブラウン ¥9,072(税込)

まずは、レザーブランドの「RHYTHMOS(リュトモス)」とのコラボレーションで誕生
したシューホーン。

「RHYTHMOS」は、鹿児島市照国町に、ショップ兼アトリエを構えるレザーメーカーで
デザイン・使い心地・デティールにこだわり、一針一針手縫いで仕上げており、
丁寧な手仕事が伺えるメーカーです。

lue_image_02
真鍮とレザーの双方の経年変化、どんどん手に馴染んでいく感覚が魅力の
とっておきの一品です。

lue350105
何気ない、このストラップがとても重宝します。

lue_image_00
そして、緩やかなカーブが、かかとにやさしくフィット。
靴を長持ちさせるためにも、シューホーンはとても重要なので、お気に入りの一つは
持っていたいですね。

lue350203
Lue×Holz ボトルオープナー ¥4,320(税込)

そして、もうひとつ。岩手県盛岡市でライフスタイルを提案するショップ「Holz(ホルツ)」との
コラボレーションで誕生したボトルオープナー。

lue_image_03
こちらも真鍮部分を「Lue」が手掛け、柄の木材部分を「Holz」が手掛けています。

lue_image_04
木材は水に強いチーク材を使用。
ほどよい重量感と手馴染みの良い形状が心地よい、特別なプロダクトです。

lue350208
木の表情が一つ一つ違うので、お気に入りを見つければ、
より愛着が湧きます。

lue350207
パッケージにはほぼ実寸の箔押しが施され、ギフトアイテムとしてもおすすめ。
個人的な意見ですが、これ貰ったら、めちゃくちゃ嬉しいです。

メトロクス東京では、今回ご紹介いたしました商品を実際に展示しておりますので
お手に取ってご覧いただくことが可能です。

在庫がございましたら、ボトルオープナーの木目もいくつか比べて
お見せいたしますので、お気軽にお申し付けください。

尚、過去のブログにて、真鍮の経年変化とお手入れについて
ご紹介しておりますので、よろしければこちらもご覧ください。

皆様のご来店を心よりお待ちしております。

n-craftsの2015年を振り返る

こんにちは、メトロクス・フクオカです。
本日が年内最終営業日となりました。
今年も一年、ご愛顧いただきましてありがとうございました。

1月には、n-crafts@metrocsの立ち上げ時から人気の練上げ作家 ハラダマホさん
個性的でユニークな図柄・モチーフが、いかにして生み出されるのかを紐解き、
通常では見えない「作品の魅力」を浮かび上がらせる催事を行いました。
ハラダさんにはトークショーも行っていただき、
作品のファンの方々と共に愉しい時間を過ごさせていただくことができました。

ハラダマホ展

 

また、6月には1960年代に近藤昭作さんがデザインした、
竹とアクリルのペンダントランプを復刻。

近藤昭作 竹のあかり

 

10月にはこの竹のあかりにスポットを当てた大型の催事を行い、
おかげさまで大盛況に終わりました。

バンブーワークス

 

今年一年にn-craftsでリリースしたアイテムは全13シリーズです。

1月:岡山県瀬戸内市で、真鍮を用いたカトラリー・雑貨・アクセサリーを制作している
菊地流架さんによる”Lue(ルー)“のディナーカトラリー

Lue カトラリー

 

3月:1930年創業の畑漆器店による、”暮らしに根ざした道具づくりを考える”をコンセプトとした
卯之松堂の「卯之松」シリーズ


卯之松 畑漆器店 MUTE

 

4月:1935年に福岡県久留米市で鋳型製造所として創業した吉田木型製作所が設立した
ファクトリーブランド「(READYMADE) PRODUCTS」からダッチオーブン・WEEKENDER

(READYMADE) PRODUCTS ダッチオーブン・WEEKENDER

 

5月:切子作家・吉田順子さんの切子に新柄が登場。
6月:練り上げ作家・ハラダマホさんの練り上げに新柄が登場。

吉田順子 ハラダマホ

 

6月/8月:荻野克彦さんの磁器シリーズがn-craftsに仲間入り。
8月:芳武茂介さん、増田尚紀さん山形鋳物が新登場。

山形鋳物 鋳心ノ工房

 

9月:「MUTE」がデザインを手がける畑漆器店の「col.」シリーズにTRICOが追加。
などなど、たくさんの商品が仲間入りした一年でした。

2016年もn-craftsならではのセレクトをご提案してまいりますので、どうぞご期待ください。
それでは良い年の瀬をお迎えください。
今後も変わらぬお引き立てのほど、よろしくお願い申し上げます。

*年始は2016年1月5日(火)から通常営業いたします。

食卓を楽しくする、Lue(ルー)の真鍮カトラリー 

こんにちは。
メトロクス・シンカイです。

初夏の日差しを感じる気持ちの良い季節になりました。
この夏は、食卓で使える道具としてのカトラリーを使用し、
食卓をちょっと楽しく、変化させてみてはいかがでしょうか。

本日は、菊地流架(きくちるか)さんのLue(ルー)による、
真鍮のカトラリーをご紹介いたします。

菊地さんは、岡山県瀬戸内市で、
真鍮素材を中心にカトラリー・雑貨・アクセサリー製作をおこなっています。
たたいたり切ったりと、ひとつひとつ丁寧に作られた作品には、
製作者の思いがしっかり詰まり、あたたかさを感じます。

真鍮は使っていくうちに、経年変化してゆくので、
使い込むほどに、なんとも言えない味わいをお楽しみいただけます。

それでは、Lueの食卓で使えるカトラリーを紹介させていただきたいと思います。

 
Lue スポーク

幅30×長さ170mm。
スプーンとフォークが一体となったスポークは、
日常使いはもちろん、アウトドアでも活躍しそうです。

5本セット(クリップ付) ¥6,480
単品 ¥1,296

 

Lue ディナースプーン

幅45×長さ195mm。
皿状の部分もたっぷりサイズで、
大さじとしても使うことができます。

3本セット(クリップ付) ¥4,536
単品 ¥1,512

 

Lue ディナーフォーク

幅30×長さ195mm。
股の部分も長く、
幅広い用途で使うことができます。

3本セット(クリップ付) ¥4,536
単品 ¥1,512

 

Lue ディナーナイフ

幅33×長さ205mm。
刃先の刃部分は、ギザギザと切れ込みが入っているので、
肉も魚も両方に使うことができます。

3本セット(クリップ付) ¥5,184
単品 ¥1,728

 

ディナーアイテムが各種気になる方には、
スプーン・フォーク・ナイフの3本セットのご用意もございます!

Lue ディナーセット

1本ずつ、3本重ねてクリップで止め、
スタックすることもできます!

3本セット(クリップ付) ¥4,752


クリップには、全てLueのロゴが。

日々使いながら、変化を楽しめるカトラリー。
ご自身の手で育ててみてはいかがでしょうか。

ご覧のとおり、経年変化したカトラリーは、深みが増してきますね。
丁寧に使い続けたいです。

共に時を重ねられるカトラリーはギフトにもピッタリです。
ラッピンクも無料で承っておりますので、お気軽にお申し付けください。

経年変化やお手入れの楽しみ方はこちらをクリック。