竹工芸

継承される伝統、若手作家5人が手掛けるアート

こんにちは、メトロクス・フクオカです。
このたび、エヌクラフツに弊社オリジナルの新商品が加わりました。

バンブーグラフィック
06

バンブーグラフィック
大分の若手竹職人による、立体的でリズム感のあるウォールオーナメントです。
タイプはこちらの5種類。

07

ござ目 / ボーダー、輪弧 / サークル、亀甲 / ボックス、
もろこし / グリッド、波網代 / ハーフ。
このバンブーグラフィックは、伝統的な編み方をベースにしていて、
名称はそれぞれの竹の編み方から由来しています。

 

15

例えば、6本の竹ひごを組み、編み目が六角形に見える六つ目模様に編む技法
「六つ目編み」をアレンジしたのが「亀甲 / ボックス」。
3本ずつ、それぞれ色を変え、規則的な模様に編んでいて、離れて見ると、
立方体が並んでいるように浮かび上がるグラフィカルな作品です。

その他の編み方についても詳しくご紹介しているので、特集ページもぜひご覧ください。
>> バンブーグラフィック特集ページ

 

02

これは昨年の秋に大分県の別府訓練支援センターへお邪魔したときの写真。
竹の伝統的な編み方を紹介しているエリアの壁面です。
中央付近は「輪弧編み」のいろいろなパターン。

 

03

こちらは「網代編み」のパターンなど。グラフィックのようですよね。
竹の編み方のバリエーションがこんなにあることに加え、細かな模様なども
描くように表現できることに驚きと奥深さを感じました。

 

20

こちらも竹のプロダクト「SKランプ」。竹とアクリル素材が融合した照明です。

 

10

竹とアクリルの結合部分をよ~く見てみてください。
「輪弧編み」です。

 

r02

こちらはバンブーグラフィックの「輪弧編み」のアップ。
奥に見える輪の部分が層になっていますね。
SKランプはこの層の部分にアクリルを挟み込み、完成しています。
なので、留め具が一切ない美しいシェードに仕上がっているんです。

 

今回発売したバンブーグラフィックは単なる平面ではなく、竹の編み目による
奥行きや立体感を感じられる製品です。
そして、伝統的な技法を別府の若手作家さん5人(20代~40代のお若い方ばかり)が
アレンジを加え、現代的に仕上がっています。
若い方たちの手で伝統の技術が継承されていく、
その一端を担うプロダクトになってくれたらと私たちは願っています。

くわしくはこちら
>> バンブーグラフィック特集ページ

 

11

おまけ:別府訓練支援センターで見つけたもの。
アクリル?ガラス?に竹が包まれている、ペーパーウェイト。
この製品も竹の編みのおもしろさをグラフィックとして捉えたプロダクトですね。

大分県別府に行ってきました

01

こんにちは、メトロクス・フクオカです。
竹細工の土地として知られる大分県別府に行ってきました。

エヌクラフツSKランプ制作に携わっていただいている竹細工の作家さんたちも
みなさん、別府で活動されています。

<別府竹細工の歴史>
別府竹細工の起源について「日本書紀」の記述によると、人皇12代景行天皇が
九州熊襲征伐の帰りに別府に立ち寄った際、お供の膳伴(台所方)が、良質の
シノダケが多いことを発見し、メゴ(茶碗籠)をつくったことがはじまりとさ
れています。 本格的に工芸品として扱われるようになったのは室町時代からだ
とされ、行商用の籠が販売のために生産されるようになり、竹細工の市場が整
備されていきました。
昭和13年には大分県工業試験場別府工芸指導所(現 大分県立竹工芸訓練
センターの前身)が大分県により設立されました。そして今日においても、
日本で唯一の竹工芸の専門訓練校として、多くの技術者を輩出し続けています。
(別府市竹細工伝統産業会館より引用)

 

02
というわけで、大分県立竹工芸訓練センターにおじゃましてきました。

 

03

2年制、定員10名。狭き門のようです。
訪問したときは1年生の方々がせっせと作業をしていらっしゃいました。
みなさん黙々と手を動かしておられ、集中されているようすでした。

 

04

油抜きをした竹を乾燥しています。約6メートル!
この長さを竹を釜でゆでて油抜きするそうです。

 

05

余分な油分を抜くこと事により、汚れ落とし、ツヤだし、カビ防止という作用があり、
耐久性を高める効果があるのです。
乾燥の終わった竹は竹倉庫で保管されます。

 

17

作るものの長さに合わせて、竹ひごに加工。1本1本、手作業です。
力も要れば根気も要る作業!

 

釜定 組鍋 大

やっとこれで編める状態の竹に。ここから編みの作業に入っていきます。
ひとことに竹細工といっても、作るだけではなく、材料の調達から始まり、
編むまでの下準備にはこれだけの手間がかけられているんですね。

 

06

センターの中には様々な工芸品が展示されたスペースも。

 

07

これはいろんな編み方の見本。
編みによって生まれる模様はグラフィックアートのよう。

 

07_2

豆腐かご。とても綺麗です。今は豆腐を入れることはしないですが、様々な収納に使えそうですね。
これのワークショップがあったらやってみたいな~

 

08

09

手作業では困難な特殊な加工用の機械がたくさん。卒業生も時間貸しで使用できるとのことで、
作家さん同士の交流の場にもなっているようです。

 

 

10

何十年も前の卒業制作。迫力がありました。

 

11

次に別府市竹細工伝統産業会館へ。撮影不可なのでエントランス付近のみの写真だけ。
海外では、美術品(アートピース)としての需要があるそうで、普段見慣れた「道具」とは違う
「オブジェ」がたくさんありました。どれも細工が細かくて惚れ惚れ…

 

12

竹に限らず、工芸品の魅力はやはり、手作業で作り手の想いが入っているところ。
竹細工については、目を見張る細かな細工や、竹を裂いて竹ひごにし、それを編むことで
立体にしていく、しかもその過程で文様まで生み出すということに感服しました。

以上、竹工芸の魅力について触れた日でした。

 

13

 

 

エヌクラフツの竹製品はこちら
SKランプ(生産地:大分県別府)

14

竹のカトラリー(生産地:大分県由布)

15

保存

保存

保存

保存

保存

竹ひごで作る、花かごのワークショップを開催します

こんにちは、メトロクス・フクオカです。

もうすぐ10月、毎年恒例の東京デザインウィークが催されますね。

この時期にあわせて、メトロクスでは竹工芸の魅力をお伝えするエキシビジョン

bamboo works ─世代と国境を越える竹工芸─」を開催します。

10月31日(土)と11月1日(日)には、竹を編んで花かごを作るワークショップも開催!

 

バンブーワークス ワークショップ 花籠

こちらが今回のワークショップで作る花かご「四海波(しかいなみ)」です。

コロンとした玉のようなフォルム。

 

ワークショップ バンブーワークス 四海波 花籠

こちらは過去のワークショップで竹ひごを編んでいる様子。

見たところ、使う道具は霧吹きとハサミくらいでしょうか。

竹ひごひとつで立体的に編み上げるところがわくわくしますね。

 

バンブーワークス ワークショップ 花籠

もちろん!完成した花かごはお持ち帰りいただけます。

ワークショップは予約制ですので、ぜひお誘い合わせのうえ、お申し込みください。

【お申し込みはこちらから】

 

バンブーワークス

竹を用いた照明づくりの第一人者・近藤昭作さんが1960年代に発表し、のちに

職人の後継者不足により惜しまれつつも生産終了となった「竹のあかり」シリーズは、

別府の若手竹職人へ技法を継承することで今年復刻が実現しました。

 

今回のエキシビジョン「バンブーワークス」では、近藤昭作氏の仕事を中心に、

大橋重臣氏を中心とする別府の若手竹職人グループ・BAICAの活動もあわせた、

世代を超えたマイスターたちによる伝統工芸とモダニ ズムの融合をテーマとしています。

両氏の作品の他、アンジェロ・マンジャロッティのバンブーランプシリーズの展示や、

ノグチ財団の依頼により近藤氏が手掛けたイサム・ノグチのバンブーバスケットチェアの

制作経緯を試作サンプルと共に紹介します。

ワークショップ以外にも見応えのある展示となっていますので、

ぜひ他のデザインウィークの催し物とあわせてご来場ください。

お待ちしております!