竹の照明

一灯でも複数灯でも!コンパクトなSKランプ鐘型

こんにちは。メトロクス・オノデラです。

1960年代に近藤昭作氏がデザインしたSKランプ
その近藤昭作氏が新たに昨年の2015年にデザインし、
今年の春にメトロクスから販売開始となったSKランプ鐘型

SK鐘型_消灯

先日、イメージカットを撮影しました。

今回もご協力いただいたのは、
スタイリスト中田由美さんと、カメラマンの高橋正敏さん。
いつもありがとうございます!

仕上がりはこんな感じに!!

SK鐘型イメージ_消灯

リビングのシーン。
3灯を使用して撮影してみました。

このSKランプ鐘型は、
近藤昭作氏との雑談の中で、
「1灯でも、複数灯でも使用できるようなランプがあるとよいですね~」
という、何気ない会話から商品開発がはじまったこともあり、
複数灯を組み合わせることも視野に入れたデザインとなっています。

したがって、3灯組み合わせても、とてもバランスがよいのです!!

電球が点灯すると、こんな感じに。

SK鐘型イメージ_点灯

消灯時と点灯時では、雰囲気が変わります。
電球だけでなく、シェード上部の乳白アクリルもやわらかに光ります。

一灯でも複数灯でもご利用いただけるSKランプの鐘型
リビングに、ダイニングに、ベッドルームに。
灯数を変えることで、ご利用シーンの幅が広がりますね。

 

さて、SKランプの電球について、メトロクスでは、
電球が見えるデザインとなっていることから、
点灯時の見た目が美しいという理由で、
E26 白熱球(ホワイトボール球型) 60W を推奨しています。

最近、SKランプをご購入いただいたお客様から
「LED電球は取り付けることはできますか?」
とのお問合せが増えています。

今現在のその返答は、
「白熱電球を取り付けたときと、やや電球の光り方がちがいますが、
LED電球も取り付けることができますよ!」です。

白熱電球、LED電球がどのように光り方が違うかと言いますと、

電球比較

左側のLED電球は、右側の白熱電球と比較すると、
電球の下1/3がプラスチックで覆われています。

その違いは、点灯時によくわかります。

電球比較_点灯時

右側の白熱電球は、
光源が球の周辺360°すべてから発光しているのに対し、
左側のLED電球は、
ソケットの根本のプラスチックで覆われている部分が発光していません。
※LED電球のメーカー、製造時期により
プラスチックで覆われている面積は異なるようですが、
現在販売となっているLED電球はこのような形状が多いようです。

メトロクス東京の店頭では、
白熱電球、LED電球、
それぞれを取り付けたSKランプを展示しておりますので、
どちらの電球を購入するか迷われている方は、
実際にお店でご覧いただくこともできますよ!!

ジャパニーズモダンの照明

6

こんにちは、メトロクス・フクオカです。
この夏、SKランプに新作が登場し、計3種類となりました。
メトロクス東京店にてすべて展示中ですので、実際にご覧いただけます。

0

左の2つが新作「鐘型」です。
小ぶりなタイプなので、複数個あわせてお使いいただくのがおすすめ。

1

トップの乳白色のアクリルと竹部分の繋ぎ目は、竹を編みながらアクリルを挟み込んでいて、
他の素材は一切使われていません。職人がなせる業です。

2

実際に電球が灯った雰囲気は、ぜひ店頭でお確かめください。
近くでみるほどに、職人の手仕事による精密度や美しさもよく見てとれると思います。

7
8

5
9
3
10

近藤昭作さんの竹のあかりを見に行こう

こんにちは、メトロクス・オノデラです。

メトロクスで復刻した、近藤昭作さんの竹の照明「SKランプ」。
おかげさまでご好評をいただいております。
ありがとうございます!


Styling / Yumi Nakata

日本の竹の照明の第一人者である
近藤昭作さんの竹のあかりは、
メトロクスで復刻した「SKランプ」の形の他にも、
日本全国のいろいろなところで使っているのを見ることができます。

そのうちのひとつが、
JR新宿駅中央東口からすぐ近くにある、郷土料理のお店 「くらわんか」。

日本各地の旬の素材を使った郷土料理と
選りすぐりの地酒や焼酎をいただけるお店です。
その店内のほとんどの照明に、
近藤さんの竹のあかりが使用されているとのことで、
店内を見に、近藤さんといっしょにお邪魔してきました。

入口から地下に降りていく通路。
竹編みから漏れるやわらかなあかりが、
新宿ならではの賑わいを忘れ、
落ち着いた気持ちにさせてくれます。
ウォールランプもペンダントランプも
どちらも近藤昭作さん作。

入口を入ってすぐの店内中央に、
ドーンと目に飛び込んでくるのは、
大テーブルとその上にお店のシンボルともいえる
近藤さんの竹のペンダントライト!


照明をチェックする近藤さん

直径85cm、高さ55cmの特大サイズ。
5灯の電球が虫かごのホタルのように見えます。
竹のシェード部分が、きれいな飴色に変化しており、
味わい深い表情になっています。

天井に直接ついている小さな竹のシェードも
近藤さんの竹のあかり。

廊下にも。

天井に落ちる影がとてもきれいです。

おとなりの座敷にも、

竹のシェードが二重になったペンダントランプが
たくさん使われています。

近藤さんの竹のあかりは、
ほっとする空間を演出します。

くらわんか」さんで、近藤さんと打ちわせも兼ねてお食事。
おいしいお料理とお酒をたくさんいただきました。


お刺身!

馬刺し!

名物のさつま揚げ!

近藤さん、ほろ酔いです。

しめはいつも稲庭うどん!だそうです。

くらわんか」は、開店した1976年当時からの近藤さんの行きつけのお店。

近藤さんは、いつも中央大テーブルの
ご自身で製作された特大ペンダントの下の
決まったお席にお座りになられるそうです。
くらわんか」に行けば、必ず仲間の誰かと遭遇し、
夜が更けるまで語らった!と近藤さん。
そしてなんと、近藤さんのボトルナンバーは1番だそうです!

近藤さんの竹のあかりを見ながら、
近藤さんの竹のあかりの下で
近藤さんとおいしい郷土料理とお酒を飲んだこの日は、
私にとって一生忘れられない夢のようなひとときとなりました。
近藤さん、ありがとうございました。

もし機会があれば、
みなさんもぜひ「くらわんか」さんへ行ってみてください!
近藤昭作さんのやさしい竹のあかりがいつでも迎えてくれますよ。