石川県

インスタで話題のお弁当箱が再入荷!

こんにちは。メトロクス・オノデラです。

今、モデルの亜希さんのインスタとブログで話題のお弁当箱。

亜希さんインスタグラム

亜希さんのインスタグラム(@shokatsu0414)

亜希さんブログ

亜希さんのブログ(http://lineblog.me/aki/)

おいしそう・・・。素敵ですね。
これらの画像は、ごく一部。
インスタとブログには、もっともっとたくさんお弁当写真が掲載されています。

さて、このお弁当箱の正体は・・・

MUTEさんによってデザインされた、
畑漆器店のcolor. シリーズ、ハコ Lサイズ

各色、再入荷しましたよ!!

箱L赤
アカ

箱L茶
チャ

箱L生成り
キナリ

ハコは、石川県山中温泉で450年培われてきた、
山中漆器の高い「ろくろ挽き」の技術を用いられて製作されています。

ハコを含む、このcolor. シリーズは、2016年度グッドデザイン賞を受賞。

お弁当箱としてだけではなく、裁縫箱や小物入れなどとしても使用できます。

9

わたしも自宅で、ハコを器として使用しています。
ウレタン塗装が施されているので、お手入れしやすいのもうれしいポイント。
水分や汚れにも強く、食器用洗剤で洗えます。

1

2

3
蓋は、取皿としても使用できるのがうれしいですね。

畑漆器店の器が目指しているのは、
繰り返される日々の営みのなか 何気なくそれでいて気持ちの良い いつもの器。
使い続けるほどに いつしか手肌になじみ かけがえのないパートナーとなる器。
畑漆器店
のモノづくりへの想いが伝わってきます。

保存

新商品 卯之松堂≪BORDER(ボーダー)≫

みなさんこんにちは。メトロクス:タニです。

石川県山中漆器の卯之松堂の新しいブランドライン「col.」(カラー)。
メトロクスではそのカラーより、配色が美しいキャニスターのシリーズ、
「BORDER」(ボーダー)の取り扱いを開始しました。
このシリーズは海外からの人気も高く、問い合わせも多いです。
先日ブログにもアップしたメゾン・エ・オブジェでも引き合いをたくさん頂き、
レストランやアパレルショップなどへ、どしどし送っています。
その人気はどこなのでしょう?山中漆器といえば、その高い轆轤引きの
技術が一番に挙げられます。しかしながら、このプロダクトの一番の魅力は、
やはりその配色でしょうか?発表されたのが、昨年の9月。初見でやはりその色が
目に飛び込んできたことを思い出します。
ボーダー 卯之松堂 photo by MUTE
001 ターコイズ×ナチュラル×レッド
ボーダー レッド イメージ 卯之松堂 photo by MUTE
すべてデザイナーのMUTEさんが撮影をされたもの。日常生活にもぴったりとはまります。
ボーダー ブルー 卯之松堂 photo by MUTE
002 ネイビー×ホワイト×ブラック
ボーダー ブルー イメージ 卯之松堂 photo by MUTE

ボーダー グリーン 卯之松堂 photo by MUTE
003 グレー×ミント×クリーム
ボーダー グリーン イメージ 卯之松堂 photo by MUTE
このイメージ写真でわかるように、ボーダーはお食事にも使うことができます。
ちょっと今までにない感覚のようですが、内側もウレタン仕上げになっていて、水分が
しみこまなくなっています。小物入れとしてはもちろん、お料理を盛り付ければ
食卓も一層華やかになりますね。

それでは、このプロダクトの仕上がりの部分を少しご紹介します。
ボーダー 縁 仕上げ 卯之松堂
縁の仕上げです。とても滑らか。塗装もきれいにされています。

ボーダー 蓋 収まり 卯之松堂
蓋の収まりも良いです。これも高い技術なくしては成しえない技。

ボーダー 裏 仕上げ 卯之松堂
裏面もきれいに仕上げられています。3個が重なるようにできているので、もちろん
この裏側も仕上げられていないと、収まりが悪くなります。

仕上がりも含めて、完成されたプロダクトです。店頭にて全仕様を展示していますので、
是非ご来店ください。

さて、このプロダクトをデザインしたデザイナー:MUTE(ミュート)さん。
僕も負けじとこのボーダーの3仕様9色を使って色を組み替えてみました。
ボーダー 組み替え 卯之松堂 MUTE
う~ん、全然美しくないですね。でもこういった形で、組み合わせを変えて使うのも
楽しいですね、きっと。僕の配色はダメでしたが、みなさんも是非お試しください。

いつものおまけ。
先週末京都へ行く用事あり、ついに行ってきました、河井寛次郎記念館
駆け足で回ったのですが、素晴らしい空間で力をもらえた気がします。
また機会があれば行ってみたい場所です。
河井寛次郎記念館 
これも完成されたインテリア。鳥肌が立ちました。
そして、
河井寛次郎記念館 トートバッグと REAL KAWAI KANJIRO
「The Real Kawai Kanjiro」とトートバッグを買いました。

記念館でまた面白そうな展示会のリーフレットを発見。
芹沢銈介があつめた外国の扉と椅子  東北福祉大学
芹沢銈介美術工芸館で開催中。「芹沢銈介があつめた外国の扉と椅子」
むむ、これは最高に面白そうです。でも仙台まではちょっと気軽に行けないなあ~。
世界中で芹沢銈介が集めてきた、扉や椅子が見れるそうです。
機会があれば是非行ってみてください。