清岡幸道 個展

売切れ必至、清岡幸道さんのうつわ

こんにちは、メトロクス・タカダです。

02

4月22日(土)から28日(金)まで、東京・吉祥寺のmist∞(ミスト)さんで開催「余月の器/清岡幸道陶展」にお邪魔してきました。※完売のため既に展示は終了しているようです。

03

会期2日目となる日曜日にお伺いしたのですが、もちろん、人気作家の清岡さんですので、ほぼ完売状態。
やはり、耐火のものは残っていませんね。

01

まだ、清岡さんのうつわに出会われていない方のために簡単にご説明させていただきます。

◇清岡 幸道
大阪芸術大学で陶芸を学んだ後、滋賀県立陶芸の森研修生を経て独立。
信楽に拠点を置き、地元の土と釉薬を用いて作られた器は、従来の信楽焼のイメージを覆すシャープなフォルムが特徴です。落ち着いた色合いとマットな表情が料理を引き立てます。

清岡さんご自身のinstagramでは、作品をたくさん載せていらっしゃるので、是非、チェックしてみてください。

個展では、開店前より店頭にて予約を承り、順番に入店が案内されます。
特に耐火シリーズは、購入できる数が制限されることも。
今回の個展では300点以上ものアイテムが用意されていたようですがそれが初日の半日でほとんど販売となってしまうほどです。

メトロクスでも、以前より耐火のシリーズをはじめ、マグやリム皿などを取り扱いをさせていただいておりましたが、たくさんのオーダーをいただいており、現在はオーダーの受付を一旦お休みさせていただいております。再開の際には、また改めてご案内させていただきます。

まだ、清岡さんのうつわを手にされていない方、次回、個展が開催される際には是非、初日の開店前に行かれることをお勧めいたします。

「清岡幸道 陶展」に行ってきました

こんにちは。
メトロクス・タカハシです。

先日、川崎のATTRACTさんで開催されていた清岡幸道さんの個展に
お邪魔してきました。ATTRACTさんは木材やアイアン等の素材の良さを
活かしたオーダーメイド家具を製作されているインテリアショップ。

ATTRACT 店内
元、スナックだったという店舗は天井が高く広々とした解放感のあるお店でした。
お店のフロントの青いフレームのウィンドウはオープンの際に制作されたものだそう。

耐火フライパン
お店に入ってすぐ右手にはメトロクスでも取り扱っている耐火フライパンがありました。
左隣にあるものは、昨年のクラフト市でメトロクスでも入荷した錆釉ジャグでしょうか?
コンクリートブロックと無垢板の什器ともマッチしています。

ATTRACT 店内
壁面の什器にはリム鉢やボウル、C&S等、清岡さんの作品が陳列されていました。
どれもシャープで、釉薬の色味の渋さも魅力です。

ATTRACT 店内
見慣れない一輪挿しも発見!
写真だとなかなか、伝わりづらいですが、錆色の釉薬の中に
金属質の光沢のグラデーションが入っていて面白い表情の一輪挿しでした。
これはほんとに購入しようか迷った作品です。
最終的にはマグカップを購入させて頂いたのですが。

耐火スープボウル
耐火スープボウル耐火グラタンボウルも置いてありました。
耐火物は清岡さんを代表するジャンルの1つですね。
お聞きすると、今回の個展では耐火物以外の器のほうが人気があったんだそうです。
清岡さんの作品がお好きな方は、まずはじめに耐火物に惹かれ清岡さんの作品を知り、
そこから、いろんな種類の器に興味をもたれる方が多いそうです。

今回の個展はとても好評だったそうで、途中で追加発注を掛けなければならない
ほどだったそうです。お店の雰囲気と清岡さんの作品がマッチしていて
とても素敵な空間でした。