桂樹舎

生活感を出したくないところに

1

こんにちは。メトロクス・フクオカです。

本日は、桂樹舎の「小物入れ」について取り上げてみます。

ひとくちに「小物入れ」と言っても大小、用途も様々ですよね。

 

2

今日ご紹介する桂樹舎の「小物入れ」は、直径21cm、高さ19.2cm。

フタも無いし、果たしてこれは「小物入れ」なのか?というサイズ感。

「ゴミ箱」って言っちゃった方が、なんだかしっくりくるんですよね。

でも、このピンと来ないサイズ、実生活に落とし込んでみると、意外と重宝しています。

 

3

我が家では、リビングで手の届くところに置いておきたいけれども

目に入れたくないものを、この「小物入れ」に入れています。

読みかけの雑誌やカタログ、ハンディモップ、ルームスプレー、家電のリモコン、
あと、なんかコマゴマしたもの・・・

直径21cmの大口だから、こういったものをドサっと入れて、サッと取り出せるわけです。

ソファの脇に置くようになってから、部屋がすっきりと、
気になっていた生活感を隠せるようになりました。

サイズ的にはスリッパ入れとしてもちょうど良いと思います。

 

4

紙管と呼ばれる紙の筒に和紙が貼り付けられているので、しっかりとした作り。

内側は固くコーティングされていて、爪で叩くとカチカチと音がするほど。
少量の水滴なら問題ありません。

 

6

他のインテリアと和柄の相性ですが、桂樹舎のアイテムはゴリゴリの和柄ではない、
洗練されたモダンな柄なので、思いのほかすんなりと馴染むはずです。

商品ページ(一覧)はこちら

 

5

これはペン立て楊枝立て。こうやってみると和柄という感じがないですよね。

楊枝立ては、印鑑立てとしても良いサイズ。

桂樹舎の雑貨アイテムは定番品ではないのですが、少しだけ取り扱っています。
今日ご紹介したものの他に、カードケースやブックカバーなどもあります。
ぜひ手にとってご覧ください。

取り扱い店舗:メトロクス東京
商品ページ(一覧)はこちら

芹沢銈介カレンダー2017、入荷しました!

こんにちは。メトロクス・オノデラです。

秋刀魚がおいしい季節になりました。
あっという間に、
今年も残すところあと4ヶ月。。。

毎年、この時期の恒例、
来年2017年の 芹沢銈介の卓上カレンダーが発売になりました!

カレンダー

染色工芸家で人間国宝でもある芹沢銈介の図案を用いた
2017年度版の卓上カレンダー。
昭和21年から作られてきた、
和紙染めのカレンダーを縮小印刷した印刷普及版です。

さっそく2017年の絵柄を大公開。

2017serizawa

毎年、柄が違うので、
来年はどんな絵柄なのか、
たのしみにされている方も多いのでは?!
わたしもその一人です!

さて、メトロクス東京のショップでは、
現在、クラフト市「芹沢銈介と型染め」を開催中です。

クラフト市

上記でご紹介したカレンダーをはじめ、
芹沢銈介の型絵染の柄をほどこした小物が
店頭にずらりと並んでいます。

新商品の「のれん」もこのとおり。

のれん

大きさは、幅85×長さ120cm。
春夏秋冬の字文が、迫力あります。

東京店で取り扱っているのれん は全部で4種類。

芹沢のれん

オンラインショップでは、
幅85×長さ150cmの大きなサイズのものも取り扱っていますので、
気になる方は、ぜひのぞいてみてください。

その他に、ハンカチや風呂敷もあります。

展示風景_01

風呂敷

ハンカチ

非売品ですが、
芹沢銈介の関連書籍もご覧いただくことができます。

展示風景_02

芹沢全集

クラフト市「芹沢銈介と型染め」は、
9月17日(土)まで開催しています。
ぜひお立ち寄りくださいね。

ウィンドー

クラフト市「芹沢銈介と型染め」開催中

こんにちは。メトロクス・タカダです。

現在、メトロクスでは、クラフト市「芹沢銈介と型染め」を開催中。

main_image_0000_最終

日本の伝統的な染色技法である型染めを独自に発展させ、型絵染という
新たな技法を確立した芹沢銈介。
彼が図柄をデザインした風呂敷、ハンカチ、2017年度版の新作カレンダーなどの
アイテムを集積するほか、古くより型染めの技法を用いたものづくりを行う、
富山の和紙メーカー桂樹舎の小物入れ、名刺入れ、コインケース、クッションなど
型染めの柔らかな風合いを楽しめる小物アイテムをご用意いたしました。

9月17日(土)までの期間限定となっております。
モダンな図柄と鮮やかな色合いを、手に取ってお楽しみいただけます。

今日は、そんな中から、富山県の和紙加工メーカー桂樹舎の商品を
一部ピックアップしてご紹介いたします。

00_01_s

00_02_s

桂樹舎が在る富山市八尾町では、古くから雪解け水から良質な和紙を
漉き出しています。それは「八尾和紙」と呼ばれ、富山の伝統工芸品として、
現代まで伝えられてきました。

桂樹舎は、創業から50余年、この地で紙づくりを行ってきました。
独自に開発した強製紙という丈夫な紙に型染め技法を用いて加工品を
生産しています。

手間はかかりますが、型染めの仕上がりは、印刷では出せない温かい
独特の風合いを生み出します。使い込んでいく程にやわらかくなり、
艶が出てきます。
紙を漉き、染め、加工するまですべて職人の手仕事によるものです。

01_01_s

01_02_s
名刺入れ 1,944円(税込)

02_01_s

02_02_s
ます型小銭入れ 1,080円(税込)

紙製の名刺入れ、小銭入れ、強度はこれいかに、とお思いのこと
でしょうが、桂樹舎では「独自で開発した強製紙という丈夫な紙」を
使っており、なんと撥水加工まで施されておりますので十分な耐久性を
備えています。ちょっとやそっとで壊れることはありません。

03_01_s
ペン立て(小) 756円(税込)
ペン立て(大) 918円(税込)

続いては、こちらのペン立て。サイズは大小それぞれございまして
写真に映っている以外にも様々な柄をご用意がございます。

他にも、こんなに可愛らしいサイズのものや、、、
08_01_s
楊枝立て 432円(税込)

スリッパ入れや、マガジンラックにもなりそうな大きいサイズもございます。
05_01_s
小物入れ 3,780円(税込)

04_01_s
はがき箱 2,376円(税込)
文庫箱(小) 4,320円(税込)

04_02_s

04_03_s

こちらのボックス、はがきや文庫だけでなく、机に散らかりがちな小物を
整理するのにも便利ですし、チケットの半券、切手、旅先で買ったピンバッチ
など、細々したものを集める趣味をお持ちの方にもおすすめです。
※上記の趣味に該当された方はぜひ。

06_01_s
3枚しおり 324円(税込)

07_01_s
左:ポケットノート A6判 1,296円(税込)
中央:メモ帳 702円(税込)
右:ブックカバー(文庫判) 1,404円(税込)

しおりやメモ帳、ブックカバーなどもご用意しております。
何より、模様や柄が和のテイスト過ぎずないところが
使いやすいのではないでしょうか。

他にも今回ご紹介できなかった商品もございます。
是非、店頭で質感や色味を確かめにいらしてください。
皆様のご来店をお待ちしております。

今年もやります。芹沢銈介の卓上カレンダー2016

こんにちは。
メトロクス・タカハシです。
毎年恒例になっている芹沢銈介の2016年版カレンダーが今年も入荷しました。
来年のカレンダーの納品を見ると、「あぁもう今年も終わりか・・」とややノスタル
ジックな気分にもなりますが、芹沢さんの染め絵は色鮮やかで来月の絵柄が待ち遠しい!
そんな気分にもさせてくれそうなカレンダーです。

2016年版芹沢銈介カレンダー
カレンダーの表紙は縁起物の竹と梅でしょうか? とすると真ん中よりやや下の「セ」が
松のモチーフでしょうか?ちなみに、2015年版の表紙は縁起物の鶴が描かれた壺でした。

・セット内容の12枚+表紙1枚

前半

後半

毎年、絵柄が変わる芹沢さんのカレンダーですが、去年も2015年度版が入荷した時に
ブログで紹介しています。いくつか、去年の絵柄と見比べてみましょう。
■2015年版 5月

2015年5月

■2016年版 5月

2016年5月

両方ともモチーフは鯉ですね。
2015年の鯉のほうが、リアリズムで、今年はどちらかというと鯉のぼりに近いのかな?

■2015年版 6月

2015年6月

■2016年版 6月

2016年6月

6月の絵柄はこんな感じです。
去年はアジサイ、カエル、カタツムリでしたが、今年は船と島でしょうか?
正確なモチーフはちょっとわかりませんが、
もしご存知の方がいらっしゃったら教えてください。

全体的に去年の絵柄と比較してみたら、2015年版は線画細く細かな描写が
目立つ絵柄が中心ですが、2016年版はデフォルメされた愛らしい絵柄が目立ちます。

メール便発送も対応していますのでお早目にどうぞ。

芹沢銈介 卓上カレンダー2016

芹沢銈介卓上カレンダー2014 中身公開!

こんにちは、メトロクス・ハマダです。
先週のブログでもご紹介した、
芹沢銈介 卓上カレンダー2014」が入荷しました!
毎年人気のこの商品、
今日は2014年バージョンの中身を公開します。

芹沢銈介 卓上カレンダー 2014

このカレンダーは、昭和21年から約60年もの長きにわたって作られていた
「型染カレンダー」の縮小版です。

昭和21年というと、私の母も生まれてないですね、歴史を感じます。
いや、しかし、平成ももう26年になるんですね。あ然。

 

芹沢銈介 卓上カレンダー2014

セット内容は上記のとおり。
パッケージとプラスチックのスタンドケースが付きます。
日本古来の型染と琉球の紅型染(びんがたぞめ)を研究した、
芹沢銈介ならではの色鮮やかな色調と大胆な図柄は目にも楽しいです。

 

 芹沢銈介 卓上カレンダー2014

芹沢銈介 卓上カレンダー2014

水曜日と木曜日の間につくしが伸びる五月。
カレンダーとして、この構図はかなり大胆ですね。

 

芹沢銈介 卓上カレンダー2014

こちらは三月。2週目と3週目の間に桜の山がカットイン。
季節に合った四季折々の植物や果実がモチーフとなっており、アート作品のよう。

 

芹沢銈介 卓上カレンダー 2014

殺風景なスペースにちょこっと置いてみるだけでも、華やか。
毎年、贈り物にも多くご利用いただいています。価格も手頃ですしね!
かの芹沢芸術を、12種類+1種類(パッケージ)も楽しめるので、これはお得。

カレンダーとしての役目を終えたあとは、額縁に入れてお部屋に飾るのもおすすめです。
私の実家では、ガラステーブルのクロスとガラスの間にディスプレイされていました。
クロスが藍染めのものだったので相性が良かったです。
みなさんもいろいろ工夫してみてくださいね。

 

芹沢銈介 卓上カレンダー2014

私が一番ココロ惹かれるのは、
悟りを開いたかのような表情の、モナリザの微笑に通ずるものさえ感じられる、
このパッケージの人です。
口を曲げたダルマも愛らしくて、twitterのアイコンにしたいくらいです。
そういえば、メトロクスのtwitterもあるので良かったらフォローしてくださいね。
あ、あとFacebookもやっていますので、ぜひご覧ください。

芹沢銈介 卓上カレンダー2014 ¥1,102
※メール便発送も対応しています