大分

大橋重臣さんの工房にお邪魔しました。

こんにちは。メトロクス・タカハシです。
先週、九州出張で大分県別府市に行ってきました。

SKランプ
別府は竹細工の歴史が深い町で、エヌクラフツのSKランプを製作して頂いている竹細工
の作家さんも別府を拠点に活動されている方は多いです。

今回は、そんな竹細工職人の一人、大橋重臣さんの工房にもおじゃましてきました。
大橋さんは2015年にメトロクスで開催したエキシビション「bamboo works世代と国境を
越える竹工芸」のときもお世話になった作家さんです。
大橋さん工房
この日の工房内には製作途中の竹のランプシェードがたくさんありました。
大橋さんは日用品はもちろん、スケールの大きいモニュメントもお作りになられています。
写真はお見せできませんが、工房内には大型モニュメントの試作サンプルとして
縮小サイズで作られていた模型もあり、独創的な造詣には竹という素材に無限の
可能性を感じずにはいられません。

大橋さん工房2
壁にも所狭しと竹かごやざるなど大橋さんの作品が置かれています。

大橋さん工房
おもてなし頂いた応接間には、マックス・ビルのヴィンテージポスターも!
その周りには大分の山で拾ったという蜂の巣や鳥の巣、鹿の角から落ち葉まで、自然が
作り出した造詣がいっぱいです。最近はお子さんが山で拾ってくることもあるんだとか。

大橋さんの人柄とセンスが感じられる素敵な工房でした。

別府には別府市竹細工伝統産業会館という竹の工芸品から美術品を
多く所蔵されている施設もありますので、大分県に行かれる際には是非お立ち寄りください。

甲斐のぶお工房の魚フォーク

こんにちは。
メトロクス・オノデラです。

2月も終わりに近づいてまいりました。
とても寒かった冬ももうすぐ終わり。

桜餅に草餅。
いいにおいです。
もうすぐ春ですね。

さて、本日は、先日のブログでご紹介させていただいた
甲斐のぶお工房さん訪問記
本日は、その続き。
甲斐のぶお工房の中でもとくに象徴的な竹のカトラリー、
魚フォーク についてお届けいたします。

この魚フォーク、1匹1匹、手作業で生み出されていきます。

これが、魚のもと。
目の部分に穴をあけてあります。

しっぽとフォークの刺すの部分になる口を
あらかじめ治具を使用してカット。

その後、サンダーで、
魚のかたちをに削り出していきます。

制作する甲斐さん。

型紙は使用せず、経験と感覚で削り出していきます。

それなのに、出来上がった魚はほぼ同じ形。
さすが、職人技です!

ほんの数秒で、すーいすいとリズムよく削り出されます。

生まれたての魚たちです。
この後、塗装の工程が待ち構えています。
ウレタンで塗装されているので、
汚れに強く、洗って繰り返し使用できるのもよいところですね。

魚フォークは、5本セット。
大きい魚か、小さい魚か、
赤い色か、竹の色を生かした色か、
お好みでお選びいただけます。

全種類、集合。

撮影中、スイミーを思い出しました。

パッケージもかわいいので、贈り物としても大変よろこばれます。
帯の色が赤いものが“赤”、黄色のものが“ナチュラル”の色が入っています。

この魚フォークは、楊枝としてはもちろん、
菓子切りとしても活躍しますよ。

切れ味も抜群です。

もうひとつ、桜餅食べたいなぁ。