こんにちは、メトロクス・タカダです。

02

4月22日(土)から28日(金)まで、東京・吉祥寺のmist∞(ミスト)さんで開催「余月の器/清岡幸道陶展」にお邪魔してきました。※完売のため既に展示は終了しているようです。

03

会期2日目となる日曜日にお伺いしたのですが、もちろん、人気作家の清岡さんですので、ほぼ完売状態。
やはり、耐火のものは残っていませんね。

01

まだ、清岡さんのうつわに出会われていない方のために簡単にご説明させていただきます。

◇清岡 幸道
大阪芸術大学で陶芸を学んだ後、滋賀県立陶芸の森研修生を経て独立。
信楽に拠点を置き、地元の土と釉薬を用いて作られた器は、従来の信楽焼のイメージを覆すシャープなフォルムが特徴です。落ち着いた色合いとマットな表情が料理を引き立てます。

清岡さんご自身のinstagramでは、作品をたくさん載せていらっしゃるので、是非、チェックしてみてください。

個展では、開店前より店頭にて予約を承り、順番に入店が案内されます。
特に耐火シリーズは、購入できる数が制限されることも。
今回の個展では300点以上ものアイテムが用意されていたようですがそれが初日の半日でほとんど販売となってしまうほどです。

メトロクスでも、以前より耐火のシリーズをはじめ、マグやリム皿などを取り扱いをさせていただいておりましたが、たくさんのオーダーをいただいており、現在はオーダーの受付を一旦お休みさせていただいております。再開の際には、また改めてご案内させていただきます。

まだ、清岡さんのうつわを手にされていない方、次回、個展が開催される際には是非、初日の開店前に行かれることをお勧めいたします。