ハラダマホ

ハラダマホさんの数量限定作品

こんにちは。
メトロクス・タカハシです。

本日は、練り上げ作家ハラダマホさんのうつわの中でも数量限定で
取り扱っている、2種類をご紹介します。

doo-wop_1-min
まずは大鉢「doo-wop(ドゥーワップ)」
作品面の由来は音楽のジャンル名からきています。
ランダムに描かれたラインの模様も、作品名を知ると、なんだか
リズミカルに見えてきて楽しい曲調が思い浮かんできます。

ハラダマホさんの食器の中で大鉢は作られている数も少なく、
なかなか手に入りづらい作品です。

doo-wop_2-min
食器としてだけでなく、インテリアグリーンなんかを飾っても可愛らしい器です。
こちらは1点限りの在庫となっています。

houshi_1-min
そして、筒型カップの「胞子」
これは、色味といい模様の形といい見たまま胞子感が伝わってきますね。

じつはこの作品は、美しいカビの写真からインスピレーションを受けたそうです。

houshi_2-min
そう聞くまではタンポポの綿毛のようにも見えていましたが、由来を聞いた後だと
確かに、カップの内から外から、じわじわと広がるカビのようにも見えてきます。
こちらは残り2点ございます。

このほかにも、定番品も含めて多数取り揃えていますので、
オンラインショップお店でお求め下さい。

ハラダマホさんの魅力的な作品タイトル

こんにちは。メトロクス・オノデラです。

「サバンナ」
「ネオン」
「胞子」
「あっぱれ」

なんだか興味をそそる不思議なことば。

これらは、ハラダマホさんの作品のタイトルです。

あまりにも唐突で、すこしびっくりしますが、
噛めば噛むほど味わい深いこれらのタイトル。
わたしはハラダさんの作品は、タイトルをふくめていつもたのしみにしています。

過去のメトロクスの企画展や個展で出展された作品をふりかえってみます。
作品とそのタイトルをいくつかご紹介させてください。

↓ カップ サバンナ
カップ(サバンナ)

↓ カップ あっぱれ
カップ(あっぱれ)

↓ ぐい呑 ソーダ水
ぐい呑(ソーダ水)

↓ 小鉢 すずめうり
小鉢(スズメウリ)

↓ 小鉢 くじゃく
小鉢(くじゃく)

↓ 平小鉢 ネオン
平小鉢(ネオン)

ハラダさんの中から湧きあがる作品とその作品タイトル。
2015年1月にメトロクス東京で開催したハラダマホ展のギャラリートークでは
ハラダさんの影響の受けた事柄などをご説明いただきました。
当時のハラダマホ展とギャラリートークの様子はこちらから!

2015年ハラダマホ展 ブログ
2015年ハラダマホ展ギャラリートーク ブログ

現在、メトロクスのオンラインショップでは定番以外での
以下の2種の作品を数量限定で販売しています!

↓ 大鉢 Doo-Wop
大鉢(Doo-Wop)

大鉢(Doo-Wop)_01
真上から。

大鉢(Doo-Wop)_02
真上から。角度を変えると、雰囲気がかわります。

大鉢(Doo-Wop)_03
練り上げの特徴、表も裏も縁もすべて粘土の積層による模様が現れます。

大鉢(Doo-Wop)_04
底面にはハラダマホさんの「M」の印。

リズミカルな模様が特徴の「Doo-Wop」。
ハラダマホさんの大きめの作品は、一度に製作できる数量が少ないので、希少な作品ですよ。

↓ 筒形カップ 胞子
筒形カップ(胞子)

筒形カップ(胞子)_01
2点あります。

筒形カップ_02
輪状の細かい縞模様がおもしろいです。

筒形カップ_03
底面は、他のカップ同様、製作工程上に出現するぐるぐる模様。

この「胞子」という柄は、
ハラダさんのご友人宅の図鑑に掲載されていた
美しいカビの写真に感銘を受けて製作されたとのこと。
カビ、そう、胞子からのインスピレーションを受けた作品なのでした!
カビからこんな素敵な模様が生まれるとは!!笑
アイデアの素は、いたるところに転がっています。

ハラダマホ展、はじまりました!

こんにちは。メトロクス・オノデラです。

ハラダマホ展

先週3月17日(金)より、練り上げのうつわ ハラダマホ展を開催しています!
ハラダマホさんの個展は、メトロクスでは2年2ヵ月ぶり。

初日から本当にたくさんのお客様にご来店いただき、
誠にありがとうございます!

ハラダマホ展_0000

ハラダマホ展_000

ハラダマホ展_00

ハラダマホ展_01

ハラダマホ展_02
新作の四角皿がたくさん。

ハラダマホ展_03
こちらも新作のカップ類。

ハラダマホ展_04
大皿も充実です。

ハラダマホ展_05
今回のDMの画像になった、カップ(メダカ)もあります。

ハラダマホ展_06
新作の豆皿(胞子)。美しいカビの写真からインスピレーションを受けたそうですよ・・・!

ハラダマホ展_07
飯碗にカップ&ソーサー。

ハラダマホ展_08
新作のぐいのみ。

ハラダマホ展_09製作工程も展示しています。

ハラダマホ展_11

ハラダマホ練り上げの器_01

ハラダマホ練り上げの器_02

ハラダマホ練り上げの器_03

ハラダマホ練り上げの器_04

ハラダマホ練り上げの器_05

ハラダマホ練り上げの器_06

ハラダマホ展_12

わたしたちスタッフ自身もとてもたのしみにしていた今回の個展。

17日(金)初日と、ハラダマホさんが在廊されていた18日(土)-19日(日)で、
器の種類がだいぶ少なくなってしまっていましたが、
まだまだお買い求めいただける作品もありますので、
お早目のご来店をおすすめいたします!
ぜひ実際にお手に取って、ご覧いただきたいです!

ハラダマホ展は、今週末3月25日(土)まで開催中!
ぜひ、メトロクス東京へお立ち寄りください!

おまけ

ハラダさんが在廊された18日(土)に、打ち上げしました~!
ハラダさん、熊本からはるばるお越しいただき、ありがとうございました!
アイドルのポスターに囲まれて、サムギョプサル。

打ち上げサムギョプサル
右から2番目:ハラダマホさん

保存

喉から手が出るほど欲しい!特製「豆皿」プレゼント

こんにちは、メトロクス・フクオカです。
本日はイベントのご案内です。

d-min

エヌクラフツでも人気の練り上げ作家・ハラダマホさんの個展
メトロクス東京にて開催いたします。
会期は3月17日(金)~25(土)まで。
今回もメトロクス初登場のうつわやお皿が並びます。

 

 

c-min

b-min

四角皿やカップなどの人気アイテムのほか、
大鉢やパスタ皿、豆皿や箸置きなどなど、なんと合計100点以上!
ぜひお気に入りを見つけてください。

 

ハラダマホ展限定 ご購入特典

a-min

こちらは非売品の豆皿。
会期中にハラダさんの作品を10,800円以上お買い上げの方、
先着25名様にプレゼント!7種類からお選びいただけます。
非売品と聞けば欲しくなってしまうもの。
わたしたちも喉から手が出るほど欲しいのですが、
今回のイベント用にハラダさんに作っていただいたものなので、我慢です・・・

 

18(土)・19(日)にはハラダマホさんがメトロクス東京に在廊してくださいます。
ハラダさんの穏やかな雰囲気とおもしろトークで、
ゆるりと滞在していただける空間になると思います。
ぜひ、足をお運びください。お待ちしております。
(あ!人気アイテムはいつもすぐに売れてしまいますので、早めに来てくださいね!)

 

メトロクス東京
〒105-0004 東京都港区新橋6丁目18-2
TEL 03-5777-5866
お問い合わせ tokyo@metrocs.jp


都営三田線「御成門駅」徒歩2分
都営浅草線「大門駅」徒歩9分
JR、東京メトロ銀座線「新橋駅」徒歩10分

2016年もn-craftsをありがとうございました!

こんにちは。メトロクス・オノデラです。

今年も残すところあと僅か。
2016年もご愛顧いただき誠にありがとうございました。
今年もn-crafts@metrocsでは、みなさまにさまざまなアイテムをご紹介することができました。
ご紹介した順番で振り返ってみましょう。

ハラダマホ 練り上げの器 四角取皿
メトロクスでのハラダマホさんの定番アイテムが増えました。

morning

morning_01

近藤昭作 SKランプ 鐘型
1960年代に近藤昭作氏によってデザインされたSKランプを
氏自らが形をアレンジした同シリーズの新作。
メトロクスが近藤昭作氏に依頼し、商品化が実現しました!

SKbell

SKbell_01

■ツルヤ商店×トラフ建築設計事務所×メトロクス 壁掛けミラー wawa
メトロクスオリジナル商品。
伝統的な籐加工技術をモダンにアレンジしている点、
素材本来の美しさが生かされている点を評価していただき、
2016年度のグッドデザイン賞を受賞いたしました。

wawa

wawa_01

■芹沢銈介模様 のれん
人気のハンカチや風呂敷に加え、のれんがラインナップに加わりました。

serizawa

serizawa_01

ツルヤ商店 脱衣かご Hile
wawaを制作していただいたツルヤ商店のオリジナル商品。
国内生産だからこそ可能な「無塗装仕上げ」。
使い込むほどに飴色の艶が増し、独特な風合いに変化していきます。

hile

hile_01
hile_02
hile_03

個人的には、商品開発を担当した「wawa」には強い思い入れがあります。
(毎晩夢を見るくらい、苦労しました・・・涙)
今まで古い資料や当時の製品の復刻事業を中心に行っていたメトロクスにとっては、
デザイナーとともにゼロからプロダクトを作り上げたことは、新たな試みでした。
今後のメトロクスの展開においても、デザイナーと作り手をつなぐこのプロジェクトは、
非常に意味のあるものとなりました。

本年も、お客様をはじめ、商品をご提供いただいているメーカーのみなさん、
作家さん、製作協力している工房のみなさんなど、
多くの皆さまに支えられて、一年を過ごすことができたことを心よりお礼申し上げます。

来年もさまざまな取り組みを行ってまいりますので、どうぞご期待ください。
2017年もどうぞよろしくお願いいたします!

年末年始の営業日のお知らせ

メトロクス東京は、12月28
日(水)~1月5日(木)まで休業とさせていただきます。
新年は1月6日(金)から営業いたします。

※12月28日(水)、29日(木)と1月5日(木)は、定休日となっておりますが、
店にスタッフがおりますので、店内をご覧いただけます。お気軽にお申し付けください。