クラフトフェア

ごはんを炊くならおひつにもなるプチ土釜!

こんにちは、メトロクス・フクオカです。
「土鍋」で炊いたごはん。粒だっていて、自然の甘みがあり、ふっくら美味しいのは皆さんご存知かと思います。

06

今日ご紹介したいのは、「土釜」です。
ところで「土釜」って?「土鍋」と違うの??

続きを読む

ARTS & CRAFT SHIZUOKA「手創り市」に行きました

こんにちは。メトロクス、ヨダです。
先週末に静岡県で開催されたARTS&CRAFT静岡「手創り市」に行って参りました。
これは、年に二回、春と秋に静岡市の護國神社で開催されるクラフトフェアです。
大きな池のある神社敷地に沢山の作家さんが集まり、作品を販売します。

入口は大きな鳥居。

参道に並ぶブース。

奥に大きな池が見えます。
雨天決行だそうですがこの日は秋晴れの行楽日和。
家族で来られている方も沢山いらっしゃいました。

木工の作品が多く、食器やステーショナリー家具まで見る事ができました。
東京店のスタッフはそれぞれ、お気に入りのカトラリーを見つけました。


こちらの看板は木彫家、クロヌマタカトシさんのもの。
様々な表情の匙類が並んでいます。

どれも細やかな線で形作られていて、1つ選ぶのがとても難しい!
かなり時間をかけ、選んだのはジャムスプーン。こちらは後ほどご紹介します。


変わってこちらのブースは、アクセサリーショップ「yuta」さんです。写真は真鍮のカトラリー。
真鍮をたたいて作ったカトラリーは薄く、形もシャープ。


プレートなどもありました。ここではアイスクリームスプーンを購入!


参道の突き当りの開けた場所に護國神社の御本殿があります。
山を背にして建つ姿はとても威厳があり、素晴らしい景色です。

このようなフェアでは、実際に作品を手に取り、使い方や手入れの仕方、また
どのようなアイディアから作品が生れたのか、などを直接作り手の方とお話できるのが
とても楽しく貴重です。
作品の背景を知ることによって、よりそのものに対して思い入れも強くなります。
全国各地で開催されているクラフトフェアに、是非足を運んでその土地土地の特色や作品に
触れられたらよいな、と思います。

さて、わたくしたちが連れて帰って参りましたカトラリーをご紹介。

上がクロヌマタカトシさん、下がyutaさんのもの。


上からみると四角いスプーンの先は横から見るときれいなカーブを描いています。
これは通常ではスプーンの隅っこにたまってしまうジャムを、残さずきれいに塗れるように、
とのことでこの形になったそうです。


こちらは真鍮のスプーン。
冷たいアイスクリームを口に運んだ時に口当たりのよい、薄さに惹かれます。
シンプルで美しいカトラリーです。

次回の開催は来年の春、4月のようです。
近くには芹沢銈介美術館もありますよ。(あと登呂遺跡も!)