スタジオプレパさんの工房へ行ってきました

平さんがお迎えに来てくれました。

みなさん、こんにちは。メトロクス:タニです。
4月29日、ゴールデンウィーク初日というどこもかしこも
混雑が予想されたそんな日、長野県にあるスタジオプレパさんの
工房にお邪魔してきました。
朝8時に新宿を出発したバスは案の定中央高速の渋滞につかまり。。。
2時間遅れての到着。平さんにはご迷惑をお掛けしてしまいました。

高速バスの停留所から車で15分、スタジオプレパさんの工房がある
上伊那郡中川村片桐というところへ。梨園が。
この時期になると農家の方は全国の親戚を呼び出してみんなで
受粉の作業をするそうです。以前はミツバチがその仕事をやってくれていたそうですが、
数が減った為最近では人の手で行っているとのこと。
などいろいろな近隣の話を伺いながらの道ののりでした。

今回の目的は28日からの《使う 飾る ガラスの器》に向けての
打ち合わせと作品の製作工程見学でした。
今回はメトロクスで作っていただいているガラスのランプシェード
製作を見せていただきました。

工房の中。左端はガラスを熱する窯、右奥にあるレンガの窯がガラスの壺が入った窯。
窯は全て機会系統以外平さんの手作りだそうです。普通のガラス作家さんの
窯とはちょっと違うものだそうです。

色ガラスの素材。色によって吹いたときの伸び方や、線の出方が
違うとのこと。かなりたくさんのストックをお持ちでした。

道具。これは一部です。壁にもたくさん掛けてありました。
中にはマニアにはたまらない一品もあるとのこと。
また、いろんな道具も職人さんの技術によって勝手が
ちがうらしく、やっぱりあの人のあれがいい!という道具が
あるそうな。
ここからいよいよ製作が始まります。

壺から高温で解けたガラスを竿にとります。
1000度以上の高温。工房内も熱気があふれています。
ここから2人の所作にも緊張感が入ってきます。

窯で熱します。

吹く。2人で製作をしている工房:作家はあまり聞いたことがないと平さん。
ご夫婦で息の合った作業です。

これは新聞紙で形を整えます。ハンドマーバーと呼ぶそうです。

マーブリング(以前は大理石:マーブルの台でやっていたことから)
というそうですが、名前だけがのこった工程だそうです。ハンドマーバーもしかり。
上記を何度も繰り返し少しづつ大きくなり、かたちを整えていきます。

これはメトロクスで作っているランプの特徴でもある型。
スタジオプレパさんは吹きガラスの作家なので通常は
型を使いません。メトロクスでは出来るだけ均一な形で量産をする、という
前提のもと型を使って頂いています。

反対からもう一本の竿に付け替え、シェードの下の
開口部分を作ります。

最後にかたちを整え、竿から切り離し冷却に入ります。
この日はここまででした。
このあとカットし磨きをかけて完成です。
その他の器も型を使う工程以外はほぼ同じとのこと。

工房の一角の棚には作品が並びます。
簡単ですが製作工程をあげました。工房でお二人の動きをみていると
もっと細かく、いろいろな気配りや確認などが行われていました。
今回うかがうことができて本当に勉強になりました。すごく面白かったです。

展示会は28日から始まります。初日には三作家さんが在廊されます。
平さん、高梨さんにはギャラリートークも行っていただきます。
ブログではお伝えしきれない情報がたくさんありますので、そのあたりも
是非聞きに来て頂ければ嬉しいです。

ギャラリートークは予約不要・入場無料、どなたでも聞いて頂けます。
ただ、席には限りがありますので場合によっては立って聞いて頂くことも
予想されますので、ご了承ください。

ブログはどんどん更新していきます。お楽しみに。

おまけ:これは?平さんの甥っ子さんの作品。
ムムム、秀逸。心をくすぐられます。

ちなみに平さんのツイッターのアイコンも同じ作家さんの作品だとか。
ムムム。

高梨良子さん個展のお知らせ

こんにちは。
本日は高梨良子さんの個展のお知らせです。
高梨さんよりDMが届きました!

DMの写真の作品は、私も先日の鎌倉での個展で初めて見た新作です。
ベースの底部分に厚みを取っており、そこに映りこむ縞がなんとも美しいのです。

—————————————————————————————-
高梨 良子 展
2011/5/13 (金)~22 (日) ※16日(月)休廊
10:00-18:00 最終日-17:00

画廊 凛
〒501-3803
岐阜県関市西本郷通3丁目5−28
0575-22-0133 ‎
—————————————————————————————–

岐阜にお住まいの皆様、また行かれる方は是非!

高梨さんはメトロクスで5/28(土)より開催の「使う 飾る ガラスの器」展
作品を出展していただきます。また、初日にはギャラリートークも行う予定です!
展示会について詳しくはこちらをご覧ください。

《使う 飾る ガラスの器》のお知らせ

みなさんこんにちは。
メトロクス:タニです。
今日は展示会開催のお知らせです。

今回は、日常使いの機能を十分に持ちながら、その美しいカタチで使った後も
棚にしまうことなく飾っておきたくなるガラスの器を集めました。
スタジオプレパ(吹きガラス)髙梨良子(吹きガラス)吉田順子(切子ガラス)
三人のガラス作家はみな技術の高さが可能にする器を制作されています。
さらに、それらの器は本来の器としての機能だけではなく、
お部屋を彩る「インテリア」の一部としても活躍してくれる。
そんなコンセプトのもと作品を多数制作していただきました。
また、展示会初日には「使う・飾る」をテーマとして、自身の作品や制作工程について、
スタジオプレパ:平さんと髙梨良子さんにお話を伺うギャラリートークも開催します。
是非ご来店ください。

【トークイベント】
「器」として、また「インテリア」としての機能、また作品の製作などについて
スタジオプレパさんと高梨良子さんのお二人(札幌店はスタジオプレパさんに)にお話を伺います。
※申し込み不要、人数制限なし。お気軽にご来店ください。

□メトロクス東京:5月28日(土)14:00~

【在廊スケジュール】
三作家:5月28日(土)
スタジオプレパ、高梨良子:5月29日(日)
※その他の在廊日については随時ブログとWEBでお伝えしていきます

【プレゼント】
10,500円(税込)以上お買上げの先着30名様に箸置、ペーパーウェイトなどのガラス製品をプレゼント。
どんなものかはお楽しみです。

エヌクラフツのWEBサイトにエキシビションページを開設しました。
展示会期間中、コンテンツを更新していきます。
是非ご覧ください。
エキシビションページはこちら⇒

新作、メトロクスオリジナルの作品など多数展示します。
どんな器が来るかいまからとても楽しみです。

益子春の陶器市へ!

こんにちは。メトロクス、ヨダです。
昨日の日曜日、スタッフ4人で益子の陶器市に行ってきました!
4人とも初・陶器市に胸高鳴らせて朝7時に集合。

なぜか鈍行で3時間あまりかかって到着。
快速ラビット号にのれば速かったのに…
この日は雨、の予報だった為か前日までより空いているとのこと。

まずはカフェ&スペース「ヒジノワ」へ!
ちょっと雨が降っていますね。

奥のスペースでは企画展、「益子、陶芸家の今」が行われており、
鈴木稔さん伊藤丈浩さん、益子の若手作家の作品が一点づつ展示されています。
この「今」には、若手世代の「今」と震災後の「今」二つの意味が込められているのでしょう。
その作家さんがどこのスペースで出展しているのか、プロフィールと共に見ることが出来るので
旅の出発点としてぴったりです。

カフェが混んでいたので、城内坂へ。
かなりにぎわっております。

G+OO」(ジープラスツーノウツ)も見えます。
中はすごく盛況で、伊藤さんご自身も忙しく、接客されていました。


その合間を縫って少しお話させていただきました。

何しろ、初めての陶器市、テントスペースからテントスペースへと歩きます。

そしてたどり着いた庄司千晶さんの展示スペース。
ここでは震災で壊れてしまった器の破片を集めた「カケラプロジェクト」の一環を見ることが出来ます。
「カケラプロジェクト」について、詳しくはこちらを。

器のカケラに人々のメッセージが寄せられています。

また庄司さんの作品も撮影させていただきました。

そして、さらに、目指すところは「佳乃や」。
こちらで鈴木稔さんが個展を開催されているのです。

自転車は鈴木さんのもので、「佳乃や」に向かう途中、
すいーっと走られているところでばったり出会ったのでした。
写真左手の鈴木さんに案内していただいて…

そして鈴木さんもぱちり。
鈴木さんは、作品について新たな試みを行っていて
そのお話をお聞きしました。ご自分の今まで行おうと思っていて
行えなかったことを今この時期だからこそ、始められたのだそうです。
窯は年内復活予定とのこと!

「佳乃や」はとても美しいギャラリーでした。

看板にも見える「抹茶」の文字。
そうです、この素敵な空間で陶器市期間中には
お茶が頂けます。
このお茶の売上は全額、福島県の大堀相馬焼へ寄付されるそうです。

帰りの電車を気にしつつ(時間が過ぎるのが早い!)
次のテント村へ!

二階堂明弘さんのスペースへもお邪魔しました。

二階堂さんと先ほどご紹介した庄司さんは、
今年の一月に行ったメトロクスの展示会の際にお越し頂いたのです。
二回目のご挨拶を。

さて、二階堂さんに案内して頂いてたどりついた先…

「例のものを。」
うけとります。

「例のもの」についてはこちらの鈴木さんのブログを。
ちょっと遅くなりましたが受け取りました。

最後は朝に混んでいて入れなかったヒジノワ、カフェスペースへ。
鈴木さんの器でバナナケーキを頂きました。
おいしい。

この陶器市の期間中、ヒジノワでは沢山のイベントが企画されています。
この日も、夜にライブ演奏があるそうでしたが、日帰りのため断念…
次はゆっくりと泊りがけで訪れたいものです。

今回は作家さんから来年の「土祭」についても様々な計画や試みをお聞きしました。
この状況の中での陶器市、そして次の陶器市、益子が段々と回復して
元気になっていくことを願っています。
メトロクスも出来ることからお手伝いさせて頂きたいです。

益子「春の陶器市」は5/5(木)まで。
作品を手に取り、直に作家さんとお話が出来る本当に良い機会です。
是非みなさま足を運んでください!

鈴木稔~作陶展 益子:佳乃や

みなさんこんにちは。
メトロクス:タニです。
いよいよ明日29日から春の益子陶器市が始まります。
陶芸家:鈴木稔さんの作陶展が、佳乃やで明日から
始まります。

今年はツイッターを使った面白企画があるようです。
詳しくはこちら⇒鈴木さんのブログ
益子ツイートはこちら⇒
明日明後日はどうやら良いお天気の様子。
皆さん是非お出かけください。