「あたらしいクラフトのカタチ」展!/高梨良子さんのペーパーウェイト

こんにちは。メトロクス、ヨダです。
今日はすっごく寒いですね…暖をとりに、お昼には
韓国料理のスンドゥブを食べました。熱くて、辛くて温まります。

本日はメトロクスで開催中の「あたらしいクラフトのカタチ」展のために
オリジナルで制作して頂いた髙梨良子さんの作品をご紹介したいと思います。

ガラス作家の髙梨さんの作品は、幾重にもかさなる細い細い色ガラスの線が特徴的です。
繊細で、柔らかさのある彼女の作品。
今回の展示には、髙梨さんのペーパーウェイトが新登場です。


ペーパーウェイト 「しずく」 ブルー・オレンジ 各5,040円


ペーパーウェイト 「つづみ」 ピンク・カーキ 各5,565円

外側がフロスト加工、そして上面にはくぼみがあり、そこはクリアに仕上げられています。
上からのぞくと、細い色の縞がガラスの層を通して立体的に見え、
外側から見る縞とは全く別の表情です。

しっかりとしたガラスの存在感があるこのペーパーウェイトは、
ただのペーパーウェイトではありません。

上面にくぼみをつけることによって、そこにものがのせられます。
例えば、

ちょっとした小物、クリップや指輪などをのせてみてはいかがでしょうか。

そして…

なんとお香たてにもなります!
お香を焚く際は、下にお香専用の灰を敷くと
ガラス部分が焦げ付きません。

くぼみという機能がついた事で、視覚的にも用途も様々
楽しめるペーパーウェイトになりました。
是非、実物を手にとってその質感と、縞の美しさをご覧いただきたいです。

店頭にはこの作品以外にも高梨さんの作品を展示しています。

「あたらしいクラフトのカタチ」展は11/6(土)までメトロクス東京にて開催しています。
是非足をお運びください!

※以前お邪魔した高梨さん個展のレポートはこちらです。
http://metrocs.jp/n-crafts/blog/archives/235

「あたらしいクラフトのカタチ」展!/鈴木稔さんの器

こんばんは。
ホールセールス事業部の小野寺です。

『あたらしいクラフトのカタチ』展、4日目。本日は雨模様。
このようなお天気の中、ご来店いただきましたみなさま、
どうもありがとうございました。

本日のブログは、現在展示中の鈴木稔さんの作品について。

2年前のn-crafts立ち上げのときからお世話になっている鈴木稔さん。
下の画像は、5月に鈴木さんの工房にお邪魔したときのもの。

鈴木さんのうしろに写っているのは、鈴木さんの工房敷地内にある立派な登り窯。
現在も、11月に出展されるグループ展の準備のため、登り窯で薪を焚いている最中。
明日、中の作品を取り出す日なのだそうです。鈴木さん、おつかれさまです。

今回は特別に鈴木さんから通常メトロクスで扱う『ガス窯』で焼いた作品ではなく、
『登り窯』で焼いた作品を展示しています。
設置する場所やその温度、飛んでくる灰、釉薬の掛け方などによって、
表情がひとつひとつ違います。

同じかたちで同じ釉薬でも、それぞれ個性があります。
お気に入りのひとつを探すのがたのしみ。

おもてと・・・

うら。

画像でご紹介した作品の他にも、
大皿や小皿、おちょこにカフェオレボウル、カップ&ソーサーなどもあります。

登り窯で焼いた作品の他に、
冬から展開する新シリーズのサンプルも、展示中。
ちょっぴりだけご紹介。

こちらの新シリーズのサンプルは、現在、鈴木さんと着々と準備を進めております。
まだみなさまにお届けはできませんが、
ご来場いただいたみなさまのいろいろなご意見をお伺いできればと思っています。
もうしばしお待ちください。

お店に展示されている作品以外にも、
お店の地下(事務所)には、まだまだ展示していない作品がどしどし眠っております。
ご覧になられたい方は、ぜひスタッフにお声かけくださいね。

おまけ

鈴木さんの器は、お料理が本当によく似合います。

ヒジノワのHPに期間限定で書かれていた鈴木さんブログより・・・
私は、こちらのブログを見て、鈴木さんの大きな平たいお皿がほしくなりました。
http://hijinowa.net/misoru-studio/2010/05/post-15.html

小野寺 過去のブログより・・・
たいしたお料理ではありませんが、かなりお皿の力に助けられています。
http://metrocs.jp/n-crafts/blog/archives/73

食と器。どちらも重要です。

「あたらしいクラフトのカタチ」展!/吉田順子さんの切子

こんにちは。メトロクス、ヨダです。
昨日より、「あたらしいクラフトのカタチ」がはじまりました!

金曜日の夜からよなよな準備を始め、クラフト催事にあう雰囲気にディスプレイ変更です。

右に見えますのは東京店、タニマネージャーです。

そしてついにオープン!

上に並んでいる青やオレンジがきれいな照明は、studio prepaさんの吹きガラスのランプシェード
今回の催事の作家さん5人のコメントやプロフィールなどがパネル展示されています。

催事の期間中は、5人の作家さんの作品を紹介していきたいと思います。
前回の山中組木工房さんに続き、
本日は、メトロクスでも人気の作家さん、KIRICO*KILICOの吉田順子さんの作品をご紹介です。

今回、吉田さんには「クリスマス」と「お正月」というテーマで
メトロクスが特注をさせて頂き、この催事の為の切子を制作して頂きました。
まずは「クリスマス」テーマの作品から。


「オーナメント」 カラフェ 15,750円 ワインカップ 4,935円

星と丸が注ぎ口にゆれる、華やかなデザインです。
カラフェは吉田さんの作品の中では珍しい形で、小ぶりな可愛らしい形が特徴です。
こちらはワインを飲む際にセットで是非お使い頂きたいです。


「うさぎとツリー」 カラフェ 15,750円 ワインカップ 4,935円

ちいさなうさぎが森の中にいます。森の中の一本の木の上には星がかがやき、
ツリーになっていて、とても物語が感じられる作品です。

そして「お正月」テーマの作品はこちら。


「羽根」 片口銚子 6,195円 Uぐいのみ 3,885円

羽根モチーフがぴよんぴょんと跳ねるように配置されている、動きのあるデザインです。
温かみのある深い赤が、シンプルではっきりとした模様を際立出せています。


「天開松」 片口銚子 6,195円 Uぐいのみ 3,675円

松葉が天に向かって開いている、縁起の良い模葉で、
お祝い事や、結婚式の贈り物にもぴったりな酒器です。

これらすべての切子は、テーマによって生れてきたものですが
あえて他の季節でもお使い頂けるようなデザインになっています。
ギフトセットもありますので、これからのシーズンにプレゼントをお探しの方は
この機会に是非!

会期は11/6(土)までなので、どうぞ足をお運びください!

「あたらしいクラフトのカタチ」展
※日曜、祭日は12時からのオープンです。

次回は鈴木稔さんの作品を紹介します。

山中組木工房の復刻動物組木!

こんにちは。
ホールセールス事業部の小野寺です。

いよいよ明日から『あたらしいクラフトのカタチ』展がはじまります。
本日、東京店チームは最後の追い込み中です・・・!

さて、明日からの催事に合わせて、1年程前から温めていた企画がようやく実現。

山中組木工房 4代目 山中成夫さんにお願いし、現在は作っていない、
成夫さんのお父さんの 3代目 広吉さんが1930年代に考案・製作した組木を、
復刻生産して頂きました!

今年の夏に 東京店 与田 と 山中組木工房にお邪魔し、
お菓子とジュースを頂きながら・・・、最終の打ち合わせ。

上の画像は、左から成夫さんの奥様、成夫さん、小野寺です。
私、へらへら笑って画像に写っていますが、真剣に取り組んでいるんですよ。

過去の参考作品や資料を拝見させて頂き、成夫さんと相談の上決定しました。

今回、復刻した組木は・・・

ネコ』 と 『カンガルー』の動物組木!

ぐいっ と伸びのポーズ!

よく見ると、ネコの首には、ちゃりん と鈴がついています。

下の画像は、カンガルー。
おなかには・・・

こどものカンガルーが ちょこん と 顔と手をのぞかせています。

なんともかわいいあそび心。
私は、こういうところにぐっときます。

取扱説明書もかわいいのです。

取扱説明書の中に書かれている一文
『 1.首の鈴(グルリ)にあたる部分を回します。 』
・・・グルリ!

今回復刻して頂いた 『ネコ』 と 『カンガルー』 は、
作るのがとても難しく、数量限定での販売となります。
11月6日までの催事の期間中、実際に手にとってご覧いただけます。
『あたらしいクラフトのカタチ』展、ぜひ いらしてくださいね。

おまけ

ゴルフが大好き。
いつもお元気で明るい笑顔の山中さん。

お手元にはゴルフボール!

私は、そんな山中さんから届く荷物(注文した商品)をいつも楽しみにしています。
その理由は、山中さんからのお手紙。
いつも納品書が入っている封筒にメッセージを書いてくれます。

小さなお心遣い。
いつもうれしくて、元気がでます。

山中さん、これからも、どうぞよろしくお願いいたします。

「あたらしいクラフトのカタチ」展のお知らせ

こんにちは。メトロクス、ヨダです。
本日はエキシビションのお知らせです。

「あたらしいクラフトのカタチ」展

今回のエキシビションでは、メトロクスが商品企画から参加し、5人の人気作家さんによる
「新作」「復刻品」「限定品」を一同に発表します。
是非メトロクスの考える「あたらしいクラフトのカタチ」をご覧になってください。

出展作家 (五十音順)

鈴木 稔 (益子焼)
高梨 良子 (吹きガラス)
ハラダ マホ (練り上げ)
吉田 順子 (切子ガラス)
山中組木工房 (組木細工)

10/23(土)-11/6(土) 会場:メトロクス東京
11/12(金)-12/1(水) 会場:メトロクス札幌

只今催事の為の商品が続々と入荷しております。
商品詳細については後ほどアップいたしますので、少々お待ち下さい。
また、各作家さんからのコメントをパネル展示いたしますので、どうぞお楽しみに!

エキシビション期間は特典プレゼントもご用意しておりますので是非足をお運びください。
みなさまのご来店、お待ちしております。