インスタで話題のお弁当箱が再入荷!

こんにちは。メトロクス・オノデラです。

今、モデルの亜希さんのインスタとブログで話題のお弁当箱。

亜希さんインスタグラム

亜希さんのインスタグラム(@shokatsu0414)

亜希さんブログ

亜希さんのブログ(http://lineblog.me/aki/)

おいしそう・・・。素敵ですね。
これらの画像は、ごく一部。
インスタとブログには、もっともっとたくさんお弁当写真が掲載されています。

さて、このお弁当箱の正体は・・・

MUTEさんによってデザインされた、
畑漆器店のcolor. シリーズ、ハコ Lサイズ

各色、再入荷しましたよ!!

箱L赤
アカ

箱L茶
チャ

箱L生成り
キナリ

ハコは、石川県山中温泉で450年培われてきた、
山中漆器の高い「ろくろ挽き」の技術を用いられて製作されています。

ハコを含む、このcolor. シリーズは、2016年度グッドデザイン賞を受賞。

お弁当箱としてだけではなく、裁縫箱や小物入れなどとしても使用できます。

9

わたしも自宅で、ハコを器として使用しています。
ウレタン塗装が施されているので、お手入れしやすいのもうれしいポイント。
水分や汚れにも強く、食器用洗剤で洗えます。

1

2

3
蓋は、取皿としても使用できるのがうれしいですね。

畑漆器店の器が目指しているのは、
繰り返される日々の営みのなか 何気なくそれでいて気持ちの良い いつもの器。
使い続けるほどに いつしか手肌になじみ かけがえのないパートナーとなる器。
畑漆器店
のモノづくりへの想いが伝わってきます。

保存

日本のモダンクラフト人気アイテムの入荷

こんにちは、メトロクス・タカダです。

この度、しばらく欠品しておりました人気クラフトアイテムが入荷いたしました。いくつかご紹介していきましょう。まずは、様々なモチーフを独自の視点から創り上げる鉄器職人・馬場忠寛さんが手掛けた、栓抜き カラスです。

baba798h
馬場忠寛 栓抜き カラス(縦) ¥1,296

baba798w
馬場忠寛 栓抜き カラス(横) ¥1,296

そして、同じく馬場忠寛さんが手掛けた、向かい合う2羽の鳥がしっかりと本を支えるブックエンド バード。

baba796
馬場忠寛 ブックエンド バード ¥8,640

子供のころに見た影絵のように、想像力をかきたててくれるモノクロの世界が魅力的な鉄器たち。オブジェとしても目を引くこちらのアイテムは店頭でも人気が高く、ご検討の方はお早めにどうぞ!

02

つづいては木製品。新潟県上越市で日本建築独自の装飾技術である「組子」を用いた建具を製作している猪俣美術建具店のコースターです。

kmk2635gk
組子 コースター ¥1,620

柄は「胡麻殻亀甲」「桔梗麻ノ葉」「重ねりんどうくずし」「胡麻殻つぶし」「麻ノ葉」の5種類。いずれもとても縁起の良い柄とされており、ギフトとしても大変おすすめです。しばらく一部の仕様が欠品しておりましたが、今ならすべて取り揃えておりますので、この機会に是非どうぞ。

そして、大分県の孟宗竹を使い、ひとつひとつ丁寧に手作業でカトラリーを製作している甲斐のぶお工房のお箸(大)の入荷もございました。

03
甲斐のぶお 箸(大) ナチュラル ¥1,296/レッド ¥1,512

しやなやかで丈夫な竹は日常使いに適した素材です。四角い柄の部分は持ちやすく、素材を活かしたシャープで滑らかな箸先が特徴。飽きのこないシンプルなフォルムが特徴的。

食卓に木や竹製の食器が並ぶだけで、何だかほっこりと、豊かな気持ちになます。

01

いかがでしたでしょうか。
是非、この機会にご検討ください。

メトロクス東京では展示もございますので、実物を見て触れてお確かめいただけます!詳しくは店頭スタッフまでお気軽にお声掛けください!

————————————————–

メトロクス東京
〒105-0004 東京都港区新橋6丁目18-2
TEL/03-5777-5866 FAX/03-5777-5868
営業時間/平日12:00-18:00 土曜12:00-19:00
定休日/水曜・木曜・日曜・祝日
http://metropolitan.co.jp/shoplist

E-mail/tokyo@metrocs.com
Facebook/https://facebook.com/METROCS
Twitter/https://twitter.com/METROCS_jp
Instagram/https://www.instagram.com/metrocs_tokyo

日本やヨーロッパに誕生した歴史あるデザインプロダクトを取り扱うインテリアショップです。海外から仕入れたヴィンテージアイテムをはじめ、国境や時代を超えて愛されるアイテムを取り揃えています。

真鍮のカトラリー 簡単!気軽!お酢でのお手入れ方法

こんにちは。メトロクス・オノデラです。

lue

菊地流架さんによるLueの真鍮製のカトラリー、
スポーク」を自宅で愛用しています。

真鍮カトラリーは、テーブルの上が華やぐので重宝しています。

Spork_00

真鍮のカトラリーは、
使用しているうちに表面に酸化膜がはり、
使い込むほど味わいがでてきて、だんだんよい雰囲気になっていきます。

普段のお手入れも、簡単。
洗剤で洗い、布巾でしっかり拭き、水気を落としておくだけ。
丁寧に使うと均等に酸化膜がはっていき、金属独特のにおいも軽減されます。

が、
長期間放置していたり、食品につけたままにしてしまうなど、
お手入れをおろそかにしてしまうと、
黒ずんだり、緑青(銅の器物の表面にできる緑色のさび)が出てきてしまいます。

どうしよう・・・
↓黒ずんで、緑青が出てきてしまいました・・・!

Spork_01

Spork_11

Spork_12

でも、大丈夫。
自宅にある一般的なお酢を使用して、簡単に落とすことができますよ!

Spork_13

準備するのは、お酢と、カトラリーが入る容器。

Spork_14

Spork_15

真鍮のカトラリーがひたひたになるくらいの分量のお酢を注ぎ、浸します。

Spork_16

待つことおよそ10分・・・
台所用の中性洗剤で洗い流して終了。簡単です。

Spork_17

上:お酢に浸した後。下:お酢に浸す前。
黒ずみが軽減されました!

Spork_18

10分程度浸すことで、味わいを残しつつ、
黒ずみと緑青は取り除けました!

それでも汚れが落ちにくい場合は、薄めたお酢に一晩つけた後、
塩とお酢を混ぜたもので磨くと元の光沢が出てくるそうですよ。

真鍮素材による経年変化を、気軽にお楽しみいただけます。

おまけ

お酢でのお手入れでは物足りない方へ。
以前のブログでもご紹介させていただきましたが、
金属みがき用の研磨剤を使うと、新品のようにピカピカにすることもできます。

wenol_01
↑メトロクスで使用している研磨剤。

wenol_02
↑スプーン部分の〇部分を磨いてみました。
磨いたところだけ、まるで新品の輝き。

wenol_03
↑上のスポークは全体的に磨きました。まぶしい。

お酢だけを使って、風合いを残すのもよし。
研磨剤を使用して、ピカピカにするのもよし。
お好みによって、お手入れ方法を選んでみてください!

Lue のカトラリーはこちら

ゴールデンウィークは「ゆっくりとした速度で」

こんにちは。メトロクス、ヨダです。
GW真っ只中!今日みたいに天気の良い日は、外で思いっきり遊びたく
なりますが、たまには予定を入れず、今まで読もう…と
思っていた本を読んだりしてゆっくり過ごすのもいいですよね。
今日はそんな時間のおともに最適な「モデラート」をご紹介します。

まず、「モデラート」が音楽の用語で「ひかえめな、ゆっくりとした速度で」という意味。
家で過ごす休日に何とぴったりな名前でしょう。
萩野克彦氏デザインのテーブルウェアのシリーズです。

モデラートC&S
カップ&ソーサー

クリーマー&ポット
クリーマーティーポット

所謂「ティーセット」を一式揃えようとすると、結構勇気がいると思います。
しかしこのモデラートのシリーズは、シンプルなフォルムと温かみのある質感で
どれか一つでも他の食器と馴染み易い。
そして、一式揃えても主張が強すぎず、すっきりとした印象で日用使いにも適しています。

細かなところにも惹かれる部分があります。
ティーポットの蓋

このティーポットの蓋の部分、つまみが少し上向きにそっていて掴みやすいデザインです。
こうした小さな使いやすさの違いが、食卓への登場回数に大きく影響するのだと思います。

そして魅力的なのがクリーマーの大きさ。たっぷりサイズです。
ミルクを沢山入れたいので、容量200mlはありがたい!(容量はすりきりではなく、八分目です)
お茶のおかわりがどんどんできます。
クリーマー

カップ&ソーサーの受け皿は平たい丸いプレートに縁がついている形で、
ソーサーとしても、これだけでも使えます。
平らで、カップをのせても十分な広さがあるので、

C&S
お菓子をのせたり

C&Sその2
フルーツをのせても大丈夫。

ティーストレーナー
または、ティーストレーナー置きにしても。

今回はホワイトでしたが、他にグレーもあります。
グレーの方はより釉薬のかかり具合に個体差があり、とても味わい深い質感です。

集合

色を組み合わせて使うのもいいですね。
私個人的には、このモデラートと、画像にも写っているTI-1カトラリー
組み合わせがとても好きです。

モデラートシリーズはこちらから

売切れ必至、清岡幸道さんのうつわ

こんにちは、メトロクス・タカダです。

02

4月22日(土)から28日(金)まで、東京・吉祥寺のmist∞(ミスト)さんで開催「余月の器/清岡幸道陶展」にお邪魔してきました。※完売のため既に展示は終了しているようです。

03

会期2日目となる日曜日にお伺いしたのですが、もちろん、人気作家の清岡さんですので、ほぼ完売状態。
やはり、耐火のものは残っていませんね。

01

まだ、清岡さんのうつわに出会われていない方のために簡単にご説明させていただきます。

◇清岡 幸道
大阪芸術大学で陶芸を学んだ後、滋賀県立陶芸の森研修生を経て独立。
信楽に拠点を置き、地元の土と釉薬を用いて作られた器は、従来の信楽焼のイメージを覆すシャープなフォルムが特徴です。落ち着いた色合いとマットな表情が料理を引き立てます。

清岡さんご自身のinstagramでは、作品をたくさん載せていらっしゃるので、是非、チェックしてみてください。

個展では、開店前より店頭にて予約を承り、順番に入店が案内されます。
特に耐火シリーズは、購入できる数が制限されることも。
今回の個展では300点以上ものアイテムが用意されていたようですがそれが初日の半日でほとんど販売となってしまうほどです。

メトロクスでも、以前より耐火のシリーズをはじめ、マグやリム皿などを取り扱いをさせていただいておりましたが、たくさんのオーダーをいただいており、現在はオーダーの受付を一旦お休みさせていただいております。再開の際には、また改めてご案内させていただきます。

まだ、清岡さんのうつわを手にされていない方、次回、個展が開催される際には是非、初日の開店前に行かれることをお勧めいたします。