涼を運ぶ夏の風物詩

こんにちは、メトロクス・タカダです。

梅雨が明け、太陽の季節がやってまいりました。個人的には一番苦手な季節です。
今朝の事ですが、蝉の鳴く声があり、早くも夏本番を実感しています。

蒸した暑さに堪える日本の夏。今日のブログでは、そんな日々に涼を運ぶ夏の風物詩、高梨良子さんの「風鈴」をご紹介いたします。

01-min

吹きガラス作家、高梨さんの作品の中で特徴的なのが風鈴にもある縞模様。
この繊細な模様も棒状の色ガラスを一本一本すべて手作業で組み合わせて作られています。

detail003-min

ガラスの内側にフロスト加工が施されていて、中の構造が見えすぎないようになっています。こういった細部にこだわりが見て取れます。

03-min (1)

太い縞と細い縞が流れるように配置された螺旋状の模様は、流水のような涼しさも感じることができます。

時折、風に揺れてくるくると回る螺旋模様は、サインポールをじっと眺めてしまうような、イノセントな面白さがあります。

04-min
短冊には通気性と透光性に優れた手透き和紙(黒谷和紙)を使い、風になびく様に風情を感じます。
短冊は、大きすぎても小さすぎても、軽すぎても重すぎても、風を受けず音が鳴りません。

05-min

風鈴の内側、音を鳴らす部品「舌(ぜつ)」と呼ばれるこちらも、素材と大きさで音質が変わる大事なパーツ。短冊と同様、よい具合に仕上げるまで調整にとても苦労した部分です。

落ち着いた音色が心地よい高梨さんの風鈴、メトロクス東京がお店を構える、東京・新橋の地にも優しい風を連れてきてくれました。

もちろん、店頭にも実物をご用意しておりますので、実際に見て触れて聞いていただくことができます。夏を過ごす涼しげアイテムとして、生活に取り入れてみてはいかがでしょうか。

02-min
高梨良子 風鈴 5,400円(税込)

ギフトボックスもご用意しておりますので、夏の贈り物としても最適です。

ハラダマホさんの数量限定作品

こんにちは。
メトロクス・タカハシです。

本日は、練り上げ作家ハラダマホさんのうつわの中でも数量限定で
取り扱っている、2種類をご紹介します。

doo-wop_1-min
まずは大鉢「doo-wop(ドゥーワップ)」
作品面の由来は音楽のジャンル名からきています。
ランダムに描かれたラインの模様も、作品名を知ると、なんだか
リズミカルに見えてきて楽しい曲調が思い浮かんできます。

ハラダマホさんの食器の中で大鉢は作られている数も少なく、
なかなか手に入りづらい作品です。

doo-wop_2-min
食器としてだけでなく、インテリアグリーンなんかを飾っても可愛らしい器です。
こちらは1点限りの在庫となっています。

houshi_1-min
そして、筒型カップの「胞子」
これは、色味といい模様の形といい見たまま胞子感が伝わってきますね。

じつはこの作品は、美しいカビの写真からインスピレーションを受けたそうです。

houshi_2-min
そう聞くまではタンポポの綿毛のようにも見えていましたが、由来を聞いた後だと
確かに、カップの内から外から、じわじわと広がるカビのようにも見えてきます。
こちらは残り2点ございます。

このほかにも、定番品も含めて多数取り揃えていますので、
オンラインショップお店でお求め下さい。

涼感を呼ぶ、彩りの器

こんにちは、メトロクス・フクオカです。

ダイワハウスさんが発行する「くらしのレター」最新号の表紙に
吉田順子さんの切子を取り上げていただきました。

2

「涼感を呼ぶ 切子の器」として、
浅鉢 かざぐるま
小鉢 かざぐるま
小鉢 小鳥と蝶
Vタンブラー 水玉と2本線
Vタンブラー ふた葉
Vタンブラー つながる小玉が掲載されています。

くわしくは下記のリンクをご覧ください。
ダイワハウス くらしのレター

 

3

クリアやブルーのガラスは特に涼しげな印象の切子。

伝統的な江戸切子とはひとあじ違った、モダンですっきりとしたデザインは
吉田順子さんならではの作風で、女性ファンが多いのも頷けますね。

 

そして、しばらく欠品していた商品も再入荷しています!

 

4

8oz タンブラー 松葉
たっぷりの氷としゅわしゅわ~と炭酸を注ぎたいグラスです。

 

5

Sボウル クローバー
テーブルに落ちる模様もかわいらしい小さなボウル。冷茶やデザートにおすすめ。

 

6

Sボウル ひし模様
規則正しく並んだシャープなひし模様。

 

7

日常使いにも適した吉田順子さんの切子作品は現在23アイテムを取り扱っています。
ぜひ、お気に入りのひとつを見つけてみてください。
食卓に彩りと涼しさを添えてくれるはず!

保存

保存

3年ぶりに入荷!柚木沙弥郎さんの人気アイテム

こんにちは。メトロクス・オノデラです。

今年もついに蒸し蒸し暑い季節の到来。

メトロクス東京では3年ぶり、
染色工芸作家 柚木沙弥郎(ゆのきさみろう)さんの図案を用いた
房州うちわが入荷いたしました!

うちわ集合

図柄は6種類。

うちわ1
左から、青海波、山に雲、双魚。

うちわ2
左から、波しぶき、鯉、木に鳥。

プラスチック製のうちわでは味わうことができない、
竹のしなやかさを生かしたやさしくふくよかな風を体感していただけます。

房州うちわは、竹の丸みそのままを活かした「丸柄」と、
細く割いた骨を糸で編んで作られる「窓」が特徴。

房州うちわ丸亀うちわの比較_02

房州うちわ丸亀うちわの比較_01

左が房州うちわ。右が丸亀うちわ。
右の丸亀うちわは、竹を割って平らに削ってあるのに対し、
左が房州うちわは、竹の丸みを生かした造形。

窓

窓の部分が、立体的で美しい格子状になっています。

集合_裏

裏面は、無地。
うちわの縁取り用の和紙の色が効いています。

高田おすすめ

東京店の高田店長のおすすめは、「山に雲」と「鯉」。
メトロクス東京の店頭で展示販売中です。

竹と和紙で昔ながらの技法を用いて職人の手で作られた房州うちわ。
ときにはエアコンを付けず、うちわの風で過ごしてみてはいかがでしょうか。
ぜひお試しください!

保存

新橋のお昼事情:The KARI(ザ・カリ)

こんにちは、メトロクス・タコウです。

本日は、シリーズ第12回目の「新橋のお昼事情」。
メトロクス東京近辺の、スタッフおすすめのお店をご紹介していくシリーズです。

今回はメトロクスから徒歩3分ほど、新橋5丁目にある「The KARI(ザ・カリ)」。
名前の通り、カレーのお店です。新橋のカレー御三家(?)の一つみたいです。

01外観

白いタイル壁にワインレッドのテントが目印。

混んでいる日は外にも行列が出来ているのですぐ分かると思います。
今日はそんなに並んでなさそう。ラッキー!

02看板

本日のメニューと書かれた看板がありますが、
メニューはいつも同じです。

店内に入ると、10名ほどしか座れないL字のカウンターは満席。
さらに5名ほど待っている方がいらっしゃいましたが、そこは新橋です。
カウンターということもあり、みなさん食べ終わるとサッと帰っていかれますので、
回転は速いです。限られたランチタイムにはすごく重要なポイント!

03メニュー

メニューは4種+曜日限定メニュー。

ビーフが看板メニューなので、みなさんビーフ率高めです。
ざっくりですが、ビーフの人6割、ロールキャベツ2割、その他2割といったところ。

私もビーフを注文!
通常はオーダーの際、「付け合わせはキャベツの酢漬けとお芋どちらになさいますか?」
と聞かれますが、今回はなぜか聞かれず……自動的にお芋になりました。
いつもはキャベツの酢漬けですが、男性のお客さんにはお芋が人気のようです。

04お芋-min

こちらがその付け合わせ。
カレー味のじゃがいもにクミンシードが混ぜてあり、よい箸休めになります。

そしてカレーの全貌がこちら。

05カレー

ルーはサラサラ系です。サラサラというよりシャバシャバ。
ごはんのダムが簡単に崩壊します。

ルーはスパイスが香り、辛いけど深みがあっておいしい!!

赤くないので見た目にはわかりませんが、苦手な方だと結構辛いかもしれません。
とは言え、舌がヒリヒリするような後引く感じでもなく、キリッとした爽やかな辛さです。

ごろごろ入っているお肉も柔らかくておいしい。
ルーの中に黒っぽく見えるのはスパイスのクローブですね。
ライスも粘りの少ないさっぱり系で、ルーとの相性抜群です。

お店を出ると、服からフワッとスパイシーな香り…
匂いが付くのが気になる方は実はテイクアウトも出来ます!

店内への入口と反対側に窓がありますので、そちらからどうぞ。
近くで食べるなら芝公園がおすすめです。

06テイクアウト

はす向かいにはこのシリーズ第1回目に登場した荒井商店さんがありますよ。

ザ・カリは平日のランチ3時間のみの営業というストロングスタイルですが、
お近くにいらした際は是非行ってみてくださいね!

The KARI(ザ・カリ)
住所: 東京都港区新橋5-31-7 中村ビル1F
営業時間: 11:30~14:30
定休日: 土日祝