KIRICO*KILICO クラフト市で人気の器が再入荷!

こんにちは、メトロクス・オノデラです。

本日は、吉田順子さんによるKIRICO*KILICOの
切子のカップの入荷のご案内です。

昨年8月にメトロクスで開催いたしました、
第6回クラフト市で出品されていた
KIRICO*KILICOの器で、
とくに人気の高かった3柄6種類が再入荷いたしました。

 

まずは、メトロクスでは通常取り扱っていない色と形、
「ロックグラス」2種。

ロックグラス オーバル

定番で取扱中の小鉢でも人気のオーバル柄


ピンク


ピンク・藍 いずれも、上代:4,320円(税込)

 

ロックグラス スギナ


クリア


クリア・藍 いずれも、上代:4,320円(税込)

 

そして、小鉢としても使用できる、
人気の形、「フリーカップ」1種。
冷茶やアイスクリームやヨーグルト・・・
使い方いろいろです。

 

フリーカップ あられ草



紫・赤 いずれも、上代:4,536円(税込)

 

少量ずつの入荷。
どの器も、在庫限りとなります。
ご興味のある方はお早めにご検討くださいね。

『練り上げ作家 ハラダマホ展』開催のお知らせ

あけましておめでとうございます。
メトロクス・オノデラです。
さて、2015年、新しい年のはじまりです。

今年初のエヌクラフツブログは、
メトロクス東京のショップにて1月17日(土)から開催する
ハラダマホさんの個展
『練り上げ作家 ハラダマホ展』のお知らせです!

ハラダマホ展

今回のエキシビジョンでは、
練り上げ作家 ハラダマホさんの
個性的でユニークな図柄・モチーフが
いかにして生み出されるか紐解いていきます!

エキシビジョンで展示するのは、
ハラダさんの新作 約100点の他、
これまでに製作してきた過去の作品 約50点、
作風に影響を与えた私物、
練り上げの製作工程や道具に材料、
柄の図案、
などなど・・・。

ハラダさんの脳みその中身をのぞかせていただきながら、
作品に対する思いを感じていただくことで、
より深く作品にご興味を持っていただければと思います。

また、1月24日(土)には、
熊本からハラダマホさんをお招きして、
ギャラリートークを開催いたします。
———————————————————————-
●開催日時:2015年1月24日(土) 14:00~
●定員:30名
●会場:メトロクス東京
●参加費:無料
●申し込み先:受付専用サイトはこちら
または、お電話でのお申込みも承ります。
メトロクス東京(TEL:03-5777-5866)
※イベント終了後、ご参加いただいた皆さまに
ハラダさんの器でお茶とお茶菓子をご用意しております。
———————————————————————-
作陶活動についてご質問・ご意見などをお伺いしながら、
ご歓談の場を設けてまいります。

ちなみに、
このたびのエキシビジョンのDMになったマグカップの模様は、
「サバンナ」
!!!
サバンナ・・・・ですよ。
ユーモア溢れる独特なネーミングセンスについても
いろいろお伺いしちゃいます。

また、今回限りのうれしい特典。
お買い上げ10,800円(税込)以上のお客さま 先着30名さまに
ハラダマホさんに特別に製作していただいた
練り上げの豆皿をプレゼントいたします!

ハラダさんの過去から現在までの作品、
そして製作工程を一斉に展示するのは、
このメトロクスでのエキシビジョンがはじめてとなります。

「練り上げ作家 ハラダマホ展」は、
1月17日(土)~1月31日(土)
※作家在廊日:24日・25日

※会期中は、1月25日(日)もオープンいたします。

ただいま、小売スタッフ総動員で準備中!

ぜひぜひ、見にいらしてくださいね!
おたのしみに!

2014年もありがとうございました。

こんにちは。
メトロクス・タカハシです。

メトロクスは本日が年内最終営業日です。
本日は、今年も一年間お世話になったショップとオフィスをスタッフ総出で大掃除です。

2014年もn-crafts@metrocsをご利用いただきまして、深くお礼申し上げます。

今年は、菊地流架さんの真鍮カトラリー高梨良子さんのガラス食器や風鈴
猪俣美術建具店の組木 コースター谷口・青谷和紙の照明など
これまでにはない様々な商品が加わりました。

また8月には吉田順子さんのクラフト市に合わせ2年振りにオールド切子展も開催し、
大変ご好評をいただきました。今後も日本のクラフトの価値を再評価、再発見できる
エキシビションを開催していく予定です。

来年1月にはn-crafts@metrocsで取り扱っている練上げ陶器の作家ハラダマホの
エキシビション「練り上げ作家 ハラダマホ展」を開催致します。
彼女の独特な世界感はラジオ放送や田園風景など、日常にあるものから生み出されます。
期間中は、作風に影響を与えた私物や製作に使う道具を展示し、作品に対する思いを
感じて頂くことで、通常では見えない「作品の魅力」を浮かび上がらせます。

来年も新しい商品が多数加わる予定ですので、引き続きご期待ください。

それでは良い年の瀬をお迎えください。
2015年も変わらぬお引き立てのほど、宜しくお願い申し上げます。

年始は1/5(月)から営業いたします。

ハラダマホ展

骨組みのない立体漉き和紙のランプ

こんにちは、メトロクス・ハマダです。
本日は、n-craftsに新たに加わった照明をご紹介します。

青谷和紙 AOYA

鳥取県の東部に位置する青谷地区は、因州和紙の産地として知られ、
10世紀初頭まで遡ることのできる、その歴史と伝統は現在も脈々と受け継がれています。
青谷地区で和紙のプロダクトを製造している「谷口・青谷和紙」の「AOYA」から、
n-craftsでは「Moon(ムーン)」「Mokumoku(モクモク)」を取扱います。
これらのプロダクトは、「立体漉き和紙」の特性を活かした
骨組みのないプレーンな構造が特徴です。

青谷和紙 AOYA

ムーン テーブルスタンド

 

青谷和紙 AOYA

ムーン ペンダント

 

青谷和紙 AOYA

モクモク ペンダント

 

青谷和紙 AOYA

和紙の風合いが魅力。

 

青谷和紙 AOYA

点灯すると、さらに柔らかで豊かな表情。

 

青谷和紙 AOYA

サイズは3サイズあります。

 

メトロクス店頭でも一部製品をご覧いただけます。
ぜひ、ご来店ください。

AOYA 商品一覧はこちら

自分で使って、人に贈って「釜定の南部鉄器」

こんにちは。
メトロクス・タカハシです。

今日のクラフトブログは盛岡にある南部鉄器の名工「釜定」について。

釜定
釜定の製品は伝統的な南部鉄器の技術力はもちろん、フィンランドに在住経験の
ある3台目、宮 伸穂のすっきりとモダンなデザインが魅力的な、普段の生活にすんなり
と馴染んでくれる道具たちです。

組鍋
鋳物の製法で作られるずっしりと重たい南部鉄器ですが、最近はステンレスや
アルミニウムの軽い道具が増え、鉄の道具を見かける機会はめっきりと
少なくなってきました。南部鉄器は重厚でお手入れも大変ですが、鍋やフランパン
なんかは何度も繰り返し使用することで、油が鉄器に馴染んできて、
味わいが出てきます。

また、調里の点においても素材に均一に熱が通りやすく卵焼きや炒め物等、
焼き上がりが全然違う!という声もよく聞かれます。

前回の入荷分が既に完売となってしまったアイテムも多い釜定ですが、
組鍋の大と中、オイルパンは若干数在庫が残っています。
 
オイルパン

オイルパン
釜定 オイルパン 214 ¥8,640
オイルパンはその長い持ち手とシャープなフォルムが特徴的です。
 
 
組鍋
釜定 組鍋(大) 230 ¥8,640
釜定 組鍋(中) 231 ¥4,860
煮込み料理やオーブン料理など多用途にご使用頂けます。
中サイズで2人分のお鍋に最適な大きさです。
 
 
釜定
そして小ぶりなサイズの栓抜き達も入荷してまいりました。
シンプルで飽きが来ないこの栓抜きはどこか、
こけしを思わせるようなデザイン。
 
 
釜定
壁にかけてオーナメントのように楽しんでも絵になりますね。
この栓抜き、普通そうに見えて全然普通じゃないデザインが素敵です(褒め葉)

価格も¥1,188と買い求めやすく気分によって違うデザインのものを使ったり、
プチギフトとしてプレゼントにしたりしてもいいでしょう。

栓抜155

栓抜き155-2
栓抜き 155 ¥1,188

栓抜154-1

栓抜154-2
栓抜き 154 ¥1,188

栓抜159-1

栓抜159-2
栓抜き 159 ¥1,188

栓抜130-1

栓抜130-2
栓抜き 130 ¥1,188

以前のブログにもありましたが、南部鉄器は後継者不足により徐々に工房の数も少なく
なってきています。これまでの南部鉄器は鉄瓶等が中心でしたが、
これからの時代それだけで生き残れないという考えから
釜定はモダンでシンプルな製品を多く作られるようになったそうです。

いきなり鍋を買って使いこなせるか不安・・・と言う人は栓抜から
南部鉄器を始めてみてはいかがでしょう?