畑漆器店が考える民具の原点 卯之松シリーズ

こんにちは。
メトロクス・オノデラです。

石川県山中で450年培われた伝統の技法で作られる
「山中漆器」のメーカー、畑漆器店。

畑漆器店col.シリーズをデザインしたMUTEさんと再びタッグを組み、
畑漆器店が考える民具の原点として、
「卯之松」という新たなシリーズが発売となりました。


photograph by MUTE


photograph by MUTE

形は2種類。
飯椀汁椀

くせがない、スタンダードな形。
小さなところまで気配りのある、美しい形。
和食器とでも洋食器とでもけんかしない、やさしい形。

塗装は、木の色を生かしたウレタン塗装の「木肌」と
木目を生かす拭き漆で仕上げられた「飴色」「小豆色」の3種類。


飯椀 木肌 / photograph by MUTE


飯椀 飴色 / photograph by MUTE


飯椀 小豆色 / photograph by MUTE


汁椀 木肌 / photograph by MUTE


汁椀 飴色 / photograph by MUTE


汁椀 小豆色 / photograph by MUTE

 

木地にはサクラ材が用いられています。

高い技術を持ち合わせた職人が
旋盤を使って、薄く薄く挽いているので、
見た目も、実際の重量も、軽やかな印象です。
手に取ってみると、小ぶりで手馴染みがよく、
いつまでも触っていたくなります。
飲み口も薄くできているので、口当たりもよいですよ。

 


photograph by MUTE

色は、左から、木肌、飴、小豆です。
拭き漆の2種類では、飴色は茶色っぽく、
小豆色は、飴色よりも少し赤みがかっています。

 


photograph by MUTE


photograph by MUTE

暮らしに根付いた、普段使いの器として、
毎日の食卓で活躍してくれそうですね。

わたしは、汁椀を検討中。
飴にしようかな、小豆にしようかな。
迷ってしまう。

「おおいたの土と木と竹と、」 甲斐のぶお工房 展示会のお知らせ

こんにちは、メトロクス・オノデラです。

本日は、展示会のお知らせ。

来週3月23日(月)~28日(日)まで、
うおがし銘茶・築地新店
茶の実倶楽部 5Fスペース「会」
にて
大分県の作家さんのグループ展
「おおいたの土と木と竹と、」 が開催され、
メトロクスでお取扱いさせていただいている
甲斐のぶお工房さんが出展されています。

こちらの展示会は、
大分で活躍する作家さんの作品を集めたグループ展。

甲斐さんの作品の他にも、
陶器や木の作品が多数出展される予定です。

そして、3月22日(日)には、
大皿料理とワインのお店「アミメキリン」さんで、
今回ご出展される作家さんの作品を実際に使い、
おばんざい料理に、由布院の食材を取り入れた料理、
大分のお酒にお茶をいただくことができる、
考えただけでよだれが出てくる、
素敵なイベントも開催されるそうです。
詳細は、こちらから!

こちらの締切は、明日18日迄だそうですので、
ご興味がある方は、どうぞお早めに!!!

甲斐さんのカトラリーは、
メトロクスでも根強い人気の商品。
展示会では、メトロクスで定番で取扱している商品以外の
アイテムも販売されていますよ。

以下は、メトロクスで取扱中の人気商品たち。


スプーンフォーク


ピック3種マドラー

いずれも、メトロクスオンラインショップで販売中です!!

「清岡幸道 陶展」に行ってきました

こんにちは。
メトロクス・タカハシです。

先日、川崎のATTRACTさんで開催されていた清岡幸道さんの個展に
お邪魔してきました。ATTRACTさんは木材やアイアン等の素材の良さを
活かしたオーダーメイド家具を製作されているインテリアショップ。

ATTRACT 店内
元、スナックだったという店舗は天井が高く広々とした解放感のあるお店でした。
お店のフロントの青いフレームのウィンドウはオープンの際に制作されたものだそう。

耐火フライパン
お店に入ってすぐ右手にはメトロクスでも取り扱っている耐火フライパンがありました。
左隣にあるものは、昨年のクラフト市でメトロクスでも入荷した錆釉ジャグでしょうか?
コンクリートブロックと無垢板の什器ともマッチしています。

ATTRACT 店内
壁面の什器にはリム鉢やボウル、C&S等、清岡さんの作品が陳列されていました。
どれもシャープで、釉薬の色味の渋さも魅力です。

ATTRACT 店内
見慣れない一輪挿しも発見!
写真だとなかなか、伝わりづらいですが、錆色の釉薬の中に
金属質の光沢のグラデーションが入っていて面白い表情の一輪挿しでした。
これはほんとに購入しようか迷った作品です。
最終的にはマグカップを購入させて頂いたのですが。

耐火スープボウル
耐火スープボウル耐火グラタンボウルも置いてありました。
耐火物は清岡さんを代表するジャンルの1つですね。
お聞きすると、今回の個展では耐火物以外の器のほうが人気があったんだそうです。
清岡さんの作品がお好きな方は、まずはじめに耐火物に惹かれ清岡さんの作品を知り、
そこから、いろんな種類の器に興味をもたれる方が多いそうです。

今回の個展はとても好評だったそうで、途中で追加発注を掛けなければならない
ほどだったそうです。お店の雰囲気と清岡さんの作品がマッチしていて
とても素敵な空間でした。

デミタスカップ&ソーサー メトロ

こんにちは、メトロクス・ハマダです。

花粉が辛くなってきた3月、精力が奪われています・・・
そんな時、気分転換にコーヒーを飲むことが多いのですが、
近々メトロクスのすぐ近くに珈琲店ができるとの噂をキャッチしたので、楽しみです!

 

ハラダマホ カップ&ソーサー

さて、今日は私のようなコーヒー好きの方にカップ&ソーサーをご紹介します。
1月に開催した「練り上げ作家 ハラダマホ展」でも好評だったデミタスカップ、
2客のみご用意ができました。

 

ハラダマホ カップ&ソーサー

作品名がユニークなハラダさん!
このカップ&ソーサーは「メトロ」という名前が付いています。

 

ハラダマホ カップ&ソーサー

ソーサー。
ふむふむ…なんとなく、地下鉄(メトロ)の路線図っぽい!?

 

ハラダマホ カップ&ソーサー

カップ。
電車の窓かな?
地中にはりめぐらされてた都会の地下鉄かな?と妄想。
かわいらしい色合いです。

 

ハラダマホ カップ&ソーサー

デミタスカップなので、サイズは小ぶり。

 

カップ&ソーサー

練り上げなので、上から覗いてみても外側と同じ模様が現れます。
練り上げについては、くわしくはこちらをご覧になってみてください。
⇒ハラダマホ ギャラリートーク

在庫限りなので、お早目にご検討ください。
販売ページはこちら

 

葉皿 葉脈 ハラダマホ 練上げ

また、人気の葉皿の在庫も揃いました!

 

葉皿 葉脈 ハラダマホ 練上げ

その名の通り、葉っぱのかたちをしたお皿です。
メインディッシュに、前菜に、おつまみに、デザートに、
意外と使い勝手、いいんですよ。

 

葉皿 葉脈 ハラダマホ 練上げ

この繊細な模様が一番のポイントです。

 

葉皿はオンラインショップでは販売しておりませんので、
メトロクス東京、もしくはお電話やメールにてご希望を承っています。
お気軽にお問い合わせください。

ハラダマホ 葉皿(葉脈) ¥7,560(税込)

メトロクス東京
TEL 03-5777-5866
MAIL tokyo@metrocs.jp

猪俣美術建具店訪問記 [後編]

こんにちは、メトロクス・オノデラです。

先週に引き続き、
新潟県上越市 猪俣美術建具店への
訪問記をお届けいたします。

さて、メトロクスでも人気の組子コースター

猪俣さんに、製作方法についてお伺いしました。

組子コースターの形、六角形を構成する
“三組手(みつくで)”という組子の技法について。

まず、“組手(くで)”とは、
細く切った板に溝を施し、釘を使わずに木を組んで接合する技術のことです。
板と板を90度垂直に組まれた、
ご家庭に取り付けられている一般的な障子も組手加工のひとつ。

その発展型として、“菱”という加工があります。
一般的な障子が90度に組まれていますが、
それを組手を30度前後傾けて組むと、菱模様となります。

“菱”のさらに発展型が、“三組手(みつくで)”です。
“三組手(みつくで)”とは、“菱”の辺と辺が交わる部分に、
さらにもう1本、板を加えたものです。

板と板の交わった部分の角度は60度。
正三角形が6つ集まって成り立っているということになります。

組子コースターも同様、
よくよく見てみると、
正三角形が6つ集まって、形造られているのがわかります。

組んでいないバラバラの状態のパーツです。
両端の2本のパーツは、同じ形のパーツで片側のみ溝が切り込まれています。
真ん中の一本は、両側から切り込みが入れられています。
(※上の画像は、コースターより大きいサイズの板です。)

組んだ部分の途中過程を上から見てみると、
切り口、はめ口が60度になるように
板の溝が細工されているのがよくわかります。

ぴったりはまって、気持ち良いです。

組子コースターの中でも、
日本の伝統的な模様としてもっともよく知られている「麻ノ葉」。
6つの正三角形の内の、ひとつをピックアップ。

長さがたった1cm程度の板の両端に糊をつけて、
正三角形の中に、取り付けていきます。

よくよくその小さな板を見てみると、
両端に施されたカットの角度が、それぞれ違っています。

三角形の頂点に接合する方は、60度に。
小さな板が3枚集まっている部分は、120度になっています。

正三角形の骨組み、
そしてこの小さな板のカットする長さや角度が、
少しでも狂うと、よい出来栄えになりません。
0.1mmという、髪の毛の太さ程の単位で、精度が大きく左右されるという、
わずかな誤差も許されない精度の高い技術なのです!

猪俣さんが製作する、メトロクスの組子コースター
ぜひお手にとって、その緻密な細工をご覧になってみてくださいね。

おまけ

お昼ごはんは、猪俣さんと
つるりんとしたのどごしの新潟名物「へぎそば」と、
よく脂の乗ったのどぐろの天ぷらとあわせていただきました。
美味!

へぎそばの盛り付け方、
魚のうろこみたいでかわいいですね。