食卓を楽しくする、Lue(ルー)の真鍮カトラリー 

こんにちは。
メトロクス・シンカイです。

初夏の日差しを感じる気持ちの良い季節になりました。
この夏は、食卓で使える道具としてのカトラリーを使用し、
食卓をちょっと楽しく、変化させてみてはいかがでしょうか。

本日は、菊地流架(きくちるか)さんのLue(ルー)による、
真鍮のカトラリーをご紹介いたします。

菊地さんは、岡山県瀬戸内市で、
真鍮素材を中心にカトラリー・雑貨・アクセサリー製作をおこなっています。
たたいたり切ったりと、ひとつひとつ丁寧に作られた作品には、
製作者の思いがしっかり詰まり、あたたかさを感じます。

真鍮は使っていくうちに、経年変化してゆくので、
使い込むほどに、なんとも言えない味わいをお楽しみいただけます。

それでは、Lueの食卓で使えるカトラリーを紹介させていただきたいと思います。

 
Lue スポーク

幅30×長さ170mm。
スプーンとフォークが一体となったスポークは、
日常使いはもちろん、アウトドアでも活躍しそうです。

5本セット(クリップ付) ¥6,480
単品 ¥1,296

 

Lue ディナースプーン

幅45×長さ195mm。
皿状の部分もたっぷりサイズで、
大さじとしても使うことができます。

3本セット(クリップ付) ¥4,536
単品 ¥1,512

 

Lue ディナーフォーク

幅30×長さ195mm。
股の部分も長く、
幅広い用途で使うことができます。

3本セット(クリップ付) ¥4,536
単品 ¥1,512

 

Lue ディナーナイフ

幅33×長さ205mm。
刃先の刃部分は、ギザギザと切れ込みが入っているので、
肉も魚も両方に使うことができます。

3本セット(クリップ付) ¥5,184
単品 ¥1,728

 

ディナーアイテムが各種気になる方には、
スプーン・フォーク・ナイフの3本セットのご用意もございます!

Lue ディナーセット

1本ずつ、3本重ねてクリップで止め、
スタックすることもできます!

3本セット(クリップ付) ¥4,752


クリップには、全てLueのロゴが。

日々使いながら、変化を楽しめるカトラリー。
ご自身の手で育ててみてはいかがでしょうか。

ご覧のとおり、経年変化したカトラリーは、深みが増してきますね。
丁寧に使い続けたいです。

共に時を重ねられるカトラリーはギフトにもピッタリです。
ラッピンクも無料で承っておりますので、お気軽にお申し付けください。

経年変化やお手入れの楽しみ方はこちらをクリック。

Kirico*Kilico ラインナップ追加!

こんにちは、メトロクス・オノデラです。

メトロクスでの不動の人気を誇る
吉田順子さんによる江戸切子のブランド Kirico*Kilico

これからの季節はもちろん、季節問わず使用できるアイテムが
メトロクスのラインナップに追加となりました!

まずは、使い方いろいろ、Sボウル。
ちょっとしたおつまみやおかずを入れるのにちょうどよいサイズ。


ひし模様 紫・青


クローバー 紫・青
シロツメクサもクローバーといっしょにあしらわれてます。

 

次は、Vタンブラー。
スマートなフォルムのタンブラー。


ふた葉 紫・青
芽がにょきにょき、たくさん生えています。


つながる小玉 紫・赤
小玉がひとつひとつ表情が異なります。
小さな小玉、大きな小玉、フロストの小玉、きらきらに磨かれた小玉。


水玉と2本線 紫・赤
こちらの水玉も、フロストの水玉ときらきらに磨かれた水玉の
2種類の表情をお楽しみいただけます。

 

次は、Vオールド。
飲み口が広いので、大きな氷も入ります。


丸い葉っぱ 紫・青


ヨーヨー 紫・赤
ヨーヨーです!
シンプルで潔い模様が人気の柄。


花と実 紫・赤

 

次は、これからの季節に活躍する冷酒杯。


冷酒杯 かざぐるま 紫・青


冷酒杯 つながる小玉 紫・青

 

そして、片口とぐいのみ。


片口 ひし模様 紫
Uぐいのみ ひし模様 紫

 

最後は、透明色のうすはりとおちょこ。


8ozオールド クリア 松葉
ぐいのみ クリア 松葉

 

たくさんのラインナップが仲間入りしました。
見ても使ってもたのしい吉田順子さんの江戸切子。

涼しげな器で、気分もさわやか。
これからの梅雨を乗りきりましょう。

コレクションマーケット オールド切子紹介

こんにちは。 メトロクス・タカハシです。
今週で最終週となりました、コレクションマーケットですが、まだまだアイテムは
残っています。特にオールド切子は会期中しかお見せすることができない商品なので
是非、ご覧頂ければと思います。
オールド切子
【初めにオールド切子とは何か?】
「オールド切子」という名称はメトロクスが名づけたもので、昭和初期から
昭和40年代ごろに作られたヴィンテージの江戸切子のコレクションです。
この時期に作られた切子は草花など日常的なものにモチーフを求めた繊細で
日本情緒が感じられる作品が多いことが特徴です。
数十年経た現在も、色褪せない魅力を兼ね揃えている。
そういう作品を選びコレクションしてきました。

オールド切子 深鉢
■オールド切子 No.82 大鉢 青
深く吸い込まれるようなブルーが美しい作品です。
花をモチーフにしたカットは柔らかく、どことなく吉田順子さんの切子と
同じ空気感をまとっているようにも感じられます。
氷を浮かべて素麺の器として使っても涼しげです。
価格:¥10,800(税込)

切子 大皿
■オールド切子 No.80 大皿 赤
先程の大鉢と比べるとかなり大胆なカットが特徴です。
一見すると相反するような花の繊細なカットとの調和が見事に取れた大皿です。
芸術性が高く、観賞用として飾っておくのもいいかもしれません。
価格:¥16,200(税込)

切子 大鉢
■オールド切子 No.77 大鉢 青
最初の大鉢と比べると、直線的な鋭いカットが目立ちます。
同じブルーでも色被せガラスの厚さによって色の出方が異なり、こちらはややくすんだ
ブルーです。 色合いでは最初の大鉢に劣りますが、カットの細かさで、
ポテンシャルを引き出している作品でしょう。
価格:¥16,200(税込)

切子 大鉢
■オールド切子 No.76 大鉢 赤
色被せガラスが厚く、色相の低いレッドのグラデーションが落ち着いた大鉢です。
放射状に広がったカットの力強さが他の作品にはない個性的な作品です。
価格:¥10,800(税込)

切子 タンブラー
■オールド切子 No.31 タンブラー 青
底から縁にかけてのブルーのグラデーションが涼しげです。
このタンブラーは他の切子と違い、色被せガラスの手法を取らずに、
グラスに直接カットを施しています。これは、忙しい職人が時間が空いた時に
普段使いや安価な品として販売する為に作った「花切子」と呼ばれるものです。
価格:¥1,620(税込)

切子 タンブラー
■オールド切子 No.45 タンブラー 赤
こちらはオーソドックスなカットが施されたタンブラーです。
下の方のオヴァール型のカットは光のあたる角度で輝きシンプルながら
素敵な表情を浮かべます。
価格:¥2,700(税込)

切子 水差し
■オールド切子 No.5(赤)、9(青) 水差し
オヴァール型のカットは時代を問わないとてもモダンなモチーフです。
下に行くにつれ繋がっていく所も面白い作品です。
凹レンズ上にカットされた部分に反射して裏側のカットが浮かび上がってきます。
価格:各¥4,320(税込)

今回は、人気の大鉢を中心に紹介していきましたが、タンブラー、水差しもこの他にも
多く取り揃えております。

オールド切子一覧
オンラインショップには掲載の無い商品の為、お店にお越し頂くことが難しい
お客様にはメール、お電話にてご注文をお受けすることも可能ですので、
気になる商品がございましたらお気軽にお問合せ下さい。

お問い合わせ先:
メール:tokyo@metrocs.jp
お電話:03-5777-5866

コレクションマーケット開催中

こんにちは。メトロクス・シンカイです。

16日から開催しているエキシビジョン コレクションマーケットの中から、
今回は、30~40年代の切子ガラスコレクション
オールド切子」をご紹介させていただきます。

江戸切子 アンティークガラス 切子ガラス

光を包み、やわらかな色彩を放つ切子は、
鮮やかで美しく、切子最大の魅力となっております。

江戸切子 アンティークガラス 切子ガラス

深くすいこまれそうな青。小さめのグラスです。
52.タンブラー 青 ¥2,700

江戸切子 アンティークガラス 切子ガラス

朝焼け色に染まった美しい器
79.大皿 赤 ¥9,720

江戸切子 アンティークガラス 切子ガラス

淡くやわらかい、透き通る蒼
69.お猪口 水色 各¥864

 

いずれの商品もお電話・メールでのご注文も可能です。
お気軽にお問い合わせください。

この他にもデザインやカラー含め、全部で約60種類、120点以上のご用意がございます。

合わせて古いデザイン本も、店舗の一角にスペースを設け、300冊の書籍を一同に展示しています。
COLLECTION MARKET オールド切子と建築・デザインの本

コレクションマーケットは5月30日まで!!

リニューアルした、メトロクス東京に是非ご来店ください。

古き良き時代の名作が並ぶ、コレクションマーケットと共に、
お待ちしております。

ハラダマホさんの練り上げの器 新作登場!

こんにちは。メトロクス・オノデラです。

練り上げ作家 ハラダマホさんの器に、
新しい柄が仲間入りしました。

「サザナミ」という柄のカップをご紹介します。

ハラダマホさんの独特の色使いと
グラフィカルな斜線のしま模様がおもしろい「サザナミ」。

上から覗き込むと・・・

なんとも不思議な模様。
花びらのようにも見えます。
中に吸い込まれそう。

底面は、器を成型する工程でできる
おなじみのぐるぐる模様。
※成型工程のブログはこちらから!

飲み口の厚みの部分にも、しっかりと模様がついています。
色粘土を積み上げて模様をつくる練り上げならではの表情ですね。

カップ(サザナミ)
上代:5,400円(税込)

「サザナミ」はまだオンラインショップでの掲載はありませんが、
近日中にお目見え予定。
メトロクス東京の店頭にはひと足早く展示しておりますので、
どうぞお気軽にお問合せください!

ハラダマホさんのカップ、
わたしはとても好きで、いろいろな用途に使用しています。

湯呑として・・・


カップ(豆の木)

小鉢として・・・


カップ(華)

多肉などを植えれば、
鉢植えとしても使えますよ!


カップ(白樺)

使い方いろいろ。
楽しみ方もいろいろです。