Blog Archives

Date:17/3/14

こんにちは、メトロクス・フクオカです。
本日はイベントのご案内です。

d-min

エヌクラフツでも人気の練り上げ作家・ハラダマホさんの個展を
メトロクス東京にて開催いたします。
会期は3月17日(金)~25(土)まで。
今回もメトロクス初登場のうつわやお皿が並びます。

 

 

c-min

b-min

四角皿やカップなどの人気アイテムのほか、
大鉢やパスタ皿、豆皿や箸置きなどなど、なんと合計100点以上!
ぜひお気に入りを見つけてください。

 

ハラダマホ展限定 ご購入特典

a-min

こちらは非売品の豆皿。
会期中にハラダさんの作品を10,800円以上お買い上げの方、
先着25名様にプレゼント!7種類からお選びいただけます。
非売品と聞けば欲しくなってしまうもの。
わたしたちも喉から手が出るほど欲しいのですが、
今回のイベント用にハラダさんに作っていただいたものなので、我慢です・・・

 

18(土)・19(日)にはハラダマホさんがメトロクス東京に在廊してくださいます。
ハラダさんの穏やかな雰囲気とおもしろトークで、
ゆるりと滞在していただける空間になると思います。
ぜひ、足をお運びください。お待ちしております。
(あ!人気アイテムはいつもすぐに売れてしまいますので、早めに来てくださいね!)

 

メトロクス東京
〒105-0004 東京都港区新橋6丁目18-2
TEL 03-5777-5866
お問い合わせ tokyo@metrocs.jp


都営三田線「御成門駅」徒歩2分
都営浅草線「大門駅」徒歩9分
JR、東京メトロ銀座線「新橋駅」徒歩10分

Date:17/3/7

こんにちは、メトロクス・タカダです。

お待たせいたしました。
しばらく欠品しておりました、陶鉄器が入荷してまいりました。

今ならすべての型の在庫をご用意しておりますので
ご検討されていた方は、お早めにどうぞ!

image_002
陶鉄器 ¥3,780(税込)

こちらは岩手県盛岡市で100年以上の歴史のある南部鉄器の老舗工房「釜定」にて
1960年代に製造・販売されていました。

image_0005
こちらはその当時の釜定のカタログです。

一度は生産終了となりましたが、6年前、東北地方を襲った震災の
復興支援プロジェクトとして、メトロクスで企画が持ち上がり
再び釜定から復刻する運びとなりました。

※復刻の経緯は過去のブログにてご紹介しておりますのでこちらからどうぞ。
※現在は寄付・支援は終了しております。

復刻にあたり陶製の器部分は、日本を代表する陶磁器メーカーのひとつである
セラミックジャパンにお願いしています。
ちなみに、当時は、器の部分を白山陶器で製造していました。

kmsd159705

裏側にはメトロクス・釜定・セラミックジャパンの3社、
それぞれのロゴマークが印字されています。

kmsd159702

型は5種類。左上から時計回りにm型、g型、h型、f型、l型。

kmsd159701

南部鉄器のもつ重厚感と陶器のもつすっきりとした質感のコンビネーションが美しく
そのまま飾っていただいても、良いかもしれませんが
香炉、花器、小物入れなど、幅広くお使いいただくことが出来ます。

歴史ある伝統工芸品でありながらも、そのモダンなデザインは
どこか新しさも感じられます。

雑誌のスタイリングなどでもたびたび使用されています。

image_001

『PROUD Vol83』より
スタイリスト:中林友紀さん

現在、釜定の製品は、アイテムによっては1年待ちという状況で、
国内外から大変注目が集まっている人気の工房さんです。

image0003

専用のギフトボックス入りなので、プレゼントとしてもおすすめです。

是非、すぐに商品をお渡しできるこの機会に
手に入れてみてはいかがでしょうか。

Date:17/2/28

こんにちは。メトロクス・オノデラです。

先週24日(金)の夜、メトロクスのスタッフみんなで
虎ノ門ヒルズ前で開催されている
『旅する新虎マーケット』のプレオープンイベントに行ってきました!

tabi_001

『旅する新虎マーケット』は、3か月ごとのテーマに沿って、
5つの自治体が入れ替わりで、日本全国の魅力を伝えていくイベントです。

新橋と虎ノ門をつなぐ新虎通りの道沿いに
出店自治体の特産物を食べたり飲んだりできる「旅するスタンド」「旅するカフェ」や
その土地と風土に生まれた郷土品などの旅の手土産を厳選した「旅するストア」が
期間限定で立ち並んでいます。
(くわしくはこちらから・・・)

tabi_002

2月~6月までは、山形市、湯河原市、高岡市、宇部市、今治市が参加しています。

tabi_003

「旅するストア」の山形ブースには、
1907年に山形県で創業した籐製品加工メーカー、
メトロクスも大変お世話になっている
ツルヤ商店さんが出店されています!

tabi_004

ツルヤ商店の会田社長も山形からいらっしゃっていました!
メトロクス×トラフ建築設計事務所×ツルヤ商店で製作した
籐フレームのウォールミラー「wawa」や
小野里奈さんがデザインされた
脱衣かごシリーズ「ハイル」も展示されていましたよ。

tabi_005

tabi_006

この日はツルヤ商店の会田社長が「ハイル」の実演販売をされていました!

tabi_008

他にも・・・

山形の郷土品のこけしや・・・

tabi_010

高岡の鋳物メーカー高田製作所のアイテムに・・・

tabi_011

「旅するストア」をプロデュースされている伊勢丹三越関連商品として、
猪熊弦一郎さんデザインの、三越でおなじみ「華ひらく」模様のアイテムも購入できます。
富山の桂樹舎とコラボした名刺入れやブックカバーもありました。

tabi_012

ストア内の照明もすてき。

tabi_009

『旅する新虎マーケット』は、メトロクス東京からは徒歩10分!
じつはとてもご近所なのです!!!

『旅する新虎マーケット』に行かれる際は、
メトロクスにもあそびにきてください~!!

「旅するスタンド」では、宇部のハンバーガーや高岡のおでんなど、
気になるグルメも盛りだくさんですよ。

保存

Date:17/2/21

1

こんにちは。メトロクス・フクオカです。

本日は、桂樹舎の「小物入れ」について取り上げてみます。

ひとくちに「小物入れ」と言っても大小、用途も様々ですよね。

 

2

今日ご紹介する桂樹舎の「小物入れ」は、直径21cm、高さ19.2cm。

フタも無いし、果たしてこれは「小物入れ」なのか?というサイズ感。

「ゴミ箱」って言っちゃった方が、なんだかしっくりくるんですよね。

でも、このピンと来ないサイズ、実生活に落とし込んでみると、意外と重宝しています。

 

3

我が家では、リビングで手の届くところに置いておきたいけれども

目に入れたくないものを、この「小物入れ」に入れています。

読みかけの雑誌やカタログ、ハンディモップ、ルームスプレー、家電のリモコン、
あと、なんかコマゴマしたもの・・・

直径21cmの大口だから、こういったものをドサっと入れて、サッと取り出せるわけです。

ソファの脇に置くようになってから、部屋がすっきりと、
気になっていた生活感を隠せるようになりました。

サイズ的にはスリッパ入れとしてもちょうど良いと思います。

 

4

紙管と呼ばれる紙の筒に和紙が貼り付けられているので、しっかりとした作り。

内側は固くコーティングされていて、爪で叩くとカチカチと音がするほど。
少量の水滴なら問題ありません。

 

6

他のインテリアと和柄の相性ですが、桂樹舎のアイテムはゴリゴリの和柄ではない、
洗練されたモダンな柄なので、思いのほかすんなりと馴染むはずです。

商品ページ(一覧)はこちら

 

5

これはペン立てと楊枝立て。こうやってみると和柄という感じがないですよね。

楊枝立ては、印鑑立てとしても良いサイズ。

桂樹舎の雑貨アイテムは定番品ではないのですが、少しだけ取り扱っています。
今日ご紹介したものの他に、カードケースやブックカバーなどもあります。
ぜひ手にとってご覧ください。

取り扱い店舗:メトロクス東京
商品ページ(一覧)はこちら

Date:17/2/14

こんにちは。メトロクス・オノデラです。

さっそくですが、実際に私が使用してみた感想です。

・普段使いでもおもてなしにも使える便利な器。
・和洋中、どんな料理もおいしそうに見える器。
・どんな食器とも合わせやすい器。
・伝統的な形なのに、モダンで使いやすい器。
・デザイン、品質、価格のバランスよし。
・自分で使うにもよし。大切な人に贈るにもよし。

そんな褒められ上手の器の正体とは・・・

「皆が集まる心穏やかな時間に添えるうつわ」をコンセプトにつくられた質感の異なる4つの鉢。
その名も「つどい鉢」です。

つどい鉢集合

つどい鉢集合_01

デザインは、東北芸工大出身で、現在多くのクラフトのプロジェクトでご活躍されている
小野里奈さんデザインによるもの。
古くから作られてきた器を、現代の食卓の風景に馴染むよう再考して制作されました。

デザインがよいだけだなく、品質が確かなのもこの器のよいところ。
岐阜県の美濃焼メーカーの中でも技術の高い、”小田陶器”と”深山”により、
素材や焼成温度などにもこだわり製造されています。

それぞれの鉢に施された釉薬は、
同じ鉢であっても、ひとつひとつ表情が異なるように仕上げられています。

お求めやすい価格帯も魅力のひとつ。
伝統技術に裏打ちされた確かな品質と、お手頃価格を両方兼ね備えることは、
個人の作家さんではなかなか難しく、メーカーでの製造だからこそ成せるメリットです。

実際に「つどい鉢」を使用したところを撮影してみました。

鉄くろ釉木瓜浅鉢_01

鉄くろ釉木瓜浅鉢_02
鉄くろ釉 木瓜浅鉢
幅:25cm 奥行25cm 高さ:3cm
¥5,400(税込)

赤飴釉鉄鉢_01

赤飴釉鉄鉢_02
赤飴釉 鉄鉢
直径:23cm 高さ:5.3cm
¥4,320(税込)

寂からし釉八角鉢_01

寂からし釉八角鉢_02
寂がらし釉 八角鉢
幅:18cm 奥行:18cm 高さ:50
¥3,240(税込)

淡青白釉輪花長鉢_01

淡青白釉輪花長鉢_02
淡青白釉 輪花長鉢
幅:33.5cm 奥行:21cm 高さ:5cm
¥5,400(税込)

つどい鉢集合_02

サラダも茹で野菜もお稲荷さんも、ずいぶん立派になりました。

パッケージ

上品な化粧箱入りなので、贈り物としての人気も高い「つどい鉢」。

つどい鉢は、4種類ともメトロクス東京の店頭に並んでいます。
とくに、「鉄くろ釉 木瓜浅鉢」は、写真では黒っぽくみえますが、深い緑色をしています。
実物の方が格段に素敵なので、ぜひ手に取ってご覧いただきたい逸品です!