新橋のお昼事情:四季保坊(しきぼうほう)~2015~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

こんにちは。
メトロクス・オノデラです。

本日は、「新橋のお昼事情」シリーズ!

第1回:荒井商店 ~ペルー料理~
第2回:すいす ~洋食~
第3回:四季保坊(しきぼうほう) ~中華料理~
第4回:国際文化会館 ~フレンチ?~
第5回:ビーフン東 ~台湾料理~
第6回:和楽 ~定食~
第7回:味芳斎 ~中華薬膳料理~

と続いてまいりまして、
じつに3年半ぶりの復活です!

第8回目を飾るのは、
2回目の登場、四季保坊(しきぼうほう) さんです!

前回ブログを書いたのは、2010年の8月。
それからも相変わらずの人気を誇る四季保坊(しきぼうほう) さん。
いつ何時、どのメニューを食べても、安定のおいしさ。

新橋駅から徒歩5分。
メトロクスからは徒歩8分くらい?

メトロクスでは、ランチにとどまらず、催事の打ち上げや、
たびたび開催されるスタッフとの飲み会の会場としても
重宝させていただいている、行きつけの中華料理屋です!

前回ブログでは、とびきりおいしい土鍋ご飯をご紹介しましたが、
本日は、最近のわたしのお気に入り、

焼き餃子定食!!

餃子マニアの方でも、きっとおいしいとおっしゃっていただけるはずです!

まずは、定番のジョッキのウーロン茶とザーサイ。
思わず向かいに座っている与田と乾杯したくなりました。

そしてスープ。
少しとろみのあるこれまた定番の野菜中華スープ。
やさしいお味です。

そして、やってきました、
餃子!!!
もちろん焼き立てあつあつ!

餃子とあわせて、餃子の特製だれがついてくるのですが、
このたれが、やみつき。

餃子のたれは、見た目が真っ赤なので、激辛かと思われがちですが、
ところがどっこいです。
餃子にもライスにも合う、甘辛すっぱい絶妙な味わい。
自家製ラー油に醤油や酢、砂糖、薬味などを加えてできているそうです。
とにかくご飯が進みます!
餃子ライス好きとしては非常にありがたい一品。

こんなふうに、餃子をドボンとたっぷりとたれにつけて食べます。

ようやくライスが到着しました。

撮影しなければならないことを忘れて、
餃子1つをフライングで食べてしまいました。
こちらの画像には7個しか餃子が写っていませんが、
本来は8個ついてきます。

価格は、
餃子8個、ライス、スープ、搾菜、ウーロン茶のセットで、
787円!

ほんとにおいしいのです。

もちろん餃子自体も、そのまま食べてもしっかりおいしいです。
具は、豚肉、白菜、干しエビ、干しシイタケ、山くらげ、ニラなど。
皮はパリパリ。具はしっとりとした食感で味わい深いです。
注文してから、焼き上げてくれるので、
いつでも焼き立てを食べられます。

餃子に敬意を表して、餃子のひだひだもパシャリ。
手作り感あふれる、愛情のこもった餃子です。

こちらの四季保坊(しきぼうほう)さんのランチ営業は、
11:30から15:00まで。
土日も営業しています!

四季保坊(しきぼうほう)
東京都港区新橋2-9-16 米倉屋ビル 1F
TEL:03-3503-4560

メトロクスにいらっしゃって、おなかがすいた際には、
ぜひ四季保坊(しきぼうほう)さんの餃子定食を!!

おまけ

四季保坊(しきぼうほう)さんの杏仁豆腐。

さっぱりのつるりん系。