新橋のお昼事情:ビーフン東

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

こんにちは。
ホールセールス事業部 および お昼ご飯部隊長の小野寺です。

今回で第5回目となりました、新橋のお昼事情シリーズ。
本日は、由緒ある老舗の台湾料理屋、「ビーフン東(あずま)」さん。

新橋駅の汐留側の出口の正面にそびえる「新橋駅前ビル1号館」。
1960年代に建てられた、歴史あるビルの中にあります。
クラシカルで雰囲気のある建物です。

「ビーフン東」は2階。

よくみると、お店のウィンドウ面には「東」をモチーフにした文様が描かれています。
「東東東・・・」。

主役のビーフンは、炒めビーフンと汁ビーフンがあります。
私はいつも炒めビーフン小盛と、ちまきを食べます。

炒めビーフンはにんにく醤油を少しかけていただきます。
ビーフンもおいしいのですが、
私はとくに、ちまきがお気に入りです。
こんなにおいしいちまきを食べたのは初めて と言ってもよいほどです。
具は、豚肉 と 椎茸 と うずらの卵 に ピーナッツ。
ごろん とビックサイズ!

よく見ると、お皿にも、金色の「東東東・・・」。

食前に出されるジャスミンティーも濃くておいしいし、
葱たっぷりの中華スープや付け合せのザーサイもきちんとおいしいです。

そして、何より、私が「ビーフン東」さんを好きな理由は、
いつも清潔で、きれいに整理整頓された厨房の中で、数名の職人さんたちが、
いつも、きびきび と手際よく仕事されている姿が気持ちよいことです。
こういうお店に行くと、午後から仕事がんばろう と、力が出ます。

このブログを書くために「ビーフン東」さんをよくよく調べてみたら、
なんと、美食家としても知られる作家の池波正太郎さんをはじめ、
皇室や各界の著名人に広く愛されるお店なのだそうです。
失礼致しました。

この事実を知り、ますます「ビーフン東」ファン。

今日もお昼ご飯に満足。
幸せなひととき。ごちそうさまでした。

おまけ

ビーフン東さんに飾られていた、白黒2匹の招き猫。
2匹ともいい顔しています。
かわいくて思わず激写。
2匹仲良く並んで、ブックエンドになってしまっています。