カレンダーなのに「実用的」じゃない?ひと味違ったアートピース

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

芹沢銈介カレンダー2018

こんにちは、メトロクス・フクオカです。
今年もカレンダー入荷の季節がやってきました!

 

芹沢銈介 卓上カレンダー

毎年大人気の芹沢銈介 卓上カレンダー、たっぷり入荷済みです。
染色工芸家で人間国宝でもある芹沢銈介の図案を用いたカラフルで目にもたのしいカレンダー。毎月違う図案が12ヶ月分。しかも毎年違う図案が採用されています。芹沢銈介氏は一体どれだけの図案を残しているのでしょう・・・?

 

芹沢銈介 卓上カレンダー

大きく「Calender 2018」と描いてあるのはパッケージ。裏面にはこのカレンダーの歴史や特徴が記されていますので、ギフトとしてもおすすめのアイテムです。はがきサイズで手軽に芹沢芸術をたのしめます。

 

芹沢銈介 卓上カレンダー

 

中でもお気に入りの図柄をご紹介させていただきます。

芹沢銈介 卓上カレンダー

5月:ユニークな表情のお面?少しくすっとしてしまう図案です。

 

芹沢銈介 卓上カレンダー

8月:日付の数字が縞模様。視認性を重視するカレンダーにはなかなか無かった発想で唸らされました。

実用的なカレンダーとはひと味違った、アートのような卓上カレンダー。ぜひお手にとってみてください。メトロクス東京でご覧いただけます。
オンラインショップはこちら → 芹沢模様 卓上カレンダー2018