0年 0月 の投稿一覧

『旅する新虎マーケット』へ!

こんにちは。メトロクス・オノデラです。

先週24日(金)の夜、メトロクスのスタッフみんなで
虎ノ門ヒルズ前で開催されている
旅する新虎マーケット』のプレオープンイベントに行ってきました!

tabi_001

旅する新虎マーケット』は、3か月ごとのテーマに沿って、
5つの自治体が入れ替わりで、日本全国の魅力を伝えていくイベントです。

新橋と虎ノ門をつなぐ新虎通りの道沿いに
出店自治体の特産物を食べたり飲んだりできる「旅するスタンド」「旅するカフェ」や
その土地と風土に生まれた郷土品などの旅の手土産を厳選した「旅するストア」が
期間限定で立ち並んでいます。
(くわしくはこちらから・・・)

tabi_002

2月~6月までは、山形市、湯河原市、高岡市、宇部市、今治市が参加しています。

tabi_003

「旅するストア」の山形ブースには、
1907年に山形県で創業した籐製品加工メーカー、
メトロクスも大変お世話になっている
ツルヤ商店さんが出店されています!

tabi_004

ツルヤ商店の会田社長も山形からいらっしゃっていました!
メトロクス×トラフ建築設計事務所×ツルヤ商店で製作した
籐フレームのウォールミラー「wawa」や
小野里奈さんがデザインされた
脱衣かごシリーズ「ハイル」も展示されていましたよ。

tabi_005

tabi_006

この日はツルヤ商店の会田社長が「ハイル」の実演販売をされていました!

tabi_008

他にも・・・

山形の郷土品のこけしや・・・

tabi_010

高岡の鋳物メーカー高田製作所のアイテムに・・・

tabi_011

「旅するストア」をプロデュースされている伊勢丹三越関連商品として、
猪熊弦一郎さんデザインの、三越でおなじみ「華ひらく」模様のアイテムも購入できます。
富山の桂樹舎とコラボした名刺入れやブックカバーもありました。

tabi_012

ストア内の照明もすてき。

tabi_009

『旅する新虎マーケット』は、メトロクス東京からは徒歩10分!
じつはとてもご近所なのです!!!

『旅する新虎マーケット』に行かれる際は、
メトロクスにもあそびにきてください~!!

「旅するスタンド」では、宇部のハンバーガーや高岡のおでんなど、
気になるグルメも盛りだくさんですよ。

保存

生活感を出したくないところに

1

こんにちは。メトロクス・フクオカです。

本日は、桂樹舎の「小物入れ」について取り上げてみます。

ひとくちに「小物入れ」と言っても大小、用途も様々ですよね。

 

2

今日ご紹介する桂樹舎の「小物入れ」は、直径21cm、高さ19.2cm。

フタも無いし、果たしてこれは「小物入れ」なのか?というサイズ感。

「ゴミ箱」って言っちゃった方が、なんだかしっくりくるんですよね。

でも、このピンと来ないサイズ、実生活に落とし込んでみると、意外と重宝しています。

 

3

我が家では、リビングで手の届くところに置いておきたいけれども

目に入れたくないものを、この「小物入れ」に入れています。

読みかけの雑誌やカタログ、ハンディモップ、ルームスプレー、家電のリモコン、
あと、なんかコマゴマしたもの・・・

直径21cmの大口だから、こういったものをドサっと入れて、サッと取り出せるわけです。

ソファの脇に置くようになってから、部屋がすっきりと、
気になっていた生活感を隠せるようになりました。

サイズ的にはスリッパ入れとしてもちょうど良いと思います。

 

4

紙管と呼ばれる紙の筒に和紙が貼り付けられているので、しっかりとした作り。

内側は固くコーティングされていて、爪で叩くとカチカチと音がするほど。
少量の水滴なら問題ありません。

 

6

他のインテリアと和柄の相性ですが、桂樹舎のアイテムはゴリゴリの和柄ではない、
洗練されたモダンな柄なので、思いのほかすんなりと馴染むはずです。

商品ページ(一覧)はこちら

 

5

これはペン立て楊枝立て。こうやってみると和柄という感じがないですよね。

楊枝立ては、印鑑立てとしても良いサイズ。

桂樹舎の雑貨アイテムは定番品ではないのですが、少しだけ取り扱っています。
今日ご紹介したものの他に、カードケースやブックカバーなどもあります。
ぜひ手にとってご覧ください。

取り扱い店舗:メトロクス東京
商品ページ(一覧)はこちら

日常使いに、おもてなしに、贈り物に。使い勝手のよい器。

こんにちは。メトロクス・オノデラです。

さっそくですが、実際に私が使用してみた感想です。

・普段使いでもおもてなしにも使える便利な器。
・和洋中、どんな料理もおいしそうに見える器。
・どんな食器とも合わせやすい器。
・伝統的な形なのに、モダンで使いやすい器。
・デザイン、品質、価格のバランスよし。
・自分で使うにもよし。大切な人に贈るにもよし。

そんな褒められ上手の器の正体とは・・・

「皆が集まる心穏やかな時間に添えるうつわ」をコンセプトにつくられた質感の異なる4つの鉢。
その名も「つどい鉢」です。

つどい鉢集合

つどい鉢集合_01

デザインは、東北芸工大出身で、現在多くのクラフトのプロジェクトでご活躍されている
小野里奈さんデザインによるもの。
古くから作られてきた器を、現代の食卓の風景に馴染むよう再考して制作されました。

デザインがよいだけだなく、品質が確かなのもこの器のよいところ。
岐阜県の美濃焼メーカーの中でも技術の高い、”小田陶器”と”深山”により、
素材や焼成温度などにもこだわり製造されています。

それぞれの鉢に施された釉薬は、
同じ鉢であっても、ひとつひとつ表情が異なるように仕上げられています。

お求めやすい価格帯も魅力のひとつ。
伝統技術に裏打ちされた確かな品質と、お手頃価格を両方兼ね備えることは、
個人の作家さんではなかなか難しく、メーカーでの製造だからこそ成せるメリットです。

実際に「つどい鉢」を使用したところを撮影してみました。

鉄くろ釉木瓜浅鉢_01

鉄くろ釉木瓜浅鉢_02
鉄くろ釉 木瓜浅鉢
幅:25cm 奥行25cm 高さ:3cm
¥5,400(税込)

赤飴釉鉄鉢_01

赤飴釉鉄鉢_02
赤飴釉 鉄鉢
直径:23cm 高さ:5.3cm
¥4,320(税込)

寂からし釉八角鉢_01

寂からし釉八角鉢_02
寂がらし釉 八角鉢
幅:18cm 奥行:18cm 高さ:50
¥3,240(税込)

淡青白釉輪花長鉢_01

淡青白釉輪花長鉢_02
淡青白釉 輪花長鉢
幅:33.5cm 奥行:21cm 高さ:5cm
¥5,400(税込)

つどい鉢集合_02

サラダも茹で野菜もお稲荷さんも、ずいぶん立派になりました。

パッケージ

上品な化粧箱入りなので、贈り物としての人気も高い「つどい鉢」。

つどい鉢は、4種類ともメトロクス東京の店頭に並んでいます。
とくに、「鉄くろ釉 木瓜浅鉢」は、写真では黒っぽくみえますが、深い緑色をしています。
実物の方が格段に素敵なので、ぜひ手に取ってご覧いただきたい逸品です!

毎日使いたい木のうつわ

こんにちは。メトロクス・タコウです。

本日は、毎日使いたくなる木のうつわをご紹介します。
買い替えや買い足しの参考にしてみてくださいね。

まずは、石川県の伝統的な山中漆器のメーカー、畑漆器店による
「卯之松」シリーズの飯椀汁椀

卯之松 汁椀

20170207_1

卯之松シリーズは、畑漆器店が民具としての器の原点として作ったシリーズ。
拭漆独特の風合いの飴色、深みのある小豆色、木目の美しさを活かした木肌の
3種類が飯椀と汁椀それぞれにあります。

私は汁椀の飴色を持っていますが、本当に使いやすい。

20170207_2_1

いくつか持っているお椀の中でも、気取らない素朴な形は何にでも合わせやすく、
気付いたら手に取ってしまう出番の多いお椀です。

美しい艶がありながら木目が透ける拭き漆の仕上げは、
普段使いにはもちろん、ちょっとかしこまった食卓にも使えます。


卯之松 飯椀

hata2833b

飯椀は汁椀より浅めのつくり。
クリアのウレタン塗装の木肌色は、拭き漆より軽やかな印象です。

ブログを書いていたら、すごく欲しくなってきました。
洋風のおかずだけど、ごはんが食べたい…でもいつものお茶碗が
なんだかしっくりこない…っていうときに木肌は絶対使えると思います。

 

続いては、こちらも山中漆器の老舗・喜八工房の樫椀。


喜八工房 樫椀

20170207_3_1

G型U型Y型の3種類があります。

それぞれのアルファベットの文字をかたどったようなモダンなフォルムと
「虎斑(とらふ)」と呼ばれる虎の横縞のような力強い木目が特徴です。

家族で好きな形を選んでも、木目が印象的なので統一感があります。

木目を引き立てるマットなウレタン塗装仕上げで、
手触りもするすると滑らか。水切れも良く、お手入れもラクチンです。

20170207_4

高台が小さく美しい形は、汁物だけでなく、副菜にもぴったり。

存在感のあるお椀なので、贈り物にもオススメです。もちろん、専用箱入り。

20170207_6

実は外国の方にもとても好評で、海外の展示会ではいつも大人気!

 

ご紹介した以外にもいくつか取り扱いがありますので、用途に応じて使い分けても。
毎日使うものだからこそ、お気に入りを見つけたいですね。

保存