0年 0月 の投稿一覧

銀座・手仕事直売所のお知らせ

こんにちは、メトロクス・タカハシです。

本日のクラフトブログは松屋銀座で9月28日(水)~10月3日(月)まで開催される
銀座・手仕事直売所のお知らせです。全国各地の作家やクラフトマン、職人、
デザイナーたちが松屋銀座に集まり、それぞれの手仕事を直接お客様に
ご紹介する催事です。今回でなんと8回目の開催となるようで、クラフトファンに
とっては恒例のイベントかもしれませんね。

銀座・手仕事直売所
直接の関係はありませんが、メトロクスで取り扱っている作家さんが多数出展されて
おりますので、クラフトブログでもさわりだけご紹介したいと思います。

ウォールミラー「wawa」

Photo:Masatoshi Takahashi, Styling:Yumi Nakata

出展される作家さん、工房の中には先日、メトロクスで発売したウォールミラー
「wawa」の籐のフレーム部分を作って頂いているツルヤ商店さんも出展されます。
ホームページでは「ハイル」シリーズの脱衣籠が紹介されていますが、
他にはどんな製品が並ぶのか今から楽しみです。

伊藤丈浩「スリップウェア」
また、人気でなかなか、手に入らなくなっている伊藤丈浩さんも出展されるようです。
伊藤さんといえば、2011年にメトロクスでもスリップウェアのワークショップ
開催したことがありました。また、メトロクスでもイベントを開催したいものです。

スリップウェア製作工程
伊藤さんは会場でスリップウェアの実演を行われるそうなので
これは見逃せません。画像は以前、伊藤さんの工房に取材に行ったときに
撮影した物ですが、実際に模様が描かれる工程を見る機会はなかなかないかと思います。
今回は、実演販売ということで、お客様が実際に挑戦することはできないと
思いますが、見るだけでもとても面白そうですね!

鋳心ノ工房
他にも、山形の鋳心ノ工房さん(鋳物)も出展予定です。
作家さんと直接お話しできるいい機会ですので、是非足を運ばれてください。
人気作家の作品はおそらく、早々に無くなってしまうと思いますので、お早めにどうぞ。

——————————————————————————————–

銀座・手仕事直売所
会期:2016年9月28日(水)-10月3日(月) <最終日17:30閉場>
場所:松屋銀座 8階イベントスクエア

ジャパニーズモダンの照明

6

こんにちは、メトロクス・フクオカです。
この夏、SKランプに新作が登場し、計3種類となりました。
メトロクス東京店にてすべて展示中ですので、実際にご覧いただけます。

0

左の2つが新作「鐘型」です。
小ぶりなタイプなので、複数個あわせてお使いいただくのがおすすめ。

1

トップの乳白色のアクリルと竹部分の繋ぎ目は、竹を編みながらアクリルを挟み込んでいて、
他の素材は一切使われていません。職人がなせる業です。

2

実際に電球が灯った雰囲気は、ぜひ店頭でお確かめください。
近くでみるほどに、職人の手仕事による精密度や美しさもよく見てとれると思います。

7
8

5
9
3
10

芹沢銈介カレンダー2017、入荷しました!

こんにちは。メトロクス・オノデラです。

秋刀魚がおいしい季節になりました。
あっという間に、
今年も残すところあと4ヶ月。。。

毎年、この時期の恒例、
来年2017年の 芹沢銈介の卓上カレンダーが発売になりました!

カレンダー

染色工芸家で人間国宝でもある芹沢銈介の図案を用いた
2017年度版の卓上カレンダー。
昭和21年から作られてきた、
和紙染めのカレンダーを縮小印刷した印刷普及版です。

さっそく2017年の絵柄を大公開。

2017serizawa

毎年、柄が違うので、
来年はどんな絵柄なのか、
たのしみにされている方も多いのでは?!
わたしもその一人です!

さて、メトロクス東京のショップでは、
現在、クラフト市「芹沢銈介と型染め」を開催中です。

クラフト市

上記でご紹介したカレンダーをはじめ、
芹沢銈介の型絵染の柄をほどこした小物が
店頭にずらりと並んでいます。

新商品の「のれん」もこのとおり。

のれん

大きさは、幅85×長さ120cm。
春夏秋冬の字文が、迫力あります。

東京店で取り扱っているのれん は全部で4種類。

芹沢のれん

オンラインショップでは、
幅85×長さ150cmの大きなサイズのものも取り扱っていますので、
気になる方は、ぜひのぞいてみてください。

その他に、ハンカチや風呂敷もあります。

展示風景_01

風呂敷

ハンカチ

非売品ですが、
芹沢銈介の関連書籍もご覧いただくことができます。

展示風景_02

芹沢全集

クラフト市「芹沢銈介と型染め」は、
9月17日(土)まで開催しています。
ぜひお立ち寄りくださいね。

ウィンドー

クラフト市「芹沢銈介と型染め」開催中

こんにちは。メトロクス・タカダです。

現在、メトロクスでは、クラフト市「芹沢銈介と型染め」を開催中。

main_image_0000_最終

日本の伝統的な染色技法である型染めを独自に発展させ、型絵染という
新たな技法を確立した芹沢銈介。
彼が図柄をデザインした風呂敷、ハンカチ、2017年度版の新作カレンダーなどの
アイテムを集積するほか、古くより型染めの技法を用いたものづくりを行う、
富山の和紙メーカー桂樹舎の小物入れ、名刺入れ、コインケース、クッションなど
型染めの柔らかな風合いを楽しめる小物アイテムをご用意いたしました。

9月17日(土)までの期間限定となっております。
モダンな図柄と鮮やかな色合いを、手に取ってお楽しみいただけます。

今日は、そんな中から、富山県の和紙加工メーカー桂樹舎の商品を
一部ピックアップしてご紹介いたします。

00_01_s

00_02_s

桂樹舎が在る富山市八尾町では、古くから雪解け水から良質な和紙を
漉き出しています。それは「八尾和紙」と呼ばれ、富山の伝統工芸品として、
現代まで伝えられてきました。

桂樹舎は、創業から50余年、この地で紙づくりを行ってきました。
独自に開発した強製紙という丈夫な紙に型染め技法を用いて加工品を
生産しています。

手間はかかりますが、型染めの仕上がりは、印刷では出せない温かい
独特の風合いを生み出します。使い込んでいく程にやわらかくなり、
艶が出てきます。
紙を漉き、染め、加工するまですべて職人の手仕事によるものです。

01_01_s

01_02_s
名刺入れ 1,944円(税込)

02_01_s

02_02_s
ます型小銭入れ 1,080円(税込)

紙製の名刺入れ、小銭入れ、強度はこれいかに、とお思いのこと
でしょうが、桂樹舎では「独自で開発した強製紙という丈夫な紙」を
使っており、なんと撥水加工まで施されておりますので十分な耐久性を
備えています。ちょっとやそっとで壊れることはありません。

03_01_s
ペン立て(小) 756円(税込)
ペン立て(大) 918円(税込)

続いては、こちらのペン立て。サイズは大小それぞれございまして
写真に映っている以外にも様々な柄をご用意がございます。

他にも、こんなに可愛らしいサイズのものや、、、
08_01_s
楊枝立て 432円(税込)

スリッパ入れや、マガジンラックにもなりそうな大きいサイズもございます。
05_01_s
小物入れ 3,780円(税込)

04_01_s
はがき箱 2,376円(税込)
文庫箱(小) 4,320円(税込)

04_02_s

04_03_s

こちらのボックス、はがきや文庫だけでなく、机に散らかりがちな小物を
整理するのにも便利ですし、チケットの半券、切手、旅先で買ったピンバッチ
など、細々したものを集める趣味をお持ちの方にもおすすめです。
※上記の趣味に該当された方はぜひ。

06_01_s
3枚しおり 324円(税込)

07_01_s
左:ポケットノート A6判 1,296円(税込)
中央:メモ帳 702円(税込)
右:ブックカバー(文庫判) 1,404円(税込)

しおりやメモ帳、ブックカバーなどもご用意しております。
何より、模様や柄が和のテイスト過ぎずないところが
使いやすいのではないでしょうか。

他にも今回ご紹介できなかった商品もございます。
是非、店頭で質感や色味を確かめにいらしてください。
皆様のご来店をお待ちしております。