0年 0月 の投稿一覧

海外でも注目の和紙のランプ

0

いま、とても注目を浴びているのがAOYAの和紙の照明。
そのシンプルながらも風合いのある佇まいで、
飲食店やギャラリーなどで使われることが多くなっています。

昨今の人気は日本のみならず、フランスの展示会でも大好評で、
ドイツ・ベルリンでも人気を集めているようです。

 

IMG_4832

この春、ご自宅をフルリフォームされた方のお写真。
吹き抜けの階段部分にぽっかりと浮かぶMOONがすてきですね。

 

1

※写真は平面和紙のイメージ。高梨良子 風鈴の短冊(黒谷和紙)
和紙の主原料は楮(コウゾ)。クワ科の植物です。
和紙というと、四角い木の枠を使って平面に漉く風景が思い浮かびますが、
AOYAの照明の特徴は「立体漉き」という製法で、
平面ではなく3Dで漉いているそうです。

 

2

立体漉き和紙は継ぎ目もなく表情は蚕のまゆのように穏やかです。
楮の持つ柔らかな繊維感も楽しんで頂くことができ、
さらに透過した明かりは空間に和みと寛ぎを醸し出してくれます。

 

それでは、製造工程を少しご紹介します。

a

ごみより(またはチリ取り)
原料の楮(コウゾ)を使う前に煮熟・アク抜きしチリ取り等の工程に進みます。

 

b

ビーター
準備ができた原料の楮(コウゾ)をビーターという機械にかけ
使い求められる長さや太さに原料を解きほぐします。

 

c

抄紙
大きさが整った原料を漉き舟に入れ、水や粘剤と混ぜ合わせて漉いていきます。

 

d
検品
光に通す商品のため、ゴミ等のチェックなど検品してから
製品化されます。

 

e
製造工場
因州和紙の産地・鳥取の自然豊かな場所で丁寧に作られています。

 

テクスチャが気になる方はメトロクス東京にて一部商品をご覧いただけますので、
ぜひお気軽にご来店ください。

取扱い商品一覧
3
Natural シリーズの MOON と MOKUMOKU はペンダントタイプのほかに
置き型の仕様もあります。

 

4
フィンランドのデザイナーを起用したMORI は二色漉きのカラーリング。

置いておきたい、オブジェになるコースター

こんにちは。メトロクス・オノデラです。

さて、

01

02

この不思議な幾何学模様は、

03

組子のコースターです。

04

置いておくだけでも、テーブルが華やかに。
食卓のアクセントになりますね。

05

熟練した職人の正確無比な手作業により生み出された
手のひらサイズのこのコースターから、
日本建築独自の装飾技術である「組子」を
身近に感じることができますよ。

そして、私は組子の鍋敷きを、
ボビーワゴンの上に置いて使っています。

07

06

ボビーワゴンは、
調味料入れとしてコンロの近くで使用しているので、
こんなふうに、
ケトルや鍋の一時避難場所になっています。

何も上に乗っていないときは、オブジェみたい・・・
という理由をつけて、
ずぼらな私は、
いつも使った後は片づけず、
そのまま置きっぱなしです。

バタフライボウル価格改定のお知らせ

こんにちは。メトロクス、ヨダです。
私がずっと欲しいなあ、と思っていた「バタフライボウル」。
こちらが6月1日より価格改定となります。

バタフライボウルはその名前の通り、蝶が羽を広げたような形が特徴の
喜八工房さんの木製の器です。

バタフライボウル2種
欅 バタフライボウル ナチュラル 左:大 右:小

喜八工房・バタフライボウル

素材は欅で、その整然とした美しい木目が特徴です。
とても薄く挽いてあるので、持った際もふんわりと軽く繊細な印象です。

盛り付けた際には、この羽の部分が料理を包んでとても素敵だろうな…
そして何かグリーンの物を盛り付けたいたいな…と想像していたので
実践してみました。

喜八・バタフライボウル

最近私がはまっている、キュウリとアボガドとパクチーのサラダ
を盛り付けました。

いつもと違う!特別感がでました。
盛ってみて改めて薄さ・形・木目の全てが料理を美しく見せるように
つくられているのだなと納得しました。

ちなみに、このサラダは上記の材料を一口大に切って、オリーブオイル、
ワインビネガー、ナンプラーで和える簡単なものですが、さっぱり・こってりが
交互にきてよい感じなのです。

そして、このバタフライボウルはメトロクスのカタログで、スタイリングにも
使われています。
ジュニア・バタフライボウル

木製組立家具・JUNIOR(ジュニア)のサイドボードの上にご注目!
バタフライボウルがいます。
インテリアとしても使えるとは!目からウロコでした。

バタフライボウル・ボーダー

畑漆器店hakoBORDERとともに。
小物をいれても良いかもしれません。器だ!と思っていましたが、
色々と工夫して使えそうです。

価格改定以下の通りです。
バタフライボウル 小 改定前/ 5,940円 ⇒ 改定後/ 7,560円 (税込)
バタフライボウル 大 改定前/ 9,180円 ⇒ 改定後/ 10,800円(税込)

税別にすると、各1,500円のアップです。

同じ喜八工房の樫椀に関しては、価格改定はありません。
樫椀3種
左:Y型 中央:U型 右:G型 各4,320円(税込)

バタフライボウル、特に複数個でお考えの方は、
是非価格改定前にご検討ください!

スタッフが買い増ししたい実用性の高い一品

1

こんにちは、メトロクス・フクオカです。
私が愛用している中でも「もう1つ欲しい!」と思っているアイテムをご紹介します。
工芸品としての魅力やデザインだけではない、実用性の高い一品、
畑漆器店 卯之松シリーズ(飯椀&汁椀)です。

 

0

石川県山中温泉で450年培われてきた、山中漆器の高い「ろくろ挽き」の技術や
ごくごく素朴なスタイルの格好良さは言うまでもありません。
今日は、実生活で使ってみてわかる「良さ」をお伝えしたいと思います。

 

2

まず、この持った感触。スっと手に馴染みます。
というのも、異常に軽い。
旅館や料亭で出てくる漆塗りの椀物って軽いですよね、あれより軽い印象を持ちました。

 

3

気になって測ってみたら62g。

比較対象がないとピンとこないので・・・

 

4

マーク・ニューソンのボウルSは160g。

無印良品の白磁のお茶碗で約130gとのこと。

軽けりゃ良いということはないですが、ごはんをよそっても重くなりすぎず、
女性やお子様にはやさしいです。

 

5

軽いということは、つまり「薄い」です。
これも測ってみたら、1mm以下!
口当たりの良さはここから来るんだなあ。

陶器やガラスの器だと、「薄さ」は割れやすさにも相当してしまうのですが、
卯之松シリーズは木製なのでその点は問題ないですね。

 

6

塗りの種類は3パターン。
特に小豆色の塗りの下からうっすら覗く木目は渋い。

木地に透けた生漆を塗っては布で拭き取る作業を繰り返し、木目を 生かして仕上げる
「拭き漆(ふきうるし)」という技法で仕上げられています。

 

7

この渋さはごはんをよそったときにさらに際立って、
この飯椀にツヤツヤのごはんをよそいたいがために土鍋でお米を炊いたりしてしまいます。

 

8

もちろん漆ですから、防水性があります。水につけっぱなしはダメです!
(木肌色はウレタン塗装)

食洗器には向きませんが、こういったお気に入りの器があれば、
ぐうたらな私でさえ、食後にすぐ洗って拭くような習慣になりました。

「愛用のものを長く大切に使う」というシンプルなライフスタイルにはマッチする、
そんなアイテム。

 

9

飯椀と汁椀の違いは、深さと高台の高さ。

本当にごくシンプルなタケヤみそでお馴染みなフォルムですが、
それがいいんです。

無骨で無表情なのに、どこか洗練された印象なのは、
若手デザインユニットの「MUTE」さんのエッセンスだと思います。

みなさんもぜひ使ってみてください。

卯之松 飯椀 各4,104円
卯之松 汁椀 各4,104円

お気に入りのカップで束の間のコーヒーブレイク

こんにちは、メトロクス・タカダです。

 

人間の集中力は、最長でもおよそ90分が限界。

作業途中、束の間のコーヒーブレイクで一息つきたくなりますよね。

angle_03_01

そんな時には必ず使う、いつものお気に入りのカップ。

皆さんは、どんなものがお好みでしょうか。

 

今日は、日本のクラフトマンシップが詰まった

コーヒーブレイクを共にしたいドリンクカップをご紹介します。

 

まずは、デザイナー荻野克彦さんが手がけたセラミックジャパンのモデラート。

angle_01_05

モデラート カップ&ソーサー (ホワイト・グレー) ¥2,592

モデラート マグ (ホワイト・グレー) ¥1,728

 

「モデラート」とは、音楽用語で「ひかえめな、ゆっくりとした速度で」

といった意味。手仕事のぬくもりが残る、まさにその名の通りのシリーズです。

angle_06_03

実にシンプルな形、飲み口から流れるようにつながる持ち手の意匠が美しい。

瀬戸の陶器づくりにおける確かな技術がうかがえます。

angle_04_01

カップ&ソーサーが200ml、マグが250mlとどちらも十分な容量。

angle_05_03

また、持ち手はリングの広さに余裕があるため窮屈さがなく、上部の窪みに

親指がフィットしてとても持ちやすいです。

 

何より、オーブンや食器洗い乾燥機、電子レンジの使用も可能というところが

うれしいですね。一度、使い始めたら、手放せなくなりそうです。

 

 

次にご紹介するのは、伊藤丈浩さんのスリップウェア。

angle_01_04

益子焼 スリップウェア ティーカップ&ソーサー (杉彩) ¥5,400

 

180mlのコーヒーカップ&ソーサーもあるのですが、

多めにカフェインを摂取したい僕としては、大容量310mlの

こちらの方が好みです。

angle_06_02

angle_04_05

杉の葉模様がソーサーと持ち手に施されています。

そのスリップウェアの繊細な手仕事は、カップを口に運ぶたびごとに

思わずまじまじと見入ってしまうほど魅力的です。

また、そのたびに違った表情を発見できるのではないでしょうか。

angle_05_02

持ち手は太さがあるので、指に力を入れやすく

大容量注いだとしても、カップをしっかりと支えることができます。

また、丸みのある形は手触りなめらかで、しっとりと手になじみます。

 

 

そして、最後は清岡幸道さんが手がける信楽焼のマグです。

angle_01_06

信楽焼 灰白角手マグ ¥3,456

信楽焼 錆釉分角手マグ ¥3,240

 

白い方のマグは灰白という釉薬が使われています。ところどころに見える

黒点は、土に含まれる鉄成分が模様として表れたものです。

黒っぽい方のマグは、カップの外と内側とで釉薬がかけ分けられており

飲み口付近の緑のグラデーションが美しい模様を描いています。

 

薄く繊細につくられた飲み口は、やや外側に広がっているので

口当たりよく、とても飲みやすいのです。

また、なんといっても角手が大きな特徴。

angle_06_01

angle_04_02

かくかくときれいに折られたこの持ち手、デザインの要と

なっているのですが、実はこれがかなり持ちやすい。

angle_05_01

人差し指を持ち手のリングに掛けて、45度の角度がついた下面の部分を下から

中指で支える。そして、親指を持ち手の上面に添えるだけ。

すべての指が無理なく収まります。

 

一つ一つ微妙に異なる形や釉薬のむらはとても表情豊か。

必ずお気に入りの一品になるはずです。

※現在こちらのマグは、大変ご好評につき

長期欠品・入荷未定となっております。

ご希望の方は予約受注品となります。

まずはお問い合わせください。

 

angle_06_04

持ち手や飲み口のつくり、材質や大きさなど

それぞれに個性があるので、ぜひ、店頭で実際に見て触れて

自分のベストワンを見つけてみてください。