0年 0月 の投稿一覧

竹ひごで作る、花かごのワークショップを開催します

こんにちは、メトロクス・フクオカです。

もうすぐ10月、毎年恒例の東京デザインウィークが催されますね。

この時期にあわせて、メトロクスでは竹工芸の魅力をお伝えするエキシビジョン

bamboo works ─世代と国境を越える竹工芸─」を開催します。

10月31日(土)と11月1日(日)には、竹を編んで花かごを作るワークショップも開催!

 

バンブーワークス ワークショップ 花籠

こちらが今回のワークショップで作る花かご「四海波(しかいなみ)」です。

コロンとした玉のようなフォルム。

 

ワークショップ バンブーワークス 四海波 花籠

こちらは過去のワークショップで竹ひごを編んでいる様子。

見たところ、使う道具は霧吹きとハサミくらいでしょうか。

竹ひごひとつで立体的に編み上げるところがわくわくしますね。

 

バンブーワークス ワークショップ 花籠

もちろん!完成した花かごはお持ち帰りいただけます。

ワークショップは予約制ですので、ぜひお誘い合わせのうえ、お申し込みください。

【お申し込みはこちらから】

 

バンブーワークス

竹を用いた照明づくりの第一人者・近藤昭作さんが1960年代に発表し、のちに

職人の後継者不足により惜しまれつつも生産終了となった「竹のあかり」シリーズは、

別府の若手竹職人へ技法を継承することで今年復刻が実現しました。

 

今回のエキシビジョン「バンブーワークス」では、近藤昭作氏の仕事を中心に、

大橋重臣氏を中心とする別府の若手竹職人グループ・BAICAの活動もあわせた、

世代を超えたマイスターたちによる伝統工芸とモダニ ズムの融合をテーマとしています。

両氏の作品の他、アンジェロ・マンジャロッティのバンブーランプシリーズの展示や、

ノグチ財団の依頼により近藤氏が手掛けたイサム・ノグチのバンブーバスケットチェアの

制作経緯を試作サンプルと共に紹介します。

ワークショップ以外にも見応えのある展示となっていますので、

ぜひ他のデザインウィークの催し物とあわせてご来場ください。

お待ちしております!

 

 

 

 

 

畑漆器店に新作のキャニスターが仲間入り

こんにちは。メトロクス・オノデラです。

だいぶ東京も秋めいてきましたね。
十五夜の月見だんごに栗にさんま、
食欲の秋の到来です。

本日は、
きのこみたいな形をしたキャニスターをご紹介いたします。

1930年創業の畑漆器店が手掛ける
伝統工芸の技術を用いながら枠にとらわれない自由な発想をコンセプトとした
「col.」ブランドの新作、「TRICO(トリコ)」という名前のキャニスターです。
デザインユニット「MUTE」さんが手がけています。

山中漆器のろくろ挽きの技術を用いて、
無垢の栓の木から、削り出してつくられています。
仕上げは、ウレタン仕上げなので、食品を入れても大丈夫。

キャニスターのフタ上面が、
少しくぼんでいるので、
フタ部分をトレイのように使うこともできます。

フタのうらは、高台のようなつくりになっているので、
お皿としても使えますね。

こまごましたアクセサリーを入れたり、

お裁縫道具を入れたり、

自由な発想で使うことができます。

サイズは、から。
色は、ナチュラル、ホワイト、グレー、オレンジ、グリーンの
5色からお選びいただくことができます。

ギフトとしてもよろこばれていますよ。

今年もやります。芹沢銈介の卓上カレンダー2016

こんにちは。
メトロクス・タカハシです。
毎年恒例になっている芹沢銈介の2016年版カレンダーが今年も入荷しました。
来年のカレンダーの納品を見ると、「あぁもう今年も終わりか・・」とややノスタル
ジックな気分にもなりますが、芹沢さんの染め絵は色鮮やかで来月の絵柄が待ち遠しい!
そんな気分にもさせてくれそうなカレンダーです。

2016年版芹沢銈介カレンダー
カレンダーの表紙は縁起物の竹と梅でしょうか? とすると真ん中よりやや下の「セ」が
松のモチーフでしょうか?ちなみに、2015年版の表紙は縁起物の鶴が描かれた壺でした。

・セット内容の12枚+表紙1枚

前半

後半

毎年、絵柄が変わる芹沢さんのカレンダーですが、去年も2015年度版が入荷した時に
ブログで紹介しています。いくつか、去年の絵柄と見比べてみましょう。
■2015年版 5月

2015年5月

■2016年版 5月

2016年5月

両方ともモチーフは鯉ですね。
2015年の鯉のほうが、リアリズムで、今年はどちらかというと鯉のぼりに近いのかな?

■2015年版 6月

2015年6月

■2016年版 6月

2016年6月

6月の絵柄はこんな感じです。
去年はアジサイ、カエル、カタツムリでしたが、今年は船と島でしょうか?
正確なモチーフはちょっとわかりませんが、
もしご存知の方がいらっしゃったら教えてください。

全体的に去年の絵柄と比較してみたら、2015年版は線画細く細かな描写が
目立つ絵柄が中心ですが、2016年版はデフォルメされた愛らしい絵柄が目立ちます。

メール便発送も対応していますのでお早目にどうぞ。

芹沢銈介 卓上カレンダー2016

薄肉美麗。山形鋳物の作品が新登場

こんにちは、メトロクス・フクオカです。
本日はエヌ・クラフツに新しく加わった「山形鋳物」をご紹介いたします。

山形鋳物 鋳心ノ工房

鋳物とは、加熱して溶かした金属を型に流し込んで作る金属製品です。
型は砂や土を用いて作られます。
鋳物の特徴でもある表面のザラっとした模様は、
砂や土の表面の模様がそのまま写し取られたもののようです。

 

山形鋳物 鋳心ノ工房

山形鋳物は山形県山形市とその周辺に伝わる鋳物で、
1975年には経済産業省に伝統的工芸品に指定。
日用品、工芸品を背景として近年に至り、「薄肉美麗」と呼ばれる伝統的な
薄肉鋳物製造技術と肌の美しさを定評にして全国的に名声を博してきました。

 

山形鋳物 鋳心ノ工房

今回ラインナップに加わったのは、増田尚紀さんによる日本に伝わる鋳物の伝統美を、
今日の生活様式に提案するキャスティングスタジオ「鋳心ノ工房」のアイテム。
増田さんは大学卒業後に恩師である武蔵野美術大学教授・芳武茂介の
アシスタントとして5年間、全国各地の地場産業のデザイン開発を手がけ、
その後、独立して「鋳心ノ工房(ちゅうしんこうぼう)」を設立されたデザイナーです。

 

芳武茂介

芳武茂介 [ 1909-1981 ]
昭和31年、佐藤潤四郎、佐々文夫、畑正夫らとデザインによる工芸の再建を目指して
「日本デザイナークラフトマン協会」を創設し、日常の手仕事製品の重要性を唱え、
特産品産業の見直しを図った日本クラフトデザイン界の第一人者の一人。

 

山形鋳物 鋳心ノ工房 芳武茂介 小鉢

こちらは芳武茂介没後、13回忌にあたる2005年11月に企画された「芳武茂介展
~近代デザインの実践と産業化の足跡~」の開催を記念して復刻生産された小鉢。

 

山形鋳物 鋳心ノ工房 芳武茂介 小鉢

小鉢は、水紋のような模様が施された「すじめ」と立体的なあられ模様の「あられ」の2種。
汁物やお茶碗に最適な使いやすい大きさです。
鋳心ノ工房 芳武茂介 小鉢 すじめ ¥3,780(税込)
鋳心ノ工房 芳武茂介 小鉢 あられ ¥3,780(税込)

 

山形鋳物 鋳心ノ工房 芳武茂介 鍋敷き

こちらの鍋敷きも「芳武茂介展~近代デザインの実践と産業化の足跡~」の開催を
記念して復刻生産されました。

 

山形鋳物 鋳心ノ工房 芳武茂介 鍋敷き

立体的で躍動感のある花弁がデザインされています。

 

山形鋳物 鋳心ノ工房 芳武茂介 鍋敷き

鍋敷きのラインナップは「花弁」と「角寄せ」の対照的な2種。
鋳心ノ工房 芳武茂介 鍋敷き 花弁 ¥3,240(税込)
鋳心ノ工房 芳武茂介 鍋敷き 角寄せ ¥3,240(税込)

 

山形鋳物 鋳心ノ工房 芳武茂介

こちらは1935年にデザインされた文鎮 くるり。日常生活ではあまり文鎮を使う習慣が
ありませんでしたが、このように書籍を見開くのにも使えますね。

 

山形鋳物 鋳心ノ工房 芳武茂介

くるりとひねったフォルムがユニークで彫刻的な美しさが特徴。
鋳心ノ工房 芳武茂介 文鎮 くるり ¥5,400(税込)

 

山形鋳物 鋳心ノ工房 増田尚紀

こちらは、鋳金家でありデザイナーの増田尚紀さんがデザインしたブックスタンド。
鋳物ならではのどっしりとした重みでしっかりと書籍を支え、
黒く表情のある鋳肌の質感は和洋問わずに空間に馴染みます。

 

山形鋳物 鋳心ノ工房 増田尚紀

山形鋳物 鋳心ノ工房 増田尚紀

ブックスタンドは「折り」と「曲り」の2種です。
増田尚紀 ブックスタンド 折り ¥6,480(税込)
増田尚紀 ブックスタンド 曲り ¥6,480(税込)

何世代にもわたって長く使える鉄製品に寿命はありません。
御祝いや贈り物にも喜ばれますよ。