0年 0月 の投稿一覧

ダッチオーブンで作る炊き込みご飯

キッチン
こんにちは、メトロクス・タカハシです。
いきなりの画像ですが、これはタカハシ家のキッチンです。
今日は少し前に取扱いを始めた(READYMADE) PRODUCTSのダッチオーブン
「ウィークエンダー」の実力を確かめる為に自宅での料理リポートをお届けします。
 
 
 
ウィークエンダー ラウンド
今回使うのは、高さがあるラウンドタイプ。
今日はこれで、炊き込みご飯を作ることにします。

冷蔵庫と相談した結果、今回は「桜エビと枝豆の炊き込みご飯」を作ることにしました。

枝豆
枝豆は群馬産の天狗印枝豆を使用します。
味がしっかりしているので、そのままでも酒の肴にぴったりです。

枝豆を塩茹でにします
まずはこの枝豆を鞘のまま、塩茹でにしていきます。
色が鮮やかな緑になってきたら充分でしょう。

茹で上がりの枝豆
粗熱を取った枝豆を一つずつ剥いていきます。
この時、薄皮も剥がしてあげると食感が良くなりますよ。
パラティッシのお皿との色味の相性がよくこのままでも充分美味しそう…
 
 
 
お米2合
さて、ここからウィークエンダーが登場です。
2合の白米を研いだ後で20分程、水を吸わせておきましょう。

桜エビ&昆布
適量を用意した桜エビと出汁を取る為の昆布も用意します。
昆布は4センチ幅程度、桜エビはお好みでもう少し多めでも美味しいと思います。
ちなみにこの器は一昨年のクラフト市の時に購入した大谷さんの銅鑼鉢です。

桜エビと出汁を加え軽く混ぜ合わせます。
先程のお米に水360cc、小さじ1杯の醤油、少量の塩と一緒に桜エビを投入し
軽く混ぜ合わせます。蓋をする前に昆布を浮かべ、中火で沸騰するまで加熱します。

沸騰
蓋の間から泡が出てきました。
鋳物は火の通りが早いので、火にかけて数分で沸騰してきたようです。

一度沸騰したら昆布を取り出す
一度、沸騰したら昆布を取り出し、火加減を弱火にして10分くらい炊いていきます。
蓋を開けるときにリフターを使いましたが、家庭のコンロで調理するときは
ミトンの方が使い勝手がいいかもしれません。

蒸気
火にかけてしばらくすると、蓋の隙間から少しだけ蒸気が漏れ始めました。
この時点で既にいい香りが漂ってきています。

蓋の位置
蓋と本体に少し隙間ができていたようなので、少し蓋を回転させると蒸気がピタリと
止まりました。ウィークエンダーの重量がある蓋のおかげで蒸気が逃げずらく、
炊き込みや蒸し料理にはピッタリです。

炊き上がり
10分後、炊き上がりました!この時点でも既に美味しそうですが、ここでざっくりと
かき混ぜ、先ほどの枝豆を散らした後に蓋を閉じ10分程、蒸らしていきましょう。
最後に枝豆を加えるのは食感を残す為に火が通り過ぎないようにする為です。
 
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・10分後・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
 
桜エビと枝豆の炊き込みご飯
調理を始めてから約40分..ついに完成しました!
枝豆を加えたことで彩りもより鮮やかになり食欲をそそります。

実食
喜八工房の樫椀甲斐のぶお工房の竹箸で頂きます。
カトラリーレストは以前に個展で購入したハラダマホさんの練り上げです。

今回、初めてダッチオーブンで炊き込みご飯を作りましたが、炊飯器で炊くご飯とは
一味違っていました。全体的にふんわりしているのに米の一粒一粒がしっかりしていて、
お米の食感が残っています。密閉性が高く火が全体に通りやすいので、炊飯器で炊く
よりも短時間でおいしく炊き上げることができるんじゃないでしょうか?

おこげ
底には香ばしいおこげが、何ともいい感じです。
これは、コンロで炊いたご飯の醍醐味の1つですね!

全部は食べれなかったので、残りは夜にチンしてうちの奥さんの夕飯になりましたが、
時間が経ってもふっくら感が残っており満足してもらえた様子でした。

ラウンド
ウィークエンダーのサイズ的に最大2合程度までだと思いますが、少量の場合は実は
炊飯器よりもコンロで炊いた方が経済的なので、コンロで炊くことをおススメします。

スクエア
そして今回、使ったラウンドの他にウィークエンダーにはスクエアがあります。
スクエアは蓋部分にリブが付いているので、お肉料理に良さそうです。

両方ともシリコン耐熱塗装を施されているので、初回使用時のシーズニング
(腐食防止作業)も必要なく、IHクッキングヒーターでも使用することができます。
屋外用以外でも普段使いの調理器具として検討してみられてはいかがでしょうか?
 
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・おまけ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
 
蓋のみで調理も可能です
今回はやりませんでしたが、ウィークエンダーは蓋だけ調理することもできます。
今度、機会があったら蓋を使ってアヒージョでも作ってみようかと思います。
過去のブログで、ウィークエンダーを使った他の料理の写真をご覧頂けるので
そちらも良かったらご覧ください。
「デイリーユースのダッチオーブン「WEEKENDER」」

青谷の因州和紙

こんにちは、メトロクス・タカダです。

梅雨が明けて、いよいよ夏本番となりました。

先日、近所の図書館に立ち寄った際に、一冊の本に目が留まりました。

「和紙の里 探訪記-全国三百ヶ所を歩く-」 菊地正浩 著

北海道から沖縄まで日本各地300ヶ所以上の和紙の産地を
2年半掛けてほぼマイカーで巡った取材をもとに、
地域の自然環境と和紙の関係と、各地の歴史的な特徴について語られています。

和紙と言えば、昨年、岐阜県の「本美濃紙」をはじめ、日本の手漉き和紙の
伝統的な技術が、ユネスコの無形文化遺産に登録されました。世界の宝です。

そんな世界の宝。エヌクラフツでも、面白いものをご覧いただけます。

鳥取県東部・青谷の地域で和紙製品の製造を行っている
谷口・青谷和紙」による照明器具シリーズ「AOYA」です。

Naturalシリーズ
エヌクラフツでは、その中でも「Natural」というシリーズを取り扱っております。

この地域でつくられている和紙を因州和紙といって
古くより庶民が使う紙はもちろんですが、朝廷、幕府、藩主に収める
御用紙の製造を担ってきました。

因州和紙の起源は、奈良時代(西暦700年代)まで遡ります。
正倉院文書の中に因幡国(現在の鳥取県東半部あたり)の国印が押されれている書物が
残っており、少なくとも1300年以上も前には、因州和紙の製造が行われていたといえます。

保存状況にもよると思いますが、その長い間、朽ちずに残っている書物を考えると
和紙の耐久性にも驚きます。

1100年ほど前に記された「延喜式」という書物には、朝廷への献上を行ったとされる
記述もあり、古くから、高い品質の和紙をつくっていたこともうかがえます。

そんな長い歴史を持つ因州和紙の製造を行っている「谷口・青谷和紙」ですが、
とても革新的な技術を使って和紙製品作りを行っています。

moon_ペンダント
ナチュラル ムーン ペンダント Mサイズ (ワイヤー仕様) ¥30,780

moon_ペンダント_点灯時
点灯時

ペンダント_アップ

この球形の和紙、内側の骨組みも、継ぎ目もないことがお分かり頂けるかと
思います。以前もブログにて紹介させていただいておりますが、
実はこれ、立体的に漉くことでつくられた照明なんです。

球体の立体漉き和紙は、技術的に難しく、不可能とされていたようですが、
「谷口・青谷和紙」は2001年に球形の立体漉き和紙について量産技術を確立しました。

イメージ

骨組みや継ぎ目のない球状の和紙は、明りを万遍なくやわらかく拡散してくれます。
また、そのシンプルなフォルムは、和洋の隔たり無く
どんな空間にも合わせて使うことができます。

今に始まったことではないですが、様々な生活様式が発展する中で、
和紙製品に触れる機会が、減っているような気がします。

さりげなく日本の伝統工芸のものが傍にある生活もよいのではないでしょうか。

近藤昭作さんの竹のあかりを見に行こう

こんにちは、メトロクス・オノデラです。

メトロクスで復刻した、近藤昭作さんの竹の照明「SKランプ」。
おかげさまでご好評をいただいております。
ありがとうございます!


Styling / Yumi Nakata

日本の竹の照明の第一人者である
近藤昭作さんの竹のあかりは、
メトロクスで復刻した「SKランプ」の形の他にも、
日本全国のいろいろなところで使っているのを見ることができます。

そのうちのひとつが、
JR新宿駅中央東口からすぐ近くにある、郷土料理のお店 「くらわんか」。

日本各地の旬の素材を使った郷土料理と
選りすぐりの地酒や焼酎をいただけるお店です。
その店内のほとんどの照明に、
近藤さんの竹のあかりが使用されているとのことで、
店内を見に、近藤さんといっしょにお邪魔してきました。

入口から地下に降りていく通路。
竹編みから漏れるやわらかなあかりが、
新宿ならではの賑わいを忘れ、
落ち着いた気持ちにさせてくれます。
ウォールランプもペンダントランプも
どちらも近藤昭作さん作。

入口を入ってすぐの店内中央に、
ドーンと目に飛び込んでくるのは、
大テーブルとその上にお店のシンボルともいえる
近藤さんの竹のペンダントライト!


照明をチェックする近藤さん

直径85cm、高さ55cmの特大サイズ。
5灯の電球が虫かごのホタルのように見えます。
竹のシェード部分が、きれいな飴色に変化しており、
味わい深い表情になっています。

天井に直接ついている小さな竹のシェードも
近藤さんの竹のあかり。

廊下にも。

天井に落ちる影がとてもきれいです。

おとなりの座敷にも、

竹のシェードが二重になったペンダントランプが
たくさん使われています。

近藤さんの竹のあかりは、
ほっとする空間を演出します。

くらわんか」さんで、近藤さんと打ちわせも兼ねてお食事。
おいしいお料理とお酒をたくさんいただきました。


お刺身!

馬刺し!

名物のさつま揚げ!

近藤さん、ほろ酔いです。

しめはいつも稲庭うどん!だそうです。

くらわんか」は、開店した1976年当時からの近藤さんの行きつけのお店。

近藤さんは、いつも中央大テーブルの
ご自身で製作された特大ペンダントの下の
決まったお席にお座りになられるそうです。
くらわんか」に行けば、必ず仲間の誰かと遭遇し、
夜が更けるまで語らった!と近藤さん。
そしてなんと、近藤さんのボトルナンバーは1番だそうです!

近藤さんの竹のあかりを見ながら、
近藤さんの竹のあかりの下で
近藤さんとおいしい郷土料理とお酒を飲んだこの日は、
私にとって一生忘れられない夢のようなひとときとなりました。
近藤さん、ありがとうございました。

もし機会があれば、
みなさんもぜひ「くらわんか」さんへ行ってみてください!
近藤昭作さんのやさしい竹のあかりがいつでも迎えてくれますよ。

釜定の鉄器が再入荷

こんにちは、メトロクス・シンカイです。

今回は、明治から続く盛岡の鋳物屋「釜定」についてご紹介いたします。

人気が高く、入荷待ちが続いていましたが、ようやく入荷してきました。

南部鉄器は400年以上研鑽を積み、1975年には国の「伝統的工芸品」の指定を受けました。

伝統的技法にこだわりながらも、ぬくもりが感じられる南部鉄器は、

近年あらためて優れた機能性が注目されています。

本日は、再入荷した中からいくつかご紹介させていただきます。

シャロウパン214
一般的なフライパンより浅く、炒め物やパスタなど多用途にお使いいただけます。

ワンハンドパン217
ほどよい深さがあるため、オーブン料理などにもぴったりです。
ずっしりとした鉄器ならではの重厚感が魅力です。

洋鍋(小)276
こちらもオーブン料理や煮込み料理で活躍しそうです。
大きすぎないサイズは、1人分のお鍋に最適な大きさです。

洋鍋(中)275
深型の鍋に木の取っ手の組み合わせ。取っ手を外せば、そのままオーブンに入れることもでき、
多用途にお使いいただけます。

鉄器のアイテムは、熱伝導に優れているので、温度のムラも少ないため調理しやすく、
鉄分が具材に溶け込むため、生活に不足しがちな鉄分の補給もできます。

その他の釜定の取扱一覧はこちらから

伝統の技術に現代のデザインを取り入れたモダンな「釜定」のアイテム。
一生モノのキッチンアイテムとして、ぜひ取り入れてみてはいかがでしょうか?