0年 0月 の投稿一覧

近藤昭作氏の竹のあかりを復刻しました!

こんにちは。
メトロクス・オノデラです。

このたび、メトロクスから、竹の照明「SKランプ」が発売になります。
開発からおよそ2年・・・。
ようやくの発売です!

SKランプ 半月型


Photo:Masatoshi Takahashi, Styling:Yumi Nakata, Cooperation:Royal Furniture Collection

SKランプ 山型


Photo:Masatoshi Takahashi, Styling:Yumi Nakata

成型アクリルを竹で編みながら挟み込んだ一体型のシェードが特徴です。
竹編み部は、年月が経つにつれて、味わい深い飴色に変わっていきます。
点灯時は、白く発光するアクリル面と
竹の隙間から漏れるやわらかな灯りが心地よいですよ。

さてさて、この照明は、
竹を用いた照明づくりの第一人者である近藤昭作さんにより
デザインされた照明です。


竹のあかりとともに工房にて。

近藤昭作さんは、1927年生まれ。
1965年から日本デザイナークラフトマン協会
(現在の日本クラフトデザイン協会)の理事を務める他、
1982年にプロダクトデザインや工芸に関して
優れた業績を挙げた人々に贈られる“国井喜太郎賞”を受賞するなど、
職人、デザイナー、工芸作家の3つの顔を持ち、国内外で高く評価され、
量産可能な工業デザインの考え方を取り入れつつ、
素材の特性を生かした仕事は、
今日のクラフトデザインに大きな影響を与えています。

実は、この照明、2008年までは、
別府の熟練した技術を持つ職人さんの手により製作されていましたが、
職人さんや近藤さんご自身の高齢化のため、
生産を続けることを断念されたのでした。
なんとかこの照明を後世に残すことができないか・・・という思いのもと、
私たちメトロクスは、近藤昭作さんにお願いして、
昨年、近藤さんから別府の若手の職人たちへ
製造方法を伝授していただく計画を立て、実行に移しました!

これは、昨年の9月に、
近藤さんから別府の若手職人さんへ指導している際の様子です。

近藤さんは、現在88歳!
いつもニコニコ。
背筋もピンとしていて、とってもお元気!

別府の職人によってひとつひとつ手作業で竹を編んでいるSKランプ
メトロクス東京の店頭にて展示販売しております。
実物をご覧になられたい方は、ぜひお店にいらしてくださいね。

おまけ

昨年9月の別府でのワンショット。
左は、現在SKランプの製造をお手伝いいただいている大橋重臣さん。
右は、近藤昭作さん。
ご指導いただいた後のおつかれ会。
ほろ酔いの中で、近藤さんのお若いときのお話や製作のお話など、
いろいろとお伺いすることのできた貴重なひとときでした。

お酒を楽しむグラス

こんにちは、メトロクス・ヨダです。
先日本で読んだ一文に、「暑いときは冷酒にすだちを絞り入れたものを飲む」という記述が
ありまして大変魅惑的だなあ…と思っておりました。
私自身はあまりお酒に強くなく、一杯飲んだら結構いい感じになってしまいますが、
だからこそ、その一杯が重要!ということで、私が独断で選んだメトロクス・お酒を楽しむ
グラスセレクションをお届けします。

まずは、気になっていた吉田順子さんの切子、8oz タンブラー松葉
薄いグラスに繊細な松葉が美しいグラスです。
こちらに、ハイボールとビールを入れてみました。


マドラー
は、高梨良子さんの縞シリーズのもの。かきまぜるとカラカラと
心地よい音がします。


松葉模様が浮かんで、とてもきれいです。
薄いグラスの口当たりがとてもよく、すらりとした形でスマートな印象。
容量はめいっぱいで約260ml入ります。

その他のグラスもご紹介したいと思います。

この二つはビールに合いそうなもの。
先程ご紹介した「8oz タンブラー 松葉」と「縞ワイングラス ホワイト」です。
縞ワイングラスは、名前の通りワインカップとして開発されたのですが、個人的には
ビールをいれても素敵だなと思います。


さわやかな組み合わせはロックグラス。
縞 ロックグラス ホワイト」と「Vオールド かざぐるま 青」です。
ウイスキーロックで…とはなかなか言えず、あこがれの言葉。

次は、日本酒のグラスです。

整然としたひし模様が凛とした印象の「片口 ひし模様 紫」と
Uぐいのみ ひし模様 紫」。


手吹きガラスならではの揺らぎが楽しい、「縞 酒器セット ホワイト」と、
切子の「ぐいのみ 松葉」。


これを忘れてはいけません、「冷酒杯 つながる小玉 紫」と「冷酒杯 かざぐるま 青」。
特別な気分にさせてくれる、高い高台が特徴。
同じ形で柄違い・色違いで揃えても面白いですね。

また、ガラスから離れるとこちら。

カップ サザナミ」と「カップ まめの木 黄」、ハラダマホさんの作品です。
こちらは焼酎などいかがでしょうか。お湯割りもできる。和食とあわせたいです!

最後に、栓抜きをご紹介。

上段「栓抜 カラス 横」、「栓抜カラス 縦」 馬場忠寛さんの作品です。
下段「栓抜 155, 154, 130, 159」 釜定さんです。

仕事から帰ってのほっと一息に、またリラックスしたお休みの日に、よいグラスがあると、
よい一日の終わりを過ごせそうです。

毎日使いたい、デイリーユースの食器

こんにちは、メトロクス・フクオカです。
今日は「せっ器」について。英語では「ストーンウェア」。
あまりくわしく知らなかったので調べてみると、
陶器と磁器の中間的な性質を持っている焼き物だとか。
素朴で自然の風合いを活かした、陶器や磁器にはない魅力があるようです。

荻野克彦 モデラート

荻野克彦さんデザインの「モデラートシリーズ」もせっ器です。
先日、新しくホワイトカラーが加わり、注目が集まっています。

 

荻野克彦 モデラート

中でも、私がおすすめするのは「シュガーポット」です。
何がおすすめかと言うと・・・

 

荻野克彦 モデラート

フタがソーサーのように使えるところ!
実はシュガーポットの本体は、カップ&ソーサーのカップと同じもの。
なので、カップ&小皿としても使えてしまう一人二役の代物なのです。

 

荻野克彦 モデラート

おやつやスプーンをちょこっと置くのにちょうどいいです。

 

荻野克彦 モデラート

モデラートシリーズの特徴は指に沿うような形状の持ち手。
シンプルでストンとしたフォルムの中でデザインのアクセントになっています。

 

荻野克彦 モデラート

そして、この持ち手部分にスプーンを添え・・・

 

荻野克彦 モデラート

そのままフタもできます。本来、シュガーポットなので!
なんだか、他の使い方があると得した気分になってしまいました。
しかし、お砂糖を入れていたら、カップ&ソーサーとしての使い方はできない…
お好みで使い分けてください(笑)

 

荻野克彦 モデラート

この平たいフタのおかげでクリーマーをスタックすることも可能。
収納時には便利かもしれませんね。

 

さて、新しく加わったホワイトについて。

荻野克彦 モデラート

グレーは、ブツブツとした自然の模様とフチには赤茶けた風合いが出ていますが、
ホワイトは綺麗で素直な白です。

 

荻野克彦 モデラート

ただ、真っ白というよりは少し落ち着いた白です。
写真はマーク・ニューソンのボーンチャイナのマグと並べてみたところ。
ボーンチャイナ(右)の方がハっとするような白ですね。

 

荻野克彦 モデラート

モデラートは全6種類。お値段も手ごろ(1,728円~)なので、シリーズで揃えて使いたいですね。

新橋のお昼事情:鳥割烹 新橋 末げん

こんにちは。
メトロクス・オノデラです。

本日は、「新橋のお昼事情」シリーズ!

第1回:荒井商店 ~ペルー料理~
第2回:すいす ~洋食~
第3回:四季保坊(しきぼうほう) ~中華料理~
第4回:国際文化会館 ~フレンチ?~
第5回:ビーフン東 ~台湾料理~
第6回:和楽 ~定食~
第7回:味芳斎 ~中華薬膳料理~
第8回:四季保坊(しきぼうほう) ~中華料理・2015~

と続いてまいりまして、
第9回は、
明治42年創業の「鳥割烹 新橋 末げん」 さん。
明治42年は、西暦で1909年!老舗です。

新橋駅から徒歩1分、メトロクスから徒歩8分。
ニュー新橋ビル、SL広場のすぐ近くにあるビルの1階に店を構えています。

新橋 末げん は、
新橋のお店の中では、ひときわ品のある店構えで、
伝統と格式を誇るお店。

創業から、数多くの著名人に愛され、
三島由紀夫が最後の晩餐をした場所としても有名です。

夜はコースメニュー中心で、なかなか手が出ませんが、
ランチなら、気軽にお店に入ることができます!

ランチのメニューは、シンプルに3種類。
・かま定食
・から揚げ定食
・たつた揚げ定食

名物は、かま定食。
かま定食とは、ひき肉の親子丼の定食です。
ひき肉の親子丼は、めずらしいですよね。

かま定食を注文・・・。

はらぺこでおしぼりを見つめ、
待つこと十数分・・・

出来立ての親子丼が出てきます。

とろとろふわふわの卵、甘辛いひき肉、三つ葉が絡み合います。

この日は、なめこと白髪ねぎが入った生姜風味のすまし汁と
油揚げとねぎの酢味噌和えがついていました。
こちらもおいしい。
親子丼ももちろんおいしいけど、付け合せもきちんとおいしいと、
ますますしあわせな気持ちになります。

鳥割烹 新橋 末げん
東京都港区新橋2-15-7 Sプラザ弥生ビル1F
TEL:03-3591-6214
ランチ時間は、11:30~13:30

お昼時に、新橋にいらっしゃったとき、
メトロクスにいらっしゃったときには、
ぜひ行ってみてくださいね!

おまけ

本日、メトロクスの2015年版のカタログと
商品別のリーフレットが完成しました!
明日からのインテリアライフスタイル展に
ぎりぎり間に合いました!
店頭でも配布しております。
ご希望の方は、スタッフにお声かけくださいね。

食卓を楽しくする、Lue(ルー)の真鍮カトラリー 

こんにちは。
メトロクス・シンカイです。

初夏の日差しを感じる気持ちの良い季節になりました。
この夏は、食卓で使える道具としてのカトラリーを使用し、
食卓をちょっと楽しく、変化させてみてはいかがでしょうか。

本日は、菊地流架(きくちるか)さんのLue(ルー)による、
真鍮のカトラリーをご紹介いたします。

菊地さんは、岡山県瀬戸内市で、
真鍮素材を中心にカトラリー・雑貨・アクセサリー製作をおこなっています。
たたいたり切ったりと、ひとつひとつ丁寧に作られた作品には、
製作者の思いがしっかり詰まり、あたたかさを感じます。

真鍮は使っていくうちに、経年変化してゆくので、
使い込むほどに、なんとも言えない味わいをお楽しみいただけます。

それでは、Lueの食卓で使えるカトラリーを紹介させていただきたいと思います。

 
Lue スポーク

幅30×長さ170mm。
スプーンとフォークが一体となったスポークは、
日常使いはもちろん、アウトドアでも活躍しそうです。

5本セット(クリップ付) ¥6,480
単品 ¥1,296

 

Lue ディナースプーン

幅45×長さ195mm。
皿状の部分もたっぷりサイズで、
大さじとしても使うことができます。

3本セット(クリップ付) ¥4,536
単品 ¥1,512

 

Lue ディナーフォーク

幅30×長さ195mm。
股の部分も長く、
幅広い用途で使うことができます。

3本セット(クリップ付) ¥4,536
単品 ¥1,512

 

Lue ディナーナイフ

幅33×長さ205mm。
刃先の刃部分は、ギザギザと切れ込みが入っているので、
肉も魚も両方に使うことができます。

3本セット(クリップ付) ¥5,184
単品 ¥1,728

 

ディナーアイテムが各種気になる方には、
スプーン・フォーク・ナイフの3本セットのご用意もございます!

Lue ディナーセット

1本ずつ、3本重ねてクリップで止め、
スタックすることもできます!

3本セット(クリップ付) ¥4,752


クリップには、全てLueのロゴが。

日々使いながら、変化を楽しめるカトラリー。
ご自身の手で育ててみてはいかがでしょうか。

ご覧のとおり、経年変化したカトラリーは、深みが増してきますね。
丁寧に使い続けたいです。

共に時を重ねられるカトラリーはギフトにもピッタリです。
ラッピンクも無料で承っておりますので、お気軽にお申し付けください。

経年変化やお手入れの楽しみ方はこちらをクリック。