0年 0月 の投稿一覧

猪俣美術建具店訪問記 [後編]

こんにちは、メトロクス・オノデラです。

先週に引き続き、
新潟県上越市 猪俣美術建具店への
訪問記をお届けいたします。

さて、メトロクスでも人気の組子コースター

猪俣さんに、製作方法についてお伺いしました。

組子コースターの形、六角形を構成する
“三組手(みつくで)”という組子の技法について。

まず、“組手(くで)”とは、
細く切った板に溝を施し、釘を使わずに木を組んで接合する技術のことです。
板と板を90度垂直に組まれた、
ご家庭に取り付けられている一般的な障子も組手加工のひとつ。

その発展型として、“菱”という加工があります。
一般的な障子が90度に組まれていますが、
それを組手を30度前後傾けて組むと、菱模様となります。

“菱”のさらに発展型が、“三組手(みつくで)”です。
“三組手(みつくで)”とは、“菱”の辺と辺が交わる部分に、
さらにもう1本、板を加えたものです。

板と板の交わった部分の角度は60度。
正三角形が6つ集まって成り立っているということになります。

組子コースターも同様、
よくよく見てみると、
正三角形が6つ集まって、形造られているのがわかります。

組んでいないバラバラの状態のパーツです。
両端の2本のパーツは、同じ形のパーツで片側のみ溝が切り込まれています。
真ん中の一本は、両側から切り込みが入れられています。
(※上の画像は、コースターより大きいサイズの板です。)

組んだ部分の途中過程を上から見てみると、
切り口、はめ口が60度になるように
板の溝が細工されているのがよくわかります。

ぴったりはまって、気持ち良いです。

組子コースターの中でも、
日本の伝統的な模様としてもっともよく知られている「麻ノ葉」。
6つの正三角形の内の、ひとつをピックアップ。

長さがたった1cm程度の板の両端に糊をつけて、
正三角形の中に、取り付けていきます。

よくよくその小さな板を見てみると、
両端に施されたカットの角度が、それぞれ違っています。

三角形の頂点に接合する方は、60度に。
小さな板が3枚集まっている部分は、120度になっています。

正三角形の骨組み、
そしてこの小さな板のカットする長さや角度が、
少しでも狂うと、よい出来栄えになりません。
0.1mmという、髪の毛の太さ程の単位で、精度が大きく左右されるという、
わずかな誤差も許されない精度の高い技術なのです!

猪俣さんが製作する、メトロクスの組子コースター
ぜひお手にとって、その緻密な細工をご覧になってみてくださいね。

おまけ

お昼ごはんは、猪俣さんと
つるりんとしたのどごしの新潟名物「へぎそば」と、
よく脂の乗ったのどぐろの天ぷらとあわせていただきました。
美味!

へぎそばの盛り付け方、
魚のうろこみたいでかわいいですね。

猪俣美術建具店訪問記 [前編]

こんにちは、メトロクス・オノデラです。

本日は、工房訪問記。

先週の金曜日、
組子のコースターを製作していただいている
新潟県上越市の猪俣美術建具店にお邪魔してきました。

あたりは真っ白。
訪問させていただいた日は暴風雪でした!!

左側が工房、右側はショールームになっています。

猪俣美術建具店は、
日本建築独自の装飾技法である
「組子」を用いた建具を製作している工房です。

ショールームには、過去の作品や
サンプルなどが展示されています。

光とのコントラストが美しいです。

過去に製作した組子のサンプルパネルがたくさんありました。
これらは、猪俣さんのお父様が製作されたものとのこと。

約1mm程度の板を細かく組んで模様が作られています。
板の淵を面取りして、優しい表情にみえるものもあります。
とっても細かい作業・・・。
まさに、お見事としか言えません・・・。
しばらくの間、これらのサンプルを見て、うっとりしていました。

さて、工房では、猪俣一博さんと、
猪俣美術建具店の創設者であるお父様の2人体制で製作をしています。
忙しくて手が回らないときには、お母様にもご活躍いただくそうです。

工房の中には、
建具制作に必要なパネルソーやプレス機などの大物の機械の他、
イスなどの家具製作に必要なバンドソーなど、
木工に必要な機械類が一通り揃っています。

現在は、組子の建具が中心ですが、
数年前までは、家具の製作もされていたそうです。

今回の訪問では、「組子」についてより知識を深めることができました。

これらの組子がどのように作られていくのか、
制作工程を見ながら教えていただきました。

「組子」は、正確にカットされた細かな木片を手で組んでいく、
どの工程においてもわずかな誤差も許されない精度の高い技術です。
とくに、三本の板を組み合わせて制作する、
“三組手(みつくで)”と呼ばれる技法は、
より高度な技術と経験を要します。

それぞれのパーツがどのように作られているのかは企業秘密なので、
すべての工程はお見せすることができないのですが、
可能な範囲でご紹介させていただきます。

細長い板パーツに均一に切り込みが入っています。
よく見てみると、
切り口に角度がついていますね。

切り口の角度は、30度と60度が基本です。
この角度や幅、長さ、角の頂点の位置がほんの少しでも違うと、
きれいな仕上がりにならないどころか、組み上げることも困難になります。

手作業で、これらのパーツを糊を少量ずつつけながら、
糊がはみ出さないように、慎重に組んでいきます。

さらに、細かいパーツも、もちろん手作業。
根気のいる作業です。
この日はお客様への納品日が近いということで、
助っ人のお母様も作業中でした。

組み上げた後に、その上から鉋をかけます。

最後の仕上げは、サンドペーパーではなく、鉋をかけます。
サンドペーパーでは、白く粉っぽくなってしまいます。
鉋をかけることで、艶がでてきれいな仕上がりになります。
パーツが欠けたり、傷がついたりしないよう、
熟練の技術が必要です。

・・・と、あれよあれよと、
文章が長くなってしまいました。

訪問記は来週に続きます。

寒い冬にお勧めしたい鍋3選

こんにちは。
メトロクス・タカハシです。

暦の上では春ですが実際には1年で最も寒い2月…
まだまだ暖かい鍋が恋しいシーズンが続きます。

メトロクスも先週、新橋の韓国料理店でテンジャンチゲ(おそらくあれはそうだったと思う)
を食べてきました。

エヌクラフツブログではこれまで作家さんごとの作品にスポットを当てて
紹介することが多かったですが、今回は「お鍋」にスポットを当て
この冬是非使って欲しい鍋’3選を紹介します。

大谷哲也 平鍋

「大谷哲也 平鍋」
滋賀県を拠点に活動される大谷哲也さんは信楽の窯業試験場に勤務し独立された作家さんです。
国内外問わず個展やグループ展など精力的に活動され海外にもファンが多い作家さんです。

一見すると洗面器にも見えるこの平鍋はメトロクスで取り扱っている大谷さんの作品の中でも
一二を争う人気商品です。
真白な釉薬のみを用いたシンプルな磁器の平鍋は使ううちに徐々に味わい深い色合いになってきます。
保温力に優れているところもお鍋としては高ポイントです。

大谷哲也 平鍋
鍋料理以外にも炒め料理にも使え和洋問わず使える使い勝手の良さも魅力です。

平鍋 浅
Φ180:直径205(内径180)x高さ60㎜、容量1000ml ¥5,400
Φ210:直径235(内径210)x高さ65㎜、容量1600ml ¥8,640

平鍋 深
Φ180:直径205(内径180)x高さ80㎜、容量1400ml ¥6,480
Φ210:直径235(内径210)x高さ85㎜、容量2000ml ¥9,720

清岡幸道 キャセロール
「清岡幸道 キャセロール」
大谷さんと同じく信楽の作家さんである清岡幸道さんのキャセロール。
滋賀県立陶芸の森研修生を経て製陶所にてデザイン・製作などを担当した後、独立し
活動されている作家さんです。
清岡さんのエッジの聞いた陶器は従来の信楽焼のイメージを覆すフォルムが特徴です。

清岡幸道 キャセロール
普通のお鍋の他、カレーやシチュー、またご飯を炊いたりと色んな用途で使えそうです。

土鍋は金属製の鍋とくらべ、豆腐等の柔らかい食材が型くずれしにくいというメリットを持っています。
理由は鍋の底に空いた無数の小さい穴から出る水蒸気が金属製の鍋と比べて細かく
型くずれを防いでくれるのです。
また熱伝導率が低いため、ゆっくり火を通すことで素材の旨味成分が他の鍋よりも残りやすいのです。
こちらはメトロクス東京店でのみ販売しておりますので気になる方はお店までお問い合わせ下さい。

清岡幸道 信楽焼/キャセロール
直径220mm ¥19,440

釜定 組鍋
「釜定 組鍋」
岩手県盛岡市の老舗鋳物屋・釜定の組鍋。常に予約待ちが続いている待ってでも買いたいと
言う人が多数いる人気商品です。
今から待ってでもとなると来年の冬のお鍋で活躍することになってしまいますが、
この組鍋は中と大はまだ在庫が残っていますので今年の鍋としてお買い求め頂けます。

南部鉄器は温度ムラも少ないため調理しやすく、不足しがちな鉄分の補給もできます。
南部鉄器で湧かした水は滑らかで口当たりの良いものになるので、煮込み料理には高ポイントです。

釜定 組鍋
僕がおすすめしたいこの鍋のポイントはこの見事な収納の形。
組鍋の名前に恥じぬ納まりの良さです。
この並びの見事さを眺めていると全サイズ揃えたくなってしまいます。
容量としては小で1人前、中で2人前、大は家族で囲えるくらいの量が作れます。

釜定 組鍋(小) 232
幅140×奥行180×高さ38mm ¥3,024

釜定 組鍋(中) 231
幅190×奥行240×高さ47mm ¥4,860

組鍋(大) 230
幅250×奥行330×高さ50mm ¥8,640

余談ですが、僕の最近のブーム鍋は、豚バラ肉と白菜のミルフィーユ鍋。
CMを見よう見まねで作ってみたらあまりの美味さにこの冬すでに5回は
作っています。

まだ食べたことの無い方は是非ご賞味あれ!

Lue(ルー)の真鍮カトラリー ディナーセット登場!

こんにちは、メトロクス・オノデラです。

岡山県瀬戸内市在住の菊地流架(きくちるか)さんによる、
Lue(ルー)の真鍮のカトラリー。

肩肘を張らない自然な雰囲気と、
工業製品の洗練された良さを合わせ持つのが魅了です。

これまでのハンドクラフトの経験を生かした
「インダストリアルプロダクト」のラインに、
あらたに「ディナーセット」が登場しました!

ディナースプーン
ディナーフォーク
ディナーナイフ のセットです。

それぞれ1本ずつ、3本重ねてクリップで止め、
スタックすることもできます!

価格は、3本セット(クリップ付)で、¥4,752。

便利ですね!
普段使いはもちろん、
パーティーやアウトドアでも活躍してくれそうです。

 

では、それぞれについて、
もう少しくわしくご紹介していきます。

まずは、ディナースプーン

幅45×長さ195mm。
すくう皿状の部分はたっぷりサイズ。
スープスプーンとしても使うことができますよ。

 

そして、ディナーフォーク

幅30×長さ195mm。
股の部分の長さは長いので、
もちろんパスタフォークとしても使うことができます。

 

最後に、ディナーナイフ

幅33×長さ205mm。
刃の部分は、ギザギザと切れ込みが入っています。
肉も魚も両方に使うことができますよ。

 

そして、すべての仕様に、
Lue
INDUSTRIAL PRODUCT
MATERIAL : brass
made in Japan
と、刻印が入っています。

 

画期的なところがもう1つ!

このディナーセットは、
ディナースプーンディナーフォークディナーナイフそれぞれを
3本ずつ組み合わせて、
ディナーセットと同じクリップで止めることができます!
よく考えられたデザインですね。

それぞれの3本セットでも販売中!
単品での販売もしていますよ!



3本セット(クリップ付) ¥4,536
単品 ¥1,512



3本セット(クリップ付) ¥4,536
単品 ¥1,512



3本セット(クリップ付) ¥5,184
単品 ¥1,728

 

おまけ

インダストリアルシリーズ、第一弾で発売された「スポーク」。
こちらも、根強い人気商品。
5本一組での販売です。
もちろん、単品販売も行っています。


5本セット(クリップ付) ¥6,480
単品 ¥1,296

 

おまけのおまけ

先日、HOUYHNHNMさんのサイトで、
菊地さんの記事がアップされていました。
HOUYHNHNMさんのサイトはこちらから!

菊地さんの魅力が伝わる、とても素敵な内容です。

Lueのこれからの活動がたのしみですね!

ぜひみなさんも見てみてください!