0年 0月 の投稿一覧

ハラダマホ ギャラリートークへのご来場ありがとうございました

こんにちは、メトロクス・ハマダです。
練り上げ作家 ハラダマホ展」会期中のメトロクス東京にて
24(土)にハラダマホさんをお招きして、ギャラリートークを催しました。
本日はその様子のレポートです。

ハラダマホ ギャラリートーク
会場の様子。

 

ハラダマホ ギャラリートーク
奥がハラダマホさん、手前はメトロクススタッフ。

 

ハラダマホ ギャラリートーク
スクリーンに映し出されているのは、日本陶芸展に入賞したときの作品です。

 

ハラダマホ ギャラリートーク
自然豊かな熊本県の山中にハラダさんのアトリエはあります。
どれだけ山奥なのかというアピール(笑)と創作活動に影響を与えているという、
歌手の大滝栄一さんのラジオの話など、愉快なお話しが続きます。

 

ハラダマホ ギャラリートーク
ハラダさんのご実家の棚田。
この棚田の風景からインスピレーションを受けることもあるんだとか!

 

ハラダマホ ギャラリートーク
創作活動に影響を与えたという水木しげるの妖怪本。
なんともハラダさんらしいセレクトです。

 

練り上げの器ができるまでの工程を、比較的、単純でわかりやすい
「白樺」模様を例にご説明いただきました。

ハラダマホ ギャラリートーク
素材の色のままの土と黒い顔料で色付けした土。
色付けするにも、粘土に顔料をまんべんなく練り混ぜるという大変な作業!

 

ハラダマホ ギャラリートーク
2色の土をスライスしては重ね・・・を繰り返していき、
このような模様の塊が出来上がります。

 

ハラダマホ ギャラリートーク
できあがった塊からスライスし、扇型に整えます。

 

ハラダマホ ギャラリートーク
石膏型に貼り付けて成型していきます。

 

合わせた粘土と粘土を馴染ませるには何か月も寝かせるそう。
やはり、一番興味があるところだったようで、皆さん食い入るようにご覧になっていました。

練り上げは、成形した器にデザインを施す絵付けの器はと違い、
成型前の土に色付けし、それらを組み合わせて図柄を作っています。

金太郎飴や巻き寿司をイメージしていただくとわかりやすいでしょうか。
だからこそ、思い描いた図柄に仕上げるには、緻密に計算された図面が重要なんですね。

この工程を知ってから、複雑な模様の作品を手に取ってみると、
いかに根気の要る作業で、いかに精密性に問われる繊細な作品であるかが
よく分かり、その技術に脱帽し、ため息が出ます。

 

ハラダマホ ギャラリートーク
ハラダさんの作品の特徴のひとつとも言える、図柄のユニークなネーミングについて
方眼紙に描かれた図案とともに解説中。
投影されている器は「水面(みなも)」。

 

ギャラリートークの最後には、ハラダさんのご自宅の畑で取れたおいしいお茶と
ハラダさんお手製の「朝鮮飴」(美味!!!)を愉しみながら、歓談。

ハラダさんのおもしろいトークと温かいお人柄に触れ、
皆さん、より一層ファンになっていただいたようです!(我々も!)
たくさんの方にご来場いただきまして、誠にありがとうございました。

 

ハラダマホ ギャラリートーク
残念ながら、ハラダさんの在廊日は終了してしまいましたが、
31(土)までは、たくさんの作品の他、影響を受けたものの参考文献や
制作に使う道具一式など見応えのある展示物もご覧いただけ、
販売アイテムもまだまだございます。

ぜひ、会期中に足をお運びください。

ハラダマホ展 特設ページはこちら

「練り上げ作家 ハラダマホ展」開催中リポート!

こんにちは。
メトロクス・タカハシです。

画像(ウィンドウ、看板)
メトロクス東京では先週末の土曜日から「練り上げ作家 ハラダマホ展」が開催中
です。初日となった土曜日は沢山のお客様にお越し頂き本当にありがとうございました。

今日のブログでは、そんなハラダマホ展の世界観を少しだけご紹介します!

ハラダマホ展会場写真
お店に入って奥に進むといつものメトロクスよりもスッキリとした展示の中で
ハラダマホ展が開催しています。

ハラダマホ展会場写真
最初に目に入るテーブルではマホさんからお借りした作陶に使う道具や材料、成形前の
生地等貴重な品物を実際にご覧頂けます。

ハラダマホ展会場写真
道具の名前もユニークで、この道具の名前は見た目の通り「弓」。
生地をスライスする時に使用します。

ハラダマホ展会場写真
そして、この布袋は「ポンポン」。
ハラダさんいわく、特に名前がある訳ではなくそう呼んでいるそうな。
これは生地の成形中に形を整える時に使用します。
練り上げ用のバレンのようなものだとイメージして下さい。

ハラダマホ展会場写真
天井から吊っているパネルは練り上げの制作工程や作品のデザイン画です。
どうやって作っているんだろう?と気になっていた方も多いであろう練り上げ作りの
工程を順を追って説明しています。 展示している道具類と合わせてみると、より
練り上げについて詳しく知ることが出来ますよ!

ハラダマホ展会場写真
次に、ハラダさんが影響を受けた私物をお借りして展示しているコーナーです。
主に、書籍が多く、文学的な要素から影響を受けて今の作品に繋がっているんですね。
そういうところが少し風変りで魅力的な作家さんです。

ハラダマホ展会場写真
そして実際のデザイン画もこちらのコーナーでご自由にご覧頂けるようになっています。

 

ハラダマホ展会場写真
作品ですが、今回は販売用の作品以外にハラダさんからお借りした保管用の
作品も一緒に展示しています。 ハラダさんはこれまで作った自分の作品を保管されて
いるそうで今回は特別にそういった作品もお借りすることが出来ました。

ハラダマホ展会場写真
1コーナーに別々のテーマごとに作品を集め展示させて頂きました。
ちなみに、このコーナーはカップ:歯車、マグ:歯車、飯椀:線路とちょっと
インダストリアルなデザインの作品を集め、一緒に歯車を展示しています。

ハラダマホ展会場写真
さて、いよいよ実際に販売している作品のコーナーです。

ハラダマホ展会場写真
今回は、合計53種類の作品が集まった見応えのある作品群です!
1点のみの入荷しかない作品もあり既に完売となってしまった作品もあります。

パスタ皿:ナイアガラ

パスタ皿:ナイアガラ
作品の名前も一つ一つ面白く、例えばこのパスタ皿の名前は「ナイアガラ」ですが、
この名前の由来は大滝詠一のレコードレーベルやアルバムのナイアガラがモチーフと
なっている作品。

カップ:節子

カップ:節子
その他、この「節子」という名前のカップは昭和の名女優「原節子」からきています。

そんなユニークな作風のハラダマホさんの作品が集まった「練り上げ作家 ハラダマホ展」
は1月31日(土)までメトロクス東京で開催しています。

24日(土)にはハラダさんを招いたギャラリートーク、そして25日(日)は
臨時オープンとしてハラダさんの在廊日となっていますので
興味がある方は是非お越し下さい!

ギャラリートークは予約制となっており、下記の予約専用ホームページ
お電話、メールで受け付けていますのでご応募お待ちしております!

【ご応募はこちらから】

KIRICO*KILICO クラフト市で人気の器が再入荷!

こんにちは、メトロクス・オノデラです。

本日は、吉田順子さんによるKIRICO*KILICOの
切子のカップの入荷のご案内です。

昨年8月にメトロクスで開催いたしました、
第6回クラフト市で出品されていた
KIRICO*KILICOの器で、
とくに人気の高かった3柄6種類が再入荷いたしました。

 

まずは、メトロクスでは通常取り扱っていない色と形、
「ロックグラス」2種。

ロックグラス オーバル

定番で取扱中の小鉢でも人気のオーバル柄


ピンク


ピンク・藍 いずれも、上代:4,320円(税込)

 

ロックグラス スギナ


クリア


クリア・藍 いずれも、上代:4,320円(税込)

 

そして、小鉢としても使用できる、
人気の形、「フリーカップ」1種。
冷茶やアイスクリームやヨーグルト・・・
使い方いろいろです。

 

フリーカップ あられ草



紫・赤 いずれも、上代:4,536円(税込)

 

少量ずつの入荷。
どの器も、在庫限りとなります。
ご興味のある方はお早めにご検討くださいね。

『練り上げ作家 ハラダマホ展』開催のお知らせ

あけましておめでとうございます。
メトロクス・オノデラです。
さて、2015年、新しい年のはじまりです。

今年初のエヌクラフツブログは、
メトロクス東京のショップにて1月17日(土)から開催する
ハラダマホさんの個展
『練り上げ作家 ハラダマホ展』のお知らせです!

ハラダマホ展

今回のエキシビジョンでは、
練り上げ作家 ハラダマホさんの
個性的でユニークな図柄・モチーフが
いかにして生み出されるか紐解いていきます!

エキシビジョンで展示するのは、
ハラダさんの新作 約100点の他、
これまでに製作してきた過去の作品 約50点、
作風に影響を与えた私物、
練り上げの製作工程や道具に材料、
柄の図案、
などなど・・・。

ハラダさんの脳みその中身をのぞかせていただきながら、
作品に対する思いを感じていただくことで、
より深く作品にご興味を持っていただければと思います。

また、1月24日(土)には、
熊本からハラダマホさんをお招きして、
ギャラリートークを開催いたします。
———————————————————————-
●開催日時:2015年1月24日(土) 14:00~
●定員:30名
●会場:メトロクス東京
●参加費:無料
●申し込み先:受付専用サイトはこちら
または、お電話でのお申込みも承ります。
メトロクス東京(TEL:03-5777-5866)
※イベント終了後、ご参加いただいた皆さまに
ハラダさんの器でお茶とお茶菓子をご用意しております。
———————————————————————-
作陶活動についてご質問・ご意見などをお伺いしながら、
ご歓談の場を設けてまいります。

ちなみに、
このたびのエキシビジョンのDMになったマグカップの模様は、
「サバンナ」
!!!
サバンナ・・・・ですよ。
ユーモア溢れる独特なネーミングセンスについても
いろいろお伺いしちゃいます。

また、今回限りのうれしい特典。
お買い上げ10,800円(税込)以上のお客さま 先着30名さまに
ハラダマホさんに特別に製作していただいた
練り上げの豆皿をプレゼントいたします!

ハラダさんの過去から現在までの作品、
そして製作工程を一斉に展示するのは、
このメトロクスでのエキシビジョンがはじめてとなります。

「練り上げ作家 ハラダマホ展」は、
1月17日(土)~1月31日(土)
※作家在廊日:24日・25日

※会期中は、1月25日(日)もオープンいたします。

ただいま、小売スタッフ総動員で準備中!

ぜひぜひ、見にいらしてくださいね!
おたのしみに!