0年 0月 の投稿一覧

伊藤丈浩さん 5年ぶりの個展! 『kind of』

こんにちは。メトロクス・オノデラです。

先週末10月25日(土)から吉祥寺のmist∞(ミスト)さんで開催されている、
益子在住の作家、伊藤丈浩さんの個展にお邪魔してきました。

伊藤さんの個展は、なんと5年ぶりの開催です。

2011年の震災や、お子さま誕生にともなう育児、
工房のお引越し、ご自宅の新築など、いろいろな要素が重なり、
前回の個展から気づけば5年も経ってしまっていた、と伊藤さん

今までのスリップウェアに加え、
今回は新たな技法の作品も初お目見えです!

伊藤さんに今回の新作について、
いろいろとお話しをお伺いしました。

新たに加わった要素は、
小鹿田焼などにも用いられる加飾法、「刷毛目」という技法を用いていること。
ろくろを使った成型をしていること。
地元栃木県で採掘される大谷石を用いた釉薬を使用していること。

「刷毛目」模様について。
ろくろで成型した土に、一度下地となる白土を掛けて、
刷毛で凹凸(模様)を付けて乾かした後、上から、違う色の釉薬を掛けます。
表面の釉薬を削ると、
はじめに刷毛で凸凹を付けた、凹の部分に上からかけた釉薬が入り込み、
凸の部分には白土が残り、模様ができるそうです。

刷毛目のリズムが気持ちよく、
釉薬と白土のコントラストがとてもきれいです。

マグカップやポットの取っ手が
のびのび自由な形でおもしろいです。

新作だけではなく、もちろん今までのスリップウェアの作品もあります。

新作を製作していくにあたり、
今までのスリップウェアの作品といっしょに展示したときに
違和感がないようにすることも意識されたそうです。

スリップウェアの作品の中に、
大谷石を砕いた釉薬を用いて製作された作品があります。
今までのスリップウェアと少し印象が異なり、落ち着いた色合い。
模様は、滲んでいるような仕上がりで、とても味わい深く感じました。

伊藤さんの個展は、10月31日(金)まで開催されています。
伊藤さんの新しい作品にたくさん出会えます。
みなさま、ぜひぜひmist∞さんへ足を運んでみてください!!

メトロクスにも、伊藤さんの作品が再入荷しておりまよ。

おまけ

私は、スリップウェアのフラワーベースを購入しました。

このフラワーベースは、
平面ではなく、垂直な面にスリップウェアの模様がついています。
ろくろに乗せて回しながら、息を止めて、いっきに一本の線で模様を描くそうです。
平面ではなく、垂直な面に模様をつけていくのは、
同じように描こうと思っても、なかなか描けないとのこと。
そのときにしかできない、偶然にできる模様はおもしろいですね。

さっそく使っています。
おいしそうに見えるのは私だけでしょうか。

美味しさは良き道具から─南部鉄器のお鍋が入荷しました

こんにちは、メトロクス・ハマダです。
日曜の朝にフジテレビの「新報道2001」を観ていたら
南部鉄器の特集をやっていました。

南部鉄器 工場

1970年代には80以上もあった岩手県南部地方の鉄器工場は、
現在、30ヶ所くらいまでに減っているそうです。
まさか、ここまでとは…実際に数字で見ると驚愕。
こうやって伝統工芸が失われていくの?と焦りさえ覚えました。

そして、今後、南部鉄器の職人がどんどん減ってしまうことに
価値を見出した中国の方がいま、南部鉄器を買い占めているとのこと…!
投機対象というよりは、コレクターが多いようですね。
しかしながら、中国本土で数百万円で出品されていたりするのもまた事実。。。

エヌ・クラフツでも南部鉄器を取扱っていますが、
常に数か月~半年待ちといった状況で、人気のほどが伺えます。
(実は先日、一部入荷しました!続きは後半で…!)

南部鉄器 工場

特集の中で、日本在住26年のアメリカ人・八須ナンシーさんも
南部鉄器の愛用者として紹介されました。

鉄瓶ならお湯がまろやかに、
鍋やフライパンで焼けば食材が驚くほど美味しくなる。
「こんな良いものを使わない方が不思議。」といったことをおっしゃっていました。

安い道具に比べると、もちろん、鉄なので錆びやすく、
お手入れが必要で手間はかかります。
しかし、手入れさえしていれば、親子3代、いやそれ以上、
半永久的にずっと使っていける道具なのだから、高くて当たり前だと。

ホント、正論ですね。
3年使えば良いくらいで捨てられていく普通のフライパンと比べて、
一生使えるのですから、コストパフォーマンスとしては良いんだと思います。

モノの良さを見出して愛着をもって使っていく。
現代の生活の中では、どうしても利便性や手軽さを優先してしまいがちですが、
何かひとつでも、スローライフじゃないですけれど、
こういった考えを反映したモノを使い続けていたいものです。

私も鉄製のフライパンをひとつ、愛用しています。
(南部鉄器ではなく、柳宗理さんのものですが・・・)
ズボラするとすぐに錆がついてしまったりするので、
このひとつだけは丹念込めて愛用中です。
お肉や魚、パンケーキ、どれもその他のお手軽フライパンではできない味になります。
鉄のフライパンで焼くチヂミは絶品です!

さて、長くなってしまいましたが、老舗・釜定の南部鉄器が再入荷しています。
毎度、入荷数は少なく、欠品するとまた、半年以上先まで入荷見込みはありません。
フライパン、鍋など人気のアイテムです。
お早目にどうぞ。

釜定 オールパン
釜定 オールパン ¥6,696

釜定 オイルパン
釜定 オイルパン ¥8,640

釜定 組鍋
釜定 組鍋 (小)¥3,024
釜定 組鍋 (中)¥4,860
釜定 組鍋 (大)¥8,640

釜定 洋鍋
釜定 洋鍋 (小)¥5,940
釜定 洋鍋 (中)¥10,800.

その他の釜定の取扱一覧はこちら

練り上げの器作家 ハラダマホさんの工房 訪問記!

こんにちは、メトロクス・オノデラです。

先月末、練り上げの技法を用いて器を製作されている、
ハラダマホさんの工房にお邪魔してきました。
このたびの訪問の目的は、
来年1月にメトロクスで開催予定の催事の打ち合わせのため。
催事の詳細はまだお知らせできませんが、
ハラダさんの工房訪問の際に見てきたことを
ちょっとだけですがご紹介させてください。

まずは、ハラダさんの工房。
工房の中をご案内いただき、
催事用の資料として、写真撮影させていただきました。

材料に道具に、製作途中の作品・・・。
どれも興味深い!

とくに目を奪われたのは、
ハラダさんがデザインを考える際に絵が画れる模様の設計図。
練り上げの技法は、陶芸の中でもとくに時間も労力も必要な技法です。
このように、ハラダさんの器の模様は、綿密に計算されてできています。

実際に、カップ(白樺)を製作しているところを見せていただきながら
その製作工程もおしえていただきました。

よりくわしい製作工程や工房の様子などは、
来年1月の催事の際にみなさまにお伝えできる予定です。
おたのしみに。

さて、ハラダマホさんの工房は、
熊本市街地から車で約1時間30分。山の中にあります。
ハラダさんから、訪問前に、
「だいぶ山の中だよ。夜は暗いから危ないよ。」
とお伺いしていたものの、
私は北海道出身ということもあり、大自然に慣れている方であると自負していたので、
「山の中くらい大丈夫」と高を括っていましたが、
実際に訪れてみて、やっとハラダさんのおっしゃっていた意味がわかりました。

私の想像をはるかにはるかに超えていました。
まさに秘境!

ハラダさんのご自宅兼工房の横の細道をずんずん進んでいくこと5分・・・。
もう車が通れる道も街頭もありません。

道の奥には、すばらしい棚田の風景が広がっていました。


※右側の奥に見える小さな人影は、ハラダさんのうしろ姿。

お昼ご飯は、ハラダさんお手製弁当と
ハラダさんのお家の畑で採れたいちじくを
いっしょに棚田を見下ろしながらいただきました。

ハラダさんとピクニック。
自然の中で、おいしい空気と美しい風景と
いっしょに味わうお弁当は、それはもう格別でした。

その後は、棚田を見ながらのんびり散歩。

ハラダさんからお借りした蚊取り線香を
腰に巻きつけて、
虫なんかへっちゃらです!

ちょうど私がお伺いした時期は、
金色にはなっていませんでしたが、稲穂がたわわに実り、
真っ赤な彼岸花が満開でした。

金木犀、銀木製も満開。
甘い香りがただよい、秋の気配を感じました。

散歩から戻った後、ハラダさんのご自宅で、
ハラダさんのお母さまお手製のおはぎもごちそうになりました。
こちらもおいしくてほっぺたが落ちました。

このたびの訪問では、ハラダ家のみなさまに、
やさしくおもてなしいただき、心があたたまりました。
いとこのお姉ちゃんの家にあそびに来ている気分になりました。
仕事で打ち合わせのためにお伺いしたにもかかわらず、
心身ともにリフレッシュ。

ハラダさん、ハラダさんのご家族のみなさま、
ありがとうございました!

来年1月の催事がたのしみにです。
とてもたのしい催事となりそうです。
年末ころにはご案内できるかと思いますので、
もうしばらくお待ちください。

木を継いで生まれる美しいディテール

こんにちは、メトロクス・ハマダです。
今日は「仕口」について書いてみます。

 

仕口(しくち)とは。

建築において、二つの木材を直角あるいは斜めに接合する伝統的な技法です。
両方にかかった力の伝達が的確に行われるよう、
それぞれに「ほぞ」(突起部分)と「ほぞ穴」をつくり組み合わされます。

継手など付知木工の技術が光る asahinekoの仕口シリーズ

構造や強度などの観点から用いられる工法ですが
その仕上がりの美しさを芸術的に捉え、図柄として製品に反映したのが
asahinekoの仕口シリーズです。
これらは家具デザイナーの小泉 誠さんがデザインを手がけています。
木曽五木の、あすなろ・さわら・ひのき・ねずこ・こうやまきが材料です。

継手など付知木工の技術が光る asahinekoの仕口シリーズ

たとえば、箸置きナイフレスト
ひのき(色の薄い方)・ねずこ(色の濃い方)の2つの木材で
組み合わされています。

継手など付知木工の技術が光る asahinekoの仕口シリーズ

このように分解して考えるとわかりやすいです。
両者がぴったりと合うように加工され、組み合わされます。
精密に加工できる木工技術がないと、こうはうまく接合されません。

継手など付知木工の技術が光る asahinekoの仕口シリーズ

和にも洋にも使えるシンプルなデザインは毎日の食卓にぴったり。
表面はウレタン塗装されていて、使い勝手も◎です。

継手など付知木工の技術が光る asahinekoの仕口シリーズ

こちらは、ソルト&ペッパーの「SPICE+」。

継手など付知木工の技術が光る asahinekoの仕口シリーズ

接着されていないので、仕口部分を離すことができ、
使用後は組み合わせたり、とブロックのように使えます。
ストンと収まる感覚がたのしい一品です。

継手など付知木工の技術が光る asahinekoの仕口シリーズ

木を継ぐという美しいディテールが味わえる「仕口シリーズ」。
いかがでしたか?
在庫限りで終了となる見込みですので、お早目にどうぞ。
仕口 箸置(5個セット) ¥4,536
仕口 ナイフレスト(5個セット) ¥4,860
仕口 SPICE+ ¥3,024