0年 0月 の投稿一覧

年の瀬のご挨拶

クリスマスが終わって、あといくつ寝るとお正月。
まだ年賀状に着手できていません、メトロクス・ハマダです。

エヌクラフツ 深鉢・ひょうたん(吉田順子) 芹沢銈介カレンダー パネル(釜定)

エヌクラフツでは今年、新しい試みとして「クラフト市」を開催してまいりました。
4月には鈴木稔さんの薪窯の器、6月には吉田順子さんの切子
8月には大谷哲也さんの磁器、10月にはハラダマホさんの練り上げ
そして今月は清岡幸道さんの信楽焼
普段は取り揃えていない器を集めてのイベントで、少々不安もありましたが、
どの作家さんの作品も大変好評で、この一年、エヌクラフツを盛り上げてくれました。

エヌクラフツ クラフト市

今後もこういった楽しい催事を企画してまいりますので、どうぞご期待ください。

さて、年末年始の営業日ですが、メトロクス東京のショップは12/28(土)まで、
年始は1/4(土)からの営業です。※オンラインショップについてはこちら

今年も残すところ、あとわずかとなりました。
2013年もエヌクラフツブログをお読みいただき、ありがとうございました。
1月には新商品を準備中ですので、ぜひ楽しみにしていてください!
それでは、良いお年をお迎えください!

 

年末年始のお楽しみ!2大キャンペーン開催中です。

お年玉福引キャンペーン中身のえらべるボビーワゴン福袋2014

釜定の鉄器が新たにエヌクラフツに仲間入り

どうもこんにちは、メトロクスの高橋です。

今日はクリスマスイブですね!皆さんはどこかに出かけられますか?
クリスマス寒波なのかここ数日でぐっと冷え込んだようで…
風邪をひいて新年を迎えることのないよう体調管理には気を付けたいところです。

さて、今回はそんな寒いこの時期に使ってもらいたい「釜定」の鉄器を紹介しましょう。


右から順に「オールパン」、「ミニパン」、「オイルパン
一番左の木の持ち手がついた鍋は「洋鍋(小)」その下は「組鍋(小)」です。

オールパンとミニパンは深さがあり汁気の多い料理におすすめです。
この2つは持ち手が短いのでそのまま食卓に並べても映えるデザインです。


そして僕のおすすめはこちらのオイルパンです。
持ち手の部分が本体からすっと上に伸び、長めの取っ手が直角に伸びた特徴的なデザインです。

一番大きなこのサイズですが、薄手で軽く料理意欲を引き立たせるグッドデザインです。


使わない時は3つ重ねて収納することもできます。


洋鍋と組鍋はオーブンでの調理にも使いやすいコンパクトなサイズです。
写真のもの以外に、洋鍋はもう一回り大きい「洋鍋(中)」、組鍋も「」、「」の
全部で3サイズ展開です。見た目的に洋鍋はシチュー、組鍋はすき焼きに使うと
より美味しそうに見えるのではないでしょうか?
その他、オーブンではグラタンやハンバーグ、グリル料理など、
香ばしい焼色をつける料理にも重宝するはずです。

また、今回紹介したアイテムは底が平たいのでIHでも利用できるのもおすすめのポイントです。
鉄の鍋は熱伝導率が高く保温性に優れているので暖かい料理を長く楽しむことができ、
更に料理の際にイオン化した鉄分が溶け出し効率よく鉄分を補給することができるそうです。


現代生活になじむスッキリとした釜定の鉄器を手にして頂き、ずっしりとして
かさばりそうな南部鉄器のイメージが変わるきっかけになってくれれば嬉しい限りです。

釜定」についてもっと知りたい方は過去に工房を訪問した時のブログが
こちらにあるのでよかったらご覧ください。

第5回クラフト市 清岡幸道さん~信楽焼のうつわ~:器紹介

こんにちは、メトロクス・スギウラです。

本日は、大好評頂いています、クラフト市「清岡幸道 信楽焼のうつわ」より。
完売してしまった作品もありますが、どんなうつわがあるの??という声にお応えして、
全てご紹介したいと思います。

 

まずは、盛り付ける食材の鮮やかさをより引き立ててくれる、
黒釉というマットで深みのある色合いの釉薬が使われている、鍋やうつわ。

清岡 幸道 黒釉耐熱片手鍋
スープなどの煮込み料理を調理して、そのまま食卓に並べても素敵。
黒釉耐熱片手鍋 ¥8,400

 

清岡 幸道 黒釉耐熱グラタンボウル
丸くて可愛らしいフォルムと左右についた小さな取っ手がアクセント。

左:グラタンだけでなくスープボウルや小鉢としても使えるサイズ。
黒釉耐熱グラタンボウル(小)¥3,150 SOLD OUT
右:直径16cmとやや大きめで、サラダボウルや大鉢としても使えるサイズ。
黒釉耐熱グラタンボウル(中) ¥4,410

 

この3点は直火での調理もできるという万能なうつわ。
ハンバーグやステーキ、スープなど、プレートごと火にかけて、
じゅうじゅうグツグツと美味しそうな音のまま、食卓に出せます!

清岡 幸道 黒釉耐熱 リムプレート リム皿 ボウル
左:鉄板のように、直接火にかけてソーセージやハンバーグを焼くのもおすすめ。
黒釉耐熱リムプレート ¥6,300

中:一人分のパスタやカレー、オーブン可なのでパエリアなどのお料理にもおすすめ。
黒釉耐熱リム皿 ¥6,300

右:一人分のパスタやカレー、深さもあるのでどんぶりや盛り鉢としても使えます。
黒釉耐熱ボウル ¥6,300

耐火のうつわのうらはこのような感じ。

 

エヌクラフツの定番商品では、色の濃いうつわが多かったので、
珍しい模様や色味のリム皿が3点。
こちらも、サラダのような前菜や、パスタもカレーにもおすすめです。

清岡 幸道 青灰8寸リム皿
つるりとした手触りとは裏腹に土の素朴な温もりも感じられる作品。
青灰8寸リム皿 ¥5,775

清岡 幸道 灰白8寸リム皿
土に含まれる鉄分が作り出す黒い斑点がアクセントとなっていて、
無駄のないすっきりとしたフォルム。
灰白8寸リム皿 ¥5,775

清岡 幸道 オリーブ削ぎ皿
リムを縁取るように削ぎ(しのぎ)が施されていて、
シンプルな中にも華やかさのある味わい深い作品。
オリーブ削ぎ皿 ¥6,300

 

清岡 幸道 錆釉ジャグ
金属質のような風合いがあり土の素朴な温もりがダイレクトに感じられる作品。
水差しや花器としても使える、錆釉ジャグ ¥7,875

カッコいいです。あまり見たことがない形と風合いなので、
プレゼントとしても喜ばれそうです。

 

清岡 幸道 オリーブリムボウル オリーブリム鉢
透明感のある艶やかなオリーブ色と内側のマットな質感とのコントラストが特徴的。
左:直径は13cmで小鉢や飯椀としても使えるサイズ。
オリーブリムボウル ¥3,150

右:丸くコロンとしたフォルムとくびれが特徴的で、煮物や副菜の小鉢、
取皿としてちょうどいいサイズ。
オリーブリム鉢 ¥2,625

とても綺麗なオリーブ色。
水玉のような珍しい模様も素敵なので、個人的におススメです!

 

清岡 幸道 灰白ボウル 青灰飯椀
左:直径は14.5cmで小鉢や飯椀としても使えるサイズ。つるりとした手触りで、
土に含まれる鉄分が作り出す黒い斑点もアクセントとして良い味。
灰白ボウル ¥3,360

右:片手に収まる浅型で、青緑がかったグレーの色味が淡白かつ、
無駄のないすっきりとしたフォルムが美しさを際立たせている作品。
青灰飯椀 ¥2,940

こちらも雰囲気があってカッコいいですよ!

 

メトロクス クラフト市 清岡幸道 / 信楽焼

寒い日のお料理にもピッタリ合う、重厚でありながら上品な、
使い勝手の良い、清岡幸道さんのうつわ。どれも大活躍間違いなしです。
是非、いろいろなお料理と一緒に、食卓を彩って下さいね!

本日スタート!第5回クラフト市 清岡幸道さん~信楽焼のうつわ~

みなさん、こんにちは。メトロクス:タニです。
お待たせいたしました、今年最後のクラフト市、信楽の清岡幸道さん~信楽焼のうつわ~
が本日からスタートしました!
清岡幸道 クラフト市 信楽焼の器
店頭では先行して展示販売中です。
是非、ご来店ください!

今日はあいにくのお天気ですが、午後は雨も上がるとのこと。
お店の入り口にも看板を出しております。目印はこちら。
クラフト市 清岡幸道 看板
今回のクラフト市は店頭ではなく、奥のクラフトのスペースで展示しました。
他の作家さんの器なども合わせてご覧頂ければ嬉しいです。

メトロクス東京 店内
SALEも開催中ですが、その奥のスペースへどうぞ。

清岡幸道 器 アイアーマンテーブル清岡幸道 器 オリーブ
手前のテーブルには青灰オリーブの器を展示しています。
どれも使いやすいサイズ、手に取って頂くとさらに実感できます。

清岡幸道 耐熱の器 アイアーマン ダイニング清岡幸道 耐熱の器
奥のテーブルには耐熱の器を中心に展示しました。新作のリム皿
片手鍋、さらに土鍋など寒い冬真っ只中の今使いたい器がたくさん。
※土鍋は店頭のみでの販売となります
人気のグラタンボウルにも一回り大きい「中」サイズが入荷。
鍋焼きうどんなどにも使いたいですね。さらに、1点のみのジャグもあります!
どの器も数点はありますが、お早目をおススメします。
お待ちしております!

第5回クラフト市 清岡幸道さん~信楽焼のうつわ~ 予告!

こんにちは。メトロクスのオノデラです。

師走です。そろそろ湯たんぽが手放せぬ季節になりました。
みなさま、いかがお過ごしでしょうか。

さて、今年から始まったエヌ・クラフツの「クラフト市」。

4月の鈴木稔さん[益子焼]
6月の吉田順子さん[切子]
8月の大谷哲也さん[白い磁器の器]
10月のハラダマホさん[練り上げの器]

に続いて、
12月10日から始まる、今年最後のクラフト市を飾るのは、
清岡幸道さんの[信楽焼のうつわ]です。

清岡幸道さんは、信楽に拠点を置き、
地元の土と釉薬を用いて製作されています。

従来の信楽焼のイメージを覆すシャープなフォルムが特徴です。
落ち着いた色合いとマットな表情が、料理や食材を引き立てます。

今回のクラフト市は、
これまでエヌクラフツでは登場していない作品を中心に集めました。
直火にかけられることが人気の「耐熱・耐火」の器も
多数入荷してきております。

ではでは、メトロ撮影隊ハマダ・スギウラ組による、
今回出品される器の画像を、一足先にちょっとだけ公開!


耐熱の片手鍋


耐熱のプレート


ジャグ


オリーブ色のプレート


耐熱のグラタンボウル


耐熱のキャセロール

どれも日常的に食卓で活躍してくれそうなものばかりです。
清岡さんの器をみていると、
料理意欲も食欲も、むくむく湧きますね。

画像の器の他にも、たくさんの器が入荷してきていますよ。

この時期にあわせて、
エヌクラフツで定番として取扱のあるフライパンマグも入荷してきています。


錆釉角手マグ灰白角手マグ


耐火フライパン(※画像は中サイズ)

清岡幸道さんのクラフト市開催日程は、
来週の12月10日(火)から12月25日(水)まで。
オンラインショップとお店の同時開催です。

お楽しみに!!