0年 0月 の投稿一覧

エヌクラフツに夏らしい風物詩が加わりました

こんにちは、メトロクス・ハマダです。
いやーな雨が続いています!
真夏よりも、このムシムシとした暑さが苦手です。

我が家には出窓があり、そこにリネンのブラインドを下げているのですが、
先日そのリネンの裾にカビがあるのを発見・・・・・
ちゃんと除湿機を有効活用せねば、と使われずに眠っていた
プラ○マクラスターを引っ張り出してみましたが、
よく見たら「加湿」機能のみ。残念。除湿機を買おうか検討中です。

みなさんは湿気対策を何かされていますか?
布のカビ取り方法があれば、ぜひ教えてください。

 

さて、話は変わりますが、こうも急に暑くなってくると、
現代人はすぐにエアコンを使います。
電車の中なんて冷蔵庫のようにキンキンで、毎朝ブルブル震えています。
私はエアコンが苦手なので、暑さムシムシ対策はもっぱら
扇風機とうちわと保冷剤です。

そう、長い前置きはこのくらいにして、今日はうちわのご紹介。
この度、柚木沙弥郎 房州うちわの販売を開始しました。

柚木沙弥郎  房州うちわ 型染め和紙を使った千葉県館山の伝統工芸品

このうちわは、日本三大うちわのひとつとされる、千葉県館山市の伝統工芸品
房州うちわ」に分類されます。
地域に自生する女竹(めだけ)が用いられており、竹がそのまま丸柄になっています。
そして、その先端が細かく割かれて、骨組みを形成しています。
その細工の細かいこと。
試しに数えてみたら48本に割かれていました(個体差あり)。
職人技です。

柚木沙弥郎  房州うちわ 型染め和紙を使った千葉県館山の伝統工芸品

絵柄には「型染め」が用いられています。
「型染め」とは、日本の伝統的な染色技法で、その名前からもわかるように
型を使って和紙を染めるのですが、とても手間暇がかかります。

まずは、型を彫ります。
和紙に型をあて、糊を置いて乾かします。
次に顔料で地染めして、また乾かします。
糊を洗い落すと白抜きの絵柄が浮かび上がるわけです。
そして、また乾かします。
簡単に説明しただけでも、乾かす工程が3回も。時間を要することが想像できますね。

そんな手間暇のかかる「型染め」の一番の魅力は、その風合いです。
柔らかなにじみやラインの素朴さには、印刷では表現できない温かみを感じます。
染めているので、紙の内部まで染料が浸透しており、
プリントのようにシワの部分が白く色はげすることがないのです。

柚木沙弥郎  房州うちわ 型染め和紙を使った千葉県館山の伝統工芸品

柚木沙弥郎さんは、人間国宝・芹沢銈介さんに染色を学んだ方で、今年で御年91歳。
民芸の味わいを色濃く残した温かみのある絵柄が特徴的な作家さんで、
今回、エヌクラフツでセレクトしたこの5種も、大胆な色彩やユーモラスな絵柄ばかりです。

柚木沙弥郎  房州うちわ 型染め和紙を使った千葉県館山の伝統工芸品
左上から、
かぼちゃ
山に雲
青海波 双魚

 

一般的なうちわと比較してみましょう。

柚木沙弥郎  房州うちわ 型染め和紙を使った千葉県館山の伝統工芸品

街角で配られているプラスチック製のうちわより、ひと回り大きく、
少しそよがせただけでも顔全体にあたるくらいの風を起こせます。
竹と和紙なので軽く、肌にあたる風は柔らかく、上品です。

 

うちわは、日本の四季を表す風物詩、俳句では夏の季語になります。
プラスチックの使い捨てよりも、こういった工芸品のうちわの方が粋で風流ですよね。
この夏はうちわ持って浴衣着て花火見に行こうかしら、という気持ちにさせてくれます。
そうか、うちわはファッションのひとつなんですね。

私のイチ押しは、第一印象では「山に雲」でしたが、
ちょっと「双魚」のかわいらしさに惹かれつつあります。
みなさんのお好みは、どの絵柄でしょうか?

柚木沙弥郎 房州うちわ

柚木沙弥郎 房州うちわ ¥3,150

KIRICO*KILICO 吉田順子さんのクラフト市とオールドキリコ

みなさんこんにちは。メトロクス:タニです。
先週から始まりました、クラフト市~KIRICO*KILICO 吉田順子さんの切子ガラス~
吉田順子 KIRICOKILICO
是非この季節に使っていただきたいガラスの器がたくさん入荷してきています。
オンラインショップでも購入可能ですので、メトロクスのお店まではお越しいただけない
皆様も、是非そちらからご注文くださいね!
⇒オンラインショップはこちら

さて、昨年の7月に開催をした「オールド切子展」。珍しい昭和初期の江戸切子を多数
展販売をしました。今年も少量ですが、入荷してきましたので、今回のクラフト市に
合わせて店頭で販売しています。
今日のブログではその「オールド切子」をご紹介します。タンブラーなどは複数個
ありますが、鉢や水差しは全て1点もの。是非ご覧ください。


No.84 水差し:花 コップ付 青
¥6,300-


No.83 水差し:ストライプ コップ付 青
¥8,400-


左:No.81 水差し 赤 ¥4,725-
右:No.82 水差し 青 ¥4,725-


No.78 浅皿 紫 直径247㎜
¥6,300-


No.77 中皿 紫 直径213㎜
¥6,300-


No.93 鉢 薄紫 直径245㎜
¥8,400-


No.79 浅皿 薄緑 直径250
¥4,200-


No.30 灰皿 赤 直径120㎜
¥4,200-


No.80 灰皿 赤 直径120㎜
¥4,200-


No.86 ステム付タンブラー 赤
¥2,625- 在庫:7個
透明ですが、葉っぱのカットが施されています。

このステム付タンブラーは店頭でも人気です。


No.90 タンブラー 赤
¥3,150- 在庫:3個


左:No.89 タンブラー 小 紫 ¥2,625- 在庫:1個
右:No.88 タンブラー 大 紫 ¥3,150- 在庫:2個


No.91 タンブラー 青
¥2,625- 在庫:9個


No.92 タンブラー 小 青
¥1,890- 在庫:6個

他にも水差しの種類は豊富にあります。




夏はそこまでやってきています。
是非ご来店くださいね!

第2回クラフト市~KIRICO*KILICO 吉田順子さんの切子ガラス~始まりました

みなさんこんにちは。メトロクス:タニです。
さて、先日もブログでお知らせをしておりました、
クラフト市~KIRICO*KILICO 吉田順子さんの切子ガラス~が始まります!
クラフト市 吉田順子 KIRICO*KILICO
クラフト市は今年から始めた新しい取り組みで、
エヌ・クラフツで取り扱いをさせて頂いている定番品以外の
作品を期間限定で販売をする企画です。
隔月で違う作家さんのものをオンラインショップにもアップし、
メトロクスの店頭でも展示販売を行います。

4月にアップした、益子の鈴木稔さんに続く第2回。
人気の切子ガラス作家、KIRICO*KILICO 吉田順子さんの作品です。
吉田順子 KIRICO*KILICO 
新作(今まで定番で扱ったことのない柄と器))が28種類、約60個入荷しました。
吉田さんの切子は日本全国から問い合わせやオーダーも多く、
皆様へご案内できればと思い、オンラインショップにも全作品アップします。
是非ご覧ください!
⇒クラフト市ページはこちら。

さて、いつものように僕のおススメをご紹介します。
もちろん全部素敵なのですが、中でもこれらは珍しかったり、
今の季節にピッタリだったり、家で飾っておきたかったり。
吉田順子 KIRICO*KILICO 冷酒杯 かざぐるま
冷酒杯 かざぐるま。新しい柄ですね。テーブルに映り込む影も素敵です。
これからの季節、キリッと冷えたお酒を飲むのにいかがでしょう?
青と緑が入荷しています。

吉田順子 KIRICO*KILICO デザートグラス 野イチゴ
デザートグラス 野イチゴ
脚のついたボウルです。これはかわいらしい野イチゴの模様。
かき氷、アイスクリーム、フルーツなどがきっとおいしく食べられますね。

吉田順子 KIRICO*KILICO カップ キカガク
カップ キカガク
取っ手のついたマグカップです。模様は人気のキカガク。
耐熱ガラスではないため熱湯は危険なので控えて頂きたいのですが、
少しは温かい飲み物でもお使い頂けます。
一年を通して活躍してくれそうですね。

吉田順子 KIRICO*KILICO Sワイン 
ワイングラスです。これが僕は今回一番ほしいグラスです。
柄も左から「バタフライ」「キカガク」「しずく」の3種。各2個ずつの入荷です。
何か特別な日に使いたいですね。

店頭には定番も一緒に展示しています。
吉田順子 KIRICO*KILICO 定番品

そして、今年もオールド切子を販売します。
facebookなどでは告知をしていますが、今年復刻をしたアンジェロ・マンジャロッティの
ジュニアシリーズ
。サイドボードとシェルフに展示しています。
オールド切子 アンジェロ・マンジャロッティ ジュニア

オールド切子 アンジェロ・マンジャロッティ ジュニア
オールド切子については来週もう少し詳しくブログでご紹介します。
お楽しみにお待ちください。

「にわのわ アート&クラフトフェア チバ」に行ってきました

みなさん、こんにちは。メトロクス:タニです。
先週のブログでもご紹介した、「にわのわ アート&クラフトフェア チバ」
行ってきました。梅雨入りした関東地方、先週のブログの時点では週末は
雨模様ということだったのでそれを覚悟していたのですが、日曜日の朝起きたら
なんと快晴。そういう日は、なんだか気分も良くて、一日がいつもより楽しく
過ごせますよね。
僕の住むところから電車で約2時間で京成佐倉駅へ。そこから無料の送迎バスに
乗ること30分。DIC川村記念美術館はそんなところにあります。
にわのわ 看板

会場のある庭園へ向かう途中の右に広がる芝生と池。
にわのわ 川村記念美術館 池
きれいですね。そして、美術館。
にわのわ 川村記念美術館
数年前に来たときは雨だったので、晴れてきれいな庭を見ることができました。
そして、美術館を通り過ぎ、庭園へ向かいます。
にわのわ 会場
広場に約80組の作家さんたちがテントで作品を並べれられていました。
規模はそれほど大きくないですが、空いた芝生のスペースにマットを敷いて
お昼ご飯を食べたり、休憩したりとゆったりとした雰囲気で、お子さん連れの
家族もたくさんいらっしゃっていました。
食べ物を販売されているテントもたくさんあったのですが、この「にわのわ」は
持ち込みもオッケー。ピクニックにも良い場所、イベントでした。

益子の作家さんやどこかのクラフトフェアで見かけた作家さんなどもいらっしゃって、
天気の良さも手伝ってとっても楽しいクラフトフェアでした。
まだ始まって間もない(今年で2回目)そうなので、また来年も開催されれば
是非来てみたいです。

にわのわ 家
たくさんのおうち。
にわのわ くま
シロクマ。
にわのわ 木工
ウッドボウル。
にわのわ ガラス
ガラスベース。
にわのわ 骨
フレーム。

また、とても面白い企画がありました。
にわのわ 郵便局
会場に「にわのわ郵便局」が開設され、そこから葉書を出せるというもの。
ただの葉書ではありません。この期間にこの場所だけで押されるオリジナルのスタンプで
送れるのです。にわのわオリジナルのカードや切手もあり、人も賑わっていました。
にわのわ 郵便局 看板

にわのわ ポスト 子供
このポストに投函です。この男の子は誰に葉書を書いたのでしょう?
最近ではなかなか手紙やはがきを書くことは少なくなりましたが、
このテントにはたくさんの人がいてみなさん誰かに葉書を書いていました。
本当に素敵な企画だと思います。

さて、最後に。
にわのわ ゴーギャン ひまわり
ポール・ゴーギャンの「ひまわり」。
まだ咲いていませんでした。