0年 0月 の投稿一覧

2013 益子 春の陶器市へ!

みなさんこんにちは。メトロクス:タニです。
今年もスタッフで益子春の陶器市へ行ってきました。
メトロクスでも毎年の恒例行事になりつつある陶器市。
相変わらずの早朝7時出発でしたが、今年は電車ではなくレンタカーで行くことに。
お天気は快晴、一路益子へ向かいました。
今回車で向かった理由は、
①電車とそれほど時間が変わらず、人数で割れば安い
②帰りの電車を気にせずに楽しめる(1時間に1本の真岡鉄道)
③帰りの電車で結局座れず、とても疲れる(1日歩いたにも関わらず立って3時間はつらい)
などからで、駐車場や渋滞の心配はあったもののこれもまた経験。
意外と電車とそれほど変わらない時間で益子へ到着。

1益子駅 陶器市 2013 
10:13 益子駅の無料駐車場到着。

2益子駅から 真岡鉄道 線路
益子駅歩道橋からの眺め。快晴。本当にいい天気で嬉!

3 ヒジノワ
10:30 ヒジノワ着。鈴木稔さんがカフェのお手伝いをということを伺っていたので
お邪魔しました。ここでは陶器市やこの時期開催中の展示会の情報などを
見れるので必ず寄りたい場所です。

4 ヒジノワ カレー
朝にも関わらず、カレーを頂きました。鈴木さんの器。ごろっと大きな人参と
チキンの入ったカレー。

5  陶器市 城内坂 G+00
11:00 賑わう城内坂。スリップウェア:伊藤丈浩さんの奥様のお店、
「G+00(ジープラス ツー ノウツ」。城内坂の真ん中くらいにあります。

6 G+00  外観 伊藤丈浩
大勢のお客様。

7 G+00 店内  伊藤丈浩
お店の中もすごい人。賑わっています。

8 G+00  伊藤丈浩 スリップウェア 陶器市
伊藤さんのスリップウェアも販売されていました。見たことがない柄も
いくつか。新作でしょうか?人気の伊藤さんの器が陶器市期間には、
購入できそうですね。少し離れた「佳乃や」さんでも伊藤さんのスリップウェアが
販売されていました。お探しの方、もしかしたらそちらでもお探しの器が
見つかるかも知れませんよ。

9 starnet zone 額賀章夫展
13:00 笠間の作家: 額賀章夫さんの展示会、starnet さんへ。
展示会は坂を上った、zoneというスペースで開催されていました。
こちらは昨日29日まででした。ずっと行きたかったのでぎりぎり見ることができて
良かったです。

10 starnet zone  額賀章夫
素敵な空間でした。

11  濱田庄司記念 益子参考館
15:00 濱田庄司記念 益子参考館
今年の3月に再建記念祭が開催されるなど、昨年見ることができなかった
2号館・3号館も見ることができました。

12  濱田庄司記念 益子参考館 案内
入口では濱田庄司のお出迎えも。ここの年間パスは2,000円。1回の入場料が800円です。
もし1年に何度も来るという方にはお勧めですね。

13 濱田庄司記念 益子参考館 3号館
3号館。中には朝鮮や台湾、韓国などのキャビネットが展示。必見です。

14  濱田庄司記念 益子参考館 3号館 修復
きれいに修復されていました。これも全国から募金や寄付金がたくさん集まった
からとのこと。今年も販売されていますが、濱田庄司Tシャツの売上の一部もこちらに
寄付をされています。

15 濱田庄司記念 益子参考館 玉ねぎ売り
展示されていたバーナード・リーチ作:玉ねぎ売り。これはすごく気になりました。
中国っぽい趣があり、繊細に描かれている玉ねぎ売りの青年。
「よーし、今日は玉ねぎ売りを書こう」と思って書いたのか、それとも
何かを書いていて、玉ねぎ売りになったのか、それとも??

16 濱田庄司 益子参考館 折りたたみ椅子
4号館にある、折りたたみの椅子。これは背もたれをぐるっと回すと
テーブル/スツールになるというもの。どこの国のものなのでしょう?
これも気になったものです。

18 日下田邸 茅葺屋根 藍染
16:00 日下田邸
城内坂を下りたところにある、日下田邸。県の指定建造物です。

19  日下田藍染工房
藍染工房で、藍染展開催中、工房を見ることができます。

20 日下田邸 藍染工房
ちょうどパーカーを染めているところを見ることができました。
1度では濃くは染まらないそうで、何度も染めては乾かし、染めては乾かしを繰り返すそうです。

毎年駅からスタートして、グルーッと一周して戻ってくるようなコースを歩いています。
今年も目いっぱい歩いて疲れましたが、ジェラートを2個食べたりして、途中で
焼き鳥やピザをつまんだりしながら、とても楽しめた陶器市でした。
会期は5月6日までです。皆さんも是非足を運んでください!

さて、今年のお買いもの。
22  濱田庄司Tシャツ スプラウト
濱田庄司Tシャツ。参考館やG+00で購入できます。
今年の夏はこれを着ます。

23 二階堂明弘 益子焼 益子青磁
二階堂明弘さんのお椀とお皿。益子青磁という釉薬を使っているそうです。
とても綺麗な色で、昨年の陶器市でも同じ色の鉢を買いました。

24  鈴木稔 マグ
そして、只今クラフトのサイトでも開催中、鈴木稔さんのマグを。
とても綺麗な色です。

お気に入りの器を買って、満足した2013年の陶器市でした。

新商品 卯之松堂≪BORDER(ボーダー)≫

みなさんこんにちは。メトロクス:タニです。

石川県山中漆器の卯之松堂の新しいブランドライン「col.」(カラー)。
メトロクスではそのカラーより、配色が美しいキャニスターのシリーズ、
「BORDER」(ボーダー)の取り扱いを開始しました。
このシリーズは海外からの人気も高く、問い合わせも多いです。
先日ブログにもアップしたメゾン・エ・オブジェでも引き合いをたくさん頂き、
レストランやアパレルショップなどへ、どしどし送っています。
その人気はどこなのでしょう?山中漆器といえば、その高い轆轤引きの
技術が一番に挙げられます。しかしながら、このプロダクトの一番の魅力は、
やはりその配色でしょうか?発表されたのが、昨年の9月。初見でやはりその色が
目に飛び込んできたことを思い出します。
ボーダー 卯之松堂 photo by MUTE
001 ターコイズ×ナチュラル×レッド
ボーダー レッド イメージ 卯之松堂 photo by MUTE
すべてデザイナーのMUTEさんが撮影をされたもの。日常生活にもぴったりとはまります。
ボーダー ブルー 卯之松堂 photo by MUTE
002 ネイビー×ホワイト×ブラック
ボーダー ブルー イメージ 卯之松堂 photo by MUTE

ボーダー グリーン 卯之松堂 photo by MUTE
003 グレー×ミント×クリーム
ボーダー グリーン イメージ 卯之松堂 photo by MUTE
このイメージ写真でわかるように、ボーダーはお食事にも使うことができます。
ちょっと今までにない感覚のようですが、内側もウレタン仕上げになっていて、水分が
しみこまなくなっています。小物入れとしてはもちろん、お料理を盛り付ければ
食卓も一層華やかになりますね。

それでは、このプロダクトの仕上がりの部分を少しご紹介します。
ボーダー 縁 仕上げ 卯之松堂
縁の仕上げです。とても滑らか。塗装もきれいにされています。

ボーダー 蓋 収まり 卯之松堂
蓋の収まりも良いです。これも高い技術なくしては成しえない技。

ボーダー 裏 仕上げ 卯之松堂
裏面もきれいに仕上げられています。3個が重なるようにできているので、もちろん
この裏側も仕上げられていないと、収まりが悪くなります。

仕上がりも含めて、完成されたプロダクトです。店頭にて全仕様を展示していますので、
是非ご来店ください。

さて、このプロダクトをデザインしたデザイナー:MUTE(ミュート)さん。
僕も負けじとこのボーダーの3仕様9色を使って色を組み替えてみました。
ボーダー 組み替え 卯之松堂 MUTE
う~ん、全然美しくないですね。でもこういった形で、組み合わせを変えて使うのも
楽しいですね、きっと。僕の配色はダメでしたが、みなさんも是非お試しください。

いつものおまけ。
先週末京都へ行く用事あり、ついに行ってきました、河井寛次郎記念館
駆け足で回ったのですが、素晴らしい空間で力をもらえた気がします。
また機会があれば行ってみたい場所です。
河井寛次郎記念館 
これも完成されたインテリア。鳥肌が立ちました。
そして、
河井寛次郎記念館 トートバッグと REAL KAWAI KANJIRO
「The Real Kawai Kanjiro」とトートバッグを買いました。

記念館でまた面白そうな展示会のリーフレットを発見。
芹沢銈介があつめた外国の扉と椅子  東北福祉大学
芹沢銈介美術工芸館で開催中。「芹沢銈介があつめた外国の扉と椅子」
むむ、これは最高に面白そうです。でも仙台まではちょっと気軽に行けないなあ~。
世界中で芹沢銈介が集めてきた、扉や椅子が見れるそうです。
機会があれば是非行ってみてください。

クラフト市 vol.1 ~ 鈴木稔 WORKS & PRODUCTS 薪窯の器 ~

みなさんこんにちは。メトロクス:タニです。
いよいよ4月27日から益子町では春の陶器市が始まります。
メトロクスのスタッフでも毎年恒例の行事になりつつあり、
今年ももちろん行く予定です。早朝の出発につき、朝は眠いですが、
いまからとても楽しみです。目当ての作家さんの器や小物など、
今年はどんな発見があるのでしょうか?

さて、益子といえばエヌ・クラフツで取り扱いをさせて頂いている作家さん、
鈴木稔さん伊藤丈浩さんがいらっしゃいます。前々回のブログでもご案内
させて頂いた通り、今年は定期的に小さな催事を「クラフト市」と題して、
定番として扱わせていただいているもの以外を期間限定で販売していきます。
第一弾は、その鈴木稔さんの器。しかも薪の登り窯で焼かれた器が並びます。
鈴木稔 薪窯 益子焼
点数は今回は22点と少なめですが、どれも一点限り。オンラインショップでも
すべてアップし、もちろん店頭でもすべてご覧いただけます。
是非ご来店ください!

今日のブログではその中から数点だけ、画像をアップします。
どれもこれもきれいで毎日使いたくなる器です。

水差し
水差し 鈴木稔
水差し 模様1 鈴木稔
水差し 模様3 鈴木稔

深皿
深皿 鈴木稔 益子焼
深皿 内側 鈴木稔 益子焼
深皿 裏面 鈴木稔 益子焼

カップ
カップ 鈴木稔 益子焼
カップ 模様2 鈴木稔 益子焼
カップ 内側 鈴木稔 益子焼
カップ 模様1 鈴木稔 益子焼

最後に、以前もブログでアップしたかもしれませんが、自宅で使っている
鈴木さんの薪の器に料理を盛り付けた時の様子です。
飯椀と深皿 鈴木稔 益子焼
ブログでも紹介した深皿と愛用の飯椀です。ある日の夕食。
銘木椀ハラダマホさんのお皿も一緒に。ちなみにハラダマホさんの
お皿に盛っているのは、揚げたブロッコリー。これがおいしいので
是非みなさんもやってみてください。塩とレモンを絞って食べるのがおすすめです。
ボウル 鈴木稔 益子焼
これは一昨年の益子陶器市で開催されていた、鈴木稔さんの個展で
購入した鉢。深さもあって、これはカレーですがスープや益子名物の
ビルマ汁もたっぷり食べられます。
カフェオレボウル 鈴木稔 益子焼
カフェオレボウル。あまりこの形のものは見かけたことがありません。
持ちやすくて毎日これでお茶を飲んでいます。この写真は2011年の展示会のブログ
紹介したものです。なつかしいですね、あれからはや2年。
急須 鈴木稔 益子焼
これはおふざけですが、奥の飴釉の急須。2011年に開催した展示会の時に
購入しました。僕はこの飴釉が一番好きで、他にもこの釉薬の器が多いです。
これでお茶を淹れます。

釜定の定番外商品入荷のお知らせ

みなさんこんにちは。
今日はいつもとはちょっと違うお知らせです。
人気の南部鉄器の老舗工房:釜定より、エヌクラフツで取り扱っている
定番外の商品が入荷してきました。
釜定の製品はとても人気で、最近は通常発注後の入荷が半年後~という状況。
こちらはメトロクスの店頭でのみ販売します。在庫も少しはあるので、是非ご来店ください!
釜定 定番外 一覧
鍋敷きがメインですが、在庫が欠品していたあの商品や、かわいらしいオーナメントも!

釜定 鍋敷き 222 224 225
左 鍋敷き 222 格子 幅125 奥行125 高さ15(ミリ) ¥2,415-
中 鍋敷き 224 格子 幅125 奥行125 高さ15(ミリ) ¥2,625-
右 鍋敷き 225 格子 幅200 奥行200 高さ15(ミリ) ¥3,675-

釜定 鍋敷き 六角鍋敷き 210
左 鍋敷き 六角 幅140 奥行160 高さ20(ミリ) ¥2,310-
中 鍋敷き 210  幅252 奥行155 高さ20(ミリ) ¥4,725-

釜定 鍋敷き 212 206
左 鍋敷き 212 幅303 奥行149 高さ20(ミリ) ¥4,725-
中 鍋敷き 206 幅291 奥行165 高さ20(ミリ) ¥4,725-

サイズも表記させましたが、鍋敷きのサイズ感はこちらの画像をご参考に
していただければと思います。
釜定 鍋敷き サイズ 清岡さん 耐火の器
清岡幸道さんフライパングラタンボウルスープボウルなど耐火の
器を置いてみました。
上段左:フライパン中サイズ直径160ミリ 上段中:フライパン大サイズ直径185ミリ
下段中:グラタンボウル直径140ミリ    下段右:スープボウル直径135ミリ
食卓に並べるにもちょうど良いサイズ、デザインもそれぞれ選べますよ。

釜定 栓抜き
左:栓抜き154 中左:栓抜き155 中右:栓抜き130 右:栓抜き159 ¥840-
長らく欠品しておりましたが、各2点づつ入荷です。

そして、オーナメントなども少し入荷です。
釜定 馬っこ
オーナメント 110馬っこ 幅105 奥行35 高さ100(ミリ) ¥3,150-
脚を曲げている様子、この造形も宮さんならではですね。

釜定 鹿
オーナメント 117鹿 幅120 奥行35 高さ90(ミリ) ¥3,150
ちょっと変わった顔をしている鹿。表情が特徴的です。

釜定 燭台
331燭台  幅120 奥行94 高さ40(ミリ) ¥3,150
3本脚で持ち手のフォルムもシャープです。

馬場忠寛さんのものも2点入荷しました。
馬場忠寛 鉄器 ペーパーウェイト ネコ
ペーパーウェイト:ホープ 幅50 奥行45 高さ130(ミリ)

馬場忠寛 鉄器 鍋敷き
鍋敷き 喜怒哀楽 直径170 高さ30(ミリ)
馬場さんらしい、彫刻的なフォルムです。こちらは店頭にてお問合せください。

ご来店お待ちしております。

エヌ・クラフツの小さな展示会

こんにちは、メトロクスのハマダです。

新年度が始まると、心機一転、新しいことを始めてみようという気持ちになりますね。
私は独学で学んでいたことをもう少し極めるため、
今月からレッスンを受けることになりました。今からとっても楽しみです。

そして、エヌ・クラフツも新しい取り組みを始めますよ!
もっとたくさんの作品を見ていただいて、より一層、
その特徴や魅力を感じてもらえればと考え、これまでお取り扱いのなかった、
いわゆる「定番外」の商品を皆さんにご紹介する企画を準備しております。
簡単に表すと「小さな展示会」のようなもの。
きっと、この中には未来の新商品も含まれる予感がします。

この企画は、隔月で各作家さんごとに開催予定。
メトロクス東京の店頭とオンラインショップにて同時開催します。
スケジュールは以下の通りです。

 

2013年4月16日(火)スタート

vol.1  鈴木稔 WORKS&PRODUCTS ~薪窯の器~

言わずと知れた益子の人気作家さん鈴木稔さんの益子焼です。
今回は薪窯の作品を集めました。薪窯についてはこちらのブログをご覧ください⇒こちら
数量は30点弱ほど。どれも数量限定です。

鈴木稔 WORKS&PRODUCTS 薪窯の器

 

2013年6月開催
vol.2 吉田順子 KIRICO*KILICO ~江戸切子~
江戸切子の伝統技術を生かしながら、日常的なものをモチーフにした温かみのあるデザインが特徴の切子。「手にした時、ふと笑みがこぼれるような器」がコンセプトです。
vol.2 吉田順子 KIRICO*KILICO ~江戸切子~
2013年8月開催
vol.3 大谷哲也 白い器
ろくろで成型した、真白な釉薬のみを用いたシンプルな磁器。様々な料理が並ぶ多国籍な日本の食卓にも合わせやすく、「シンプルで美しく機能的」なところが魅力です。
vol.3 大谷哲也 白い器
2013年10月開催
vol.4 ハラダマホ 練上げの器
陶器の中でも根気が要るといわれる「練り上げ技法」。ハラダさんの作り出す独特な幾何学模様はより高度な技術と手間を要します。パステル調の色合いや、白黒のシンプルなパターンなど、軽やかでやわらかい表情が人気の器です。
vol.4 ハラダマホ 練上げの器
2013年12月開催
vol.5 清岡幸道 信楽焼
従来の信楽焼のイメージを覆すシャープなフォルムが特徴の清岡さんの信楽焼。力強さと繊細さを併せ持った作品がたくさん並ぶ予定です。
vol.5 清岡幸道 信楽焼

 

数量限定だったり、期間限定だったり、1点モノが混じっていたりします。
ブログやメールマガジンで随時お知らせしていきますので、
ぜひ、マメにチェックしてみてくださいね。

それでは、エヌ・クラフツの新しい試みに乞うご期待ください。