0年 0月 の投稿一覧

小物にぴったりの「メール便」配送スタート!

こんにちは。メトロクス、ヨダです。
メトロクスメールマガジンをご購読頂いている方は、既にご存じかもしれませんが、
先日より、「メール便」配送をはじめました。

「メール便」とは、宅配便では無く、郵便物として荷物を送るものです。
ですので、受取りは手渡しでなく、ポストに投函されます。
薄くて小さい商品に限定されますが、特定の商品について、
ご配送料が今まで1万円以下525円(税込)かかっていたところ、
「メール便」を使うと160円(税込)に!
※メール便のお届け日数や注意事項、ご利用方法はこちらをご覧ください。

現時点では、芹沢模様の風呂敷(一部除く)、刺子、そしてカレンダーが対象商品です。
対象商品と、1度のメール便で配送可能な商品数をあわせてご紹介しますので、
是非目安としてお使いください。
※ラッピングや、他のものとの組み合わせを行った際は発送可能な数が異なります。
下記はラッピングなしで同じ種類のものを送る場合に限ります。

芹沢模様 ハンカチ 43cm×43cm 各525円

左下より時計回りに「いろは文」 「風」 「蔬果文(そかもん)」 「春夏秋冬四季文」
メール便可能数:10枚まで

芹沢模様 ハンカチーフ 42cm×42cm 各840円

左下より時計回りに「柳文」 「文字入四季文」 「蔬果文」 「州浜型四季文」
メール便可能数:10枚まで

刺子小 50cm×50cm 各525円

左下より時計回りに「中刺子縞」 「真田縞」 「刺子縞」 「三筋刺子」 「四角刺子」
メール便可能数:3枚まで

刺子  小 50cm×50cm 525円  大 105cm×105 2,100円

十字刺子 小 十字刺子 大
メール便可能数/ 小:3枚まで 大:1枚まで

鮫小紋 小 50cm×50cm 各630円

メール便可能数:4枚まで

鮫小紋 大 90cm×90cm 各1,890円

メール便可能数:2枚まで

芹沢銈介 卓上カレンダー2013 1,103円

メール便可能数:6冊まで

風呂敷や、刺子は、色々なアイディアで包む事ができるので、プレゼントにぴったりです。

こんな感じに「十字刺子 大」はバックにすることもできます。

風呂敷と刺子の包み方を紹介したブログは⇒こちら

芹沢芹沢銈介「卓上カレンダー」を紹介したブログは⇒こちら

刺子1枚や、カレンダー1冊に送料が525円かかるのはちょっとなあ…
と感じていた方に、是非「メール便」を上手に使って頂けると嬉しいです!

【新商品】清岡幸道さんの器

こんにちは、メトロクスの山本です。
今回は、本日からメトロクスで取り扱いを始めた
清岡幸道さんの器のご紹介です。
清岡幸道さんの器
清岡さんは信楽焼きの作家さんです。
私は以前まで、信楽焼きといえば狸という印象が強かったのですが
清岡さんの器を初めて見たとき、従来の信楽焼きのイメージが180度変わりました。
シャープでありながら温かみのある清岡さんの器。
シンプルですっきりとしたフォルムは、どんな料理にもすんなりと馴染んでくれます。

まずこちらがグラタンボウルとスープボウルです。
耐熱土で作られているので直接直火も、オーブンもOKです。
調理したまま食卓に運ぶことができるのでとっても便利です。
グラタンボウル・スープボウル
左:耐火グラタンボウル  W165xD140×H55mm  ¥3,150
右:耐火スープボウル   W175xD135×H65mm  ¥3,360

フライパン3種です。
「フライパンの清岡」と呼ばれているくらい特徴的な商品です。
コンロで直火もOK! もちろんオーブンでも使えます。
フライパン
耐火フライパン 小  Φ135×H38(取手D225)mm  ¥3,675
耐火フライパン 中  Φ160×H38(取手D265)mm  ¥4,410
耐火フライパン 大  Φ185×H32(取手D290)mm  ¥6,300

マグ2種です。
釉薬の違いがおもしろいマグカップです。
四角い持ち手が特徴です。
マグカップ
左:錆釉掛分角手マグ Φ85×H68mm  ¥3,150
右:灰白角手マグ Φ85×H68mm  ¥3,360

錆釉リム皿です。
メトロクススタッフの所有率が一番高いのがこのお皿です。
使い勝手抜群で料理の幅が広がります。
リム皿
錆釉リム皿  Φ225×H30mm  ¥4,620

メトロクススタッフのほとんどが清岡さんの器を自宅で愛用しています。
使いやすい、どんな料理でもおいしそうに見えるなど、絶賛です!
ここでスタッフが自宅で撮ってきた清岡さんの器をご覧ください。

マグ使用シーン
撮影:店長 谷

ボウル使用シーン
撮影:オンラインスタッフ 濱田

リム皿使用シーン
撮影:オンラインスタッフ 山本

フライパン使用シーン
撮影:ホールセールススタッフ 小野寺

どんなシーンでもなじんでしまう清岡さんの器。一度使うと手放せません!
あたたかい食べ物がおいしくなってくるこの季節、
清岡さんの器が我が家に登場する回数が増えること間違いなしです。

鈴木稔さんワークショップの器と益子:土祭(ひじさい)

みなさんこんにちは。メトロクス:タニです。
6月にもブログでレポートした、益子の鈴木稔さんによるワークショップ
先日、そこで製作したフリーカップが出来上がってきました。
鈴木稔 益子焼 土祭 柿釉
鈴木さんご本人からもいい色が出たとのコメントを頂きました。
鈴木稔 益子焼 土祭 
内側。作ったときの爪のあとが。これも自分が作った証ですね。
鈴木稔 益子焼 土祭 ワークショップ
裏にはイニシャルを入れていただきました。
鈴木稔 益子焼 土祭 ワークショップ
きれいな釉薬の流れ。僕は鈴木さんの器をいくつか持っていますが、
柿釉のものは今回初めて。この模様が本当にきれいです。
普段器を購入する際も、もちろん吟味しますが、自分で作った
器になると、なんだかより一層良く見えます。
鈴木稔 益子焼 土祭 ワークショップ
しっくり手に馴染むサイズと形。このフリーカップは本当に使いやすいです。
先日は、札幌のD&Departmentさんでも箸置きのワークショップを開催されたとのこと。
こちらも盛況だったようです。
自分で作ることの喜び、好きな作家さんと話したり触れ合うことが出来る
楽しみ、そして完成した器を使う喜びと楽しみ。
今回は鈴木稔さんというよく知っている(と僕は思っていますが。。。)作家さん
のワークショップに参加することが出来ました。
器に限らず、皆さんにもこういった機会があれば、参加することを
おススメしたいです。好きなものならなおさら、好きな作家さんならなおさら。

そして、今日はもう一つご案内。
9月15日から鈴木さん伊藤丈浩さんがいらっしゃる栃木県益子町にて
『土祭(ひじさい)』が開催されます!
2009年に第1回が開催され、今年が2回目。陶芸の町で開催される
アートイベントです。町中でインスタレーションや展示、ワークショップや
セミナーなどを見ることが出来ます。
詳しくは『土祭』のページをご覧下さい。
土祭 益子町 ヒジサイ土祭 メッセージ ひじさい 益子町
土祭 裏 上 益子町 ヒジサイ
土祭 裏 下 ヒジサイ 益子町
メトロクスの店頭にもフライヤーを設置させていただいていますので、
是非お持ちになって、益子へ足を運んでください!

芹沢卓上カレンダー2013発売のご案内

こんにちは、メトロクス・ハマダです。
本日は「芹沢卓上カレンダー2013」発売のご案内です。

染色工芸家で人間国宝でもある芹沢銈介氏の図案を用いた型染カレンダー、
毎年図柄が変わるので楽しみにしていました!
2013年のモチーフは「童話」です。

図柄はこちら。
1月/天の羽衣、2月/鴨とり権兵衛、3月/一寸法師
4月/花咲かじじい、5月/足柄山の金太郎、6月/かじ屋といし屋
7月/浦島太郎、8月/いなばの白兎、9月/かぐや姫
10月/猿かに合戦、11月/舌切りすずめ、12月/ねずみのよめいり
芹沢卓上カレンダー2013

モチーフが「童話」だけあって
それぞれの世界観を1枚にした、いつにも増してユニークな図柄ばかりです。
月末になると次の月の絵が楽しみになります。

パッケージはこちら。
おどけた表情のお人形がかわいいいです。
芹沢卓上カレンダー2013

こちらの「芹沢卓上カレンダー2013」は
本日よりメトロクス東京店で販売開始しました。
ぜひ店頭で、鮮やかな図柄をご覧になってください。
メトロクスオンラインショップでは、9月18日(火)より販売開始いたします。
芹沢模様の和小物も販売中!⇒こちら

 

 

それではここで過去の図柄をご紹介します。

2012年版 ※残りわずかですが販売中です。芹沢卓上カレンダー2012
芹沢卓上カレンダー2012

2011年版
芹沢卓上カレンダー2011

2010年版
芹沢卓上カレンダー2010

2009年版
芹沢卓上カレンダー2009

このカレンダーの元となっている図案は当時、
約60年間にわたって作られていたそうです。
ということは、60パターンもあるのか?!
まだ2012年・夏なのに、もう2014年版が楽しみになってきました。

ちなみに「鬼に笑われる」という言葉を、さっき初めて知りました。
実現性の薄いことや予想のつかないことをからかう時に
「来年のことを言うと鬼が笑う」と使うそうです。
再来年のことを言うと、何に笑われるんだろう!