0年 0月 の投稿一覧

クラフトフェアまつもとへ行ってきました。

みなさんこんにちは、メトロクス:タニです。
先日もブログにちょろっと書きましたが、先週末に
長野県松本市で毎年開催されている「クラフトフェアまつもと」
行ってきました。土曜日のメトロクス営業終了後、夜9時の
スーパーあずさに乗り込んで、結構遠いんですね、って思いながらの
3時間。夜12時の松本駅へ到着。
そんな出張の始まりでした。
今回初めてだったのですが、事前に見たい作家さんの情報を頭に
叩き込み、スタッフからもどの作家さんが良さそうか?などの調査も
行い、心を躍らせての初めての参加でした。

朝9時からのスタートとあったのですが、せっかちな僕は8時半ごろ会場に到着。
クラフトフェアまつもと
すると既に作品を並べている作家さんとそれを真剣に見る一般の
方の姿がそこにありました。なるほど、そうですよね、
そりゃそういう意気込みありますよね?って思った矢先、
気になった建物があり、ついつい最初にそちらに入ってしまいました。
クラフトフェアまつもと
旧松本高等学校。重要文化財だそうです。すてきな建物で、
中には図書館などもありました。朝早かったため中は見れず。
ですが、隣に「復元教室」というお部屋が。
クラフトフェアまつもと
朝の日差しがなんとも心を落ち着かせてくれる、そんな一部屋。
そしていよいよ会場へ。

どうやら2日間の会期で来場者は約7万人。歴史も古く、国内最大の
クラフトフェアです。たくさんの作家さんたちとその作品を見ることができました。
クラフトフェアまつもと
クラフトフェアまつもと
クラフトフェアまつもと
クラフトフェアまつもと
クラフトフェアまつもと
こんな展示もならではですね。
クラフトフェアまつもと

下の写真は何度かクラフトブログでも紹介させていただいた、沖原さんのテント。
初日にたくさん販売になったようです。
田植えが終わった時期、稲が飾ってありました。
クラフトフェアまつもと
そして、什器には「久保田6号」。8号もお持ちだそうですよ。
クラフトフェアまつもと

会場では偶然、4月まで期間限定出店をしていた松屋銀座さんに来店され、
先日もメトロクスへ来て頂いたお客様とばったり。登山の帰りだそうで、
楽しんで見られていました。こういったことも嬉しいですね。
もちろん新しい作家さんともお話しすることが出来、もしかすると
今後エヌクラフツのラインとしてご紹介できるかもしれません。
お楽しみに!

会場を後にし、急ぎ足で念願の松本民芸館へ。
クラフトフェアまつもと
あがたの森から重い荷物を背負って歩くこと25分。
ちょうど開館50周年記念で、創設者:丸山太郎の企画展が。
「美しいものが美しい」と題された展示。
このパンフレットに書かれた氏の言葉が素敵なので引用させて頂きます。

『・・・・陳列してあるものをご覧になってまず何が美しいのか、例えば
形が美しい、模様が美しい、色が美しい、材料が美しいということを
見てください。・・・・人間は誰でも美しいものを求めていますが、身辺
にあっても気づかずにいたり、また美しいものに会う機会が少なかったり
しているのです。・・・・物を買うときには美しいものを選びます。本物に
流行はありません。本当に良いものを愛情を持って永く正しく使うことは、
名も無い職人の仕事を尊敬し、物に愛着が生まれ、自分の心や生活を
豊かにしてくれます。』

※松本民芸館開館50周年記念「美しいものが美しい~丸山太郎のまなざし」パンフレットより引用

みなさんはどうでしょうか?僕には心に響きました。民藝に深く
かかわっているわけではありませんが、どんなこと、ものにも
当てはまるのではないでしょうか。つつしまねばならん、つつしまねばならん、ですね。

そして欲張りにも松本市美術館へ。閉館間際の滑り込み。
クラフトフェアまつもと
「モダンデザインの精華」展。駆け足で見てきましたよ。
一昨年のブログでもこのクラフトフェアのことが書かれていますが、
松本市は草間彌生さんの生まれた土地だとか。美術館のまわりも
作品であふれていました。急に雲行きが怪しくなり、しばし雨宿り。
クラフトフェアまつもと
中庭の赤いきのこ
クラフトフェアまつもと
ピロティーから覗くと、ちょっと怖いですね。
巨大な生物に襲われているような錯覚に陥ります。

重いリュックを背負い、朝から夕方まで歩きつくした一日でした。
まだまだギャラリーやショップなど、松本にはホットなプレイスが
たくさんあると昨日スタイリストの中林さんからお伺いしたところでした。
次回行くときはそちらにも脚を運びたいと思います。

そして、いくつか持ち帰ったサンプルや、各作家たちと話をした内容を元に
今後取り扱っていけるかどうかなどの協議が始まります。
今後の案内を楽しみにお待ちくださいね。

吉田順子さんの切子ガラスが入荷しました!

こんにちは。メトロクス、ヨダです。
今日は少し肌寒いですが、これから夏にむけて
今時期が一番が爽やかで、気持ちの良い季節だと思います。

そんな季節、待ちに待った切子が入荷して参りました!

吉田順子さんの切子ガラス、KIRICO*KILICOです。
売り切れて在庫のなかった模様や、色が入ってきました。
色鮮やかです!!

そんな中から本日は一部ご紹介します。

9ozオールド 松葉 3,465円   野の花 3,780円

こちらは、店頭のみの商品です。
飲み口がとても薄いので、口当たりが良いです!


10oz オールド 十字パープル・ブルー・レッド) 各5,250円


冷酒杯 つながる小玉(レッド・パープル) 各4,095円


Vタンブラー なずな(パープル・グリーン) 各4,775円


Uタンブラー 小鳥と星(レッド・パープル) 各4,410円


Vオールド 花と実(レッド・パープル・ブルー) 各5,460円

夏にかけて、大活躍の切子は
まだまだ種類があります。こちらからご覧になってみてください。

また、使用事例が以前開催した「使う、飾るガラスの器」展の
エキシビションページと、ブログからご覧いただけます。
その一例!


Vタンブラー つながる小玉 ブルー 4,725円  なずな グリーン 4,725円

このように、野の花を飾ってもとてもすてき。
アイディアで、色々と使い方を探してみてください。

ハラダマホさんの個展のご案内

こんにちはメトロクスの山本です。
本日はエヌクラフツでも人気の作家、ハラダマホさんの個展のお知らせです。

ハラダマホ 練り上げの器展 DM

イシバシキミコさんの素敵なイラストが原田さんの作品のイメージにピッタリです。
5/19(土)、20(日)にはハラダさんが在店されていますので是非足を運んでみてください。


ハラダマホ 練り上げのうつわ展
2012/5/17(木)~ 27(日)
11:00-18:00
作者在店日:5/19(土)、20(日)

free style furniture DEW
〒294-0812 千葉県南房総市池之内430-4
0470-36-1400


ハラダさんの幾何学的な模様がどのように作られているか気になりませんか?
ここで少し練り上げの制作工程をご紹介します。

練り上げ 行程1
1.手書きでデザイン画を描きます。

練り上げ 行程2
2.色土を重ねたものをブロック状にカットします。

練り上げ 制作工程3_1
練り上げ 制作工程3_2
3.パズルのように組み合わせて模様を作りブロック状にして数週間寝かせます。

4.板状にカットした土を石膏型に当てて、色々な器の形に成形します。

5.成型した物を乾燥させ素焼き→釉掛け→本焼成の工程を経て完成!

陶器の中でも根気が要るといわれる「練り上げ技法」
工程を見てみると多くの手間がかかっているのがわかります。
制作工程はこちらでさらに詳しくご紹介していますので是非ご覧ください。

最後に、
メトロクスでもハラダさんの練り上げを販売していますので是非ご来店くださいね。
ハラダさん器集合

スタジオプレパ「MOLD ALL」/伊藤丈浩「G.S.W」に行ってきました

みなさん、こんにちは。
メトロクス:タニです。
皆さんは連休をどのようにお過ごしだったのでしょうか?
僕は実家のある福井に帰省しました。すでに田植えが始まっていたり
そうすると夜はかえるが鳴き、そんなことをしていると6月には蛍が
飛び初めます。この時期にかえるのは数年ぶりだったので、なんだか
新鮮な気分でした。
今回は車で金沢まで行き、21世紀美術館や兼六園、そして
喜八工房の酢谷さんが新しくオープンされた「金沢ひがし茶屋街 漆器直売処」
にも行こう!などと計画していたのですが、諸事情により断念。
ちょっと短めの連休を過ごし、東京へ戻って参りました。
そんなこともあり、当初は予定に入れていなかったいくつかの
展示会に行くことができましたので、今日はその紹介です。

ガラス工房:スタジオプレパさんの展示会。
千駄ヶ谷のプレイマウンテンさんで昨日まで開催されていた
「MOLD ALL(モールド・オール)」。
今回は「型=モールド」で製作された作品がたくさん並べられていました。
昨日見たのは、木肌が移しどられたベースやペーパーウェイト、そして塊など。
さすが平さん、いろいろな難しそうなことを可能にして作品をつくられていますね。


僕らのよく知っている北欧の図録にも出てきそうな、そんなことを思い起こす
ガラスの塊。

これは5cm角くらいのペーパーウェイト。4面全てに木肌が。
焦げた木片(炭?)が混入していたりして、一つ一つの違いも
面白かったです。
平さんとも少しだけお話ができましたが、お忙しいそうで、今週末に
岡山:倉敷で開催される予定の「フィールド・オブ・クラフト」にも出展されます。

そして、もう一つ。スリップウェアの伊藤丈浩さんも参加された
中目黒のsmgさんで開催中の「ゴールデン・スリップウェア」へ。

日本全国のスリップウェア作家さんの器が集まっていました。
連休には作家さん数名のトークイベントもあったようで、伊藤さんも
いらっしゃったようです。

今回の企画にあわせた大皿やタイル、箸置きなど普段は見ることが出来ない
ものがたくさん見れました。
ひとことにスリップウェアといえど、その作り手の方々によって
それぞれ違う器が生まれてくるのですね。こんなにたくさんの
違う作家さんの器を一度に見ることってなかなかないので、
もちろんクラフトフェアのようなものは別ですが、ちょっと気合が
要りますが、とても面白かったです。
会期は5月13日(日)まで。みなさん是非お出かけください。
今回も本当は欲しいお皿があったのですがまたもや財布と相談してやめました。
メトロクスにも伊藤さんのスリップウェアで、smgさんで販売されていないものも
多数ありますので、是非ご来店くださいね。

いろんなことが計画通りにいかない連休でしたが(帰りの新幹線の
チケットが取れず、泣く泣く早めの帰京となったわけです)
その分を取り戻すことができた、そんな連休の最終日でした。

上のほうにも書きましたが、今週末5月12日・13日は倉敷で「フィールド・オブ・クラフト」が。
また、5月26日・27日には長野県松本で「クラフトフェアまつもと」が。
メトロクスからもスタッフが乗りこんでいく予定、僕は松本部員になりました。
初めてなのでとても楽しみです。昨年は天候に優れなかったようなので、
今年は良いことを祈って臨みたいと思います。

益子春の陶器市レポート2012

こんにちは、メトロクス・ハマダです。
待ちに待ったゴールデンウィークですね!みなさんいかがお過ごしでしょうか?
東京はスカイツリーの他に表参道や渋谷にも新しいランドマークが出来て大変にぎわっています。

そんな喧騒から逃れ、昨日は恒例の「益子春の陶器市」へ行ってきました。
お天気はくもりのち晴れ、過ごしやすい気温で益子の町を歩き回るのにぴったりでした!

まずは去年も伺ったカフェ&スペース「ヒジノワ」へ。
腹ごしらえに、とちおとめスイーツをいただきました。
美味!とちおとめは名産品だけあって甘く、ぺろりと平らげました。
器は鈴木稔さんのものです。 とちおとめのいちご大福タルト
とちおとめのいちご大福タルト

カフェの奥にあるヒジノワスペースでは、
カケラ・プロジェクトの「旅するカケラ」の展示が行われていました。
震災で割れてしまった器のカケラたちが日本各地を旅し、
メッセージとともに益子に戻ってきています。
みなさんの益子への想いがこもった展示となっていました。
また、ヒジノワでは益子復興Tシャツを着た鈴木稔さんにもお会いできました。
益子前掛け、かっこいい。
ヒジノワで鈴木稔さんにお会いしました
全身益子ルックの鈴木さん

続いては、城内坂にあるG+OO(ジープラスツーノウツ)へお邪魔しました。
さずが人気店。たくさんのお客様で伊藤さんもとても忙しそうでした。
様々な小物や生活雑貨が豊富にあり、目にも楽しいお店です。
ロゴの「+」マークをかたどったブローチとかあるんですよ。
わたしもいろいろと買い込んでしまいました。戦利品は最後にご紹介します。
G+OO ジープラスツーノウツ
G+OO ジープラスツーノウツ

その後は今夏完成予定の伊藤さんの新居へ建物探訪!
ここでは書き切れませんが、いろんなこだわりの見えるとっても素敵なおうちです。
なかでも、玄関タイルは伊藤さんが自作されるそう。これは楽しみですね。
完成したらまたお邪魔させていただきたいです。
伊藤さん、お忙しいところご案内していただきましてありがとうございました!
建物探訪
伊藤さんの新居外観

陶器市は500ものテントが立ち並ぶ、一大イベント。
人も多ければ、器も大量!
作家さんごとに個性や味わいがあって、さらに焼き物の素晴らしさに魅了されました。

益子陶器市2012 益子陶器市2012
益子陶器市2012 益子陶器市2012
益子陶器市2012
今回の陶器市のテーマは「花」だそうです
益子陶器市2012
土いじりに勤しむ子どもたち

当たり前ですが、この町で食事をすると器はどれも益子焼。
器が良いとなんでもおいしくいただけますね。
焼物の生る木も見つけましたよ。
益子焼の生る木
益子焼の生る木

最後は益子参考館へ。
震災再建基金チャリティーTシャツにもイラストで登場している濱田庄司が
自宅や工房の一部を活用して自身の作品や自らのコレクションを展示した美術館です。
濱田庄司と参考館
濱田庄司(Tシャツ)と益子参考館

益子参考館3号館 石蔵
3号館の石蔵は震災によるダメージのため、入館できず。

益子参考館 工房
こちらは工房。雰囲気あります。

益子参考館 登窯
登窯です。ここも震災で崩れてしまっていました。

益子参考館 濱田庄司コレクション
イームズのラウンジチェアを発見。

益子参考館 母屋
茅葺屋根の母屋内。趣のある空間で美的感覚が養われます。

濱田庄司の制作の糧になった品々を見ることで、
彼の深い造詣に触れることができたような気がしました。
益子に来たなら必ず訪れるべき場所!と大プッシュします。
当面の間、入館料がお安くなっていますので、益子に行かれる時は是非。

帰りの電車は皆ぐったりでしたが、充実した一日でした。
陶器市は作家さんと直接お話しできる良い機会です。
5月6日まで開催していますので、今週末にもいかがですか?

それでは今回の戦利品をご紹介します。
スリップウェアの小物たちと田村一さんのめし茶碗をゲットしました。
はやくこのお茶碗でごはんが食べたい!
スリップウェアと田村一さんのめし茶碗

おまけ
スイーツを食べる濱田庄司
スイーツを食べる濱田庄司

真岡鉄道 SL蒸気機関車
益子へ向かう道すがら、真岡鉄道のSLに遭遇!思わずパチリ。
鉄道萌え!