キャンペーン情報

デイリーユースに使いたい花切子

花切子 ショットグラス
先日から開催中のコレクションマーケット
江戸切子と言えばカッティングにより色ガラスと透かしガラスの模様が特徴なんですが、
この画像の切子は、「花切子」といい、表面に簡単なカットを施し草花の図柄を描いた
江戸切子と比べると簡素な作品です。

草花だから花切子というわけではないのですが、
「花切子」は、江戸切子のようにカット面を磨かずに削るケシという表現でガラスに
図柄を描き出した切子のことで、江戸切子と比べるとシンプルなデザインが特徴です。
時間をかけずに大量に作れるので花切子の注文がたくさんあると景気が良いなんて
言われてたこともあったらしいです。
当時の職人は仕事のあいまに、自宅用に花切子を作ったりもしていたみたいですよ。

花切子 タンブラー
このタンブラーなんかも本体のグラス自体は、昔ながらの居酒屋さんなんかにありそうな
ありふれたグラスにカットを施しています。

花切子 タンブラー
グラスの縁にレトロなラベルが貼ってありましたが、当時の製造メーカーの名前でしょうか?
もしかしたら、これを作った切子職人が仕事の合間に自宅のグラスにカットを
施したのかもしれません。

花切子 ショットグラス
今回、花切子のショットグラスがたくさんあったので、吉田さんの切子作品
合せてみました。吉田さんの徳利も切子のジャンルでいうと花切子ですね。

花切子 ショットグラス
本当はショットグラスなんですけど、お猪口として使ってみてもかわいいと思います。

コレクションマーケット会期中、3,000円(税抜)以上、オールド切子を
お買い上げいただいた方に今回紹介した花切子のショットグラスをプレゼントしています。

グリーンとブルーの2色からお選び頂けますが、数に限りがありますのでお早目にどうぞ。

会期:2016年6月11日(土)~ 6月25日(土)
会場:メトロクス東京
〒105-0004 東京都港区新橋6丁目18-2
TEL 03-5777-5866
営業時間 平日12:00-18:00、土曜12:00-19:00
[水・木・日・祝日定休]

本日より第6回クラフト市がスタート!

クラフト市 吉田順子 江戸切子 KIRICO*KILICO

こんにちは、メトロクス・ハマダです。
通常お取り扱いをしていない特注品や期間限定品をご紹介する「クラフト市」が
約8ヶ月ぶりに帰ってきました!
本日よりスタートです。
今回はエヌ・クラフツでも大人気の切子作家・吉田順子さんの切子を取り揃えました。

本日は、少しクローズアップして紹介いたします。

クラフト市 吉田順子 江戸切子 KIRICO*KILICO

オーバル模様のロックグラスと小皿。
大胆なドット模様は定番アイテムでも人気の高い図柄です。
ロックグラスはこれまでになかったピンクカラー。
その他の色被せガラスとは違い、クリアな色ガラスが生地に用いられています。

ロックグラス オーバル ピンク ¥4,320
小皿 オーバル 紫 ¥6,480

 

 

 

クラフト市 吉田順子 江戸切子 KIRICO*KILICO

 

クラフト市 吉田順子 江戸切子 KIRICO*KILICO

とっても夏らしい線香花火模様のカップと小皿。

赤い色被せガラスは中に白いモノを入れると、より図柄が引き立ちます。
フリーカップはヨーグルトやムースなどのデザート用として使いたいですね。

フリーカップ 線香花火 赤 ¥4,860
小皿 線香花火 赤 ¥7,020

 

 

 

クラフト市 吉田順子 江戸切子 KIRICO*KILICO

スギナ模様のロックグラスとショットグラス。
これまでに取扱いのなかった藍色のガラスで、こちらも色被せガラスとは異なる、
クリアな色ガラスが生地に用いられています。

スギナってなんだ?と思い、調べてみましたら、
「ああ!見たことある!」と馴染みのある植物でした。
春に芽を出すツクシは、このスギナが胞子を放出するための胞子茎だそう。。。
すくすくとまっすぐ空に伸びたスギナ模様はシンプルでシャープな印象も
持ち合わせています。

ロックグラス スギナ 藍 ¥4,320
ショットグラス スギナ 藍 ¥3,240

クラフト市特設ページはこちら

 

また、メトロクス東京店限定で「オールド切子展」も開催中です。
オールド切子とは昭和30~40年代のアンティーク切子のこと。
水差しから大鉢、ショットグラスに灰皿などなど、約200点!!
 
オールド切子 アンティーク切子 江戸切子
 
今月は吉田順子さんの切子、またはオールド切子を5,400円(税込)以上お買い上げのお客様に
オールド切子「ショットグラス」をペアでプレゼント中!

夏真っ盛りの今、夏らしいガラス小物をたくさん取り揃えております。
ぜひ、店頭まで足をお運びください。

オールド切子コレクションはこちら

エヌ・クラフツのサマーセール

みなさん、こんにちは。メトロクス:タニです。
今年は梅雨明けが早かったですね。ジメジメした時期は本当に短く、
終わったかと思えば一気に猛暑。僕の住んでいるところは、ここ数日
夜とても涼しい風が吹いているのですが、先週なんかは毎晩汗でびっちょり。
休日は海かプールにでも行って、スイカを食べて暑さをしのぎたいです。


さて、先日のメトロクスブログでもご案内しましたが、只今夏のセール開催中です。


クラフトの商品は、展示品やリースで使ったもの、また廃番や取扱い終了品が
対象になっています。


山中組木工房。展示品として使ったものです。小さな傷などありますが、
綺麗なコンディションです。


人気の芹沢銈介の図案を用いた風呂敷「いろは紋。ポリエステルなので
シワになりにくく、とても使いやすい素材です。展示使用品なので、
小さな汚れがありますが、洗えば綺麗になります。


卯之松堂のおひつ、飯べら、シェルボウル、箸置き、サーバーセット。展示品ですが、
どれも綺麗なコンディションです。


こちらは「Kigi(きぎ)」というプロダクトで、木とアクリルを組み合わせたパズルです。
アクリルのケースに三角形のアクリルと木が入っています。おもちゃとしても、
オブジェとしても面白いプロダクトです。素材は、左:杉、右:ウォールナットの2種類。
どちらも展示1点限りです。


こちらはアクリルキューブの中に円が描かれているオブジェです。
4色が使われていて、組み合わせをいろいろ楽しむことができます。
透明キューブ4個付です。

メトロクスの商品も。

人気のアカプルコチェア72サイドチェアも数台ですがSALE価格になっています。


SALE会場はこちら。是非ご覧ください。ご来店もお待ちしております。

クラフト市 vol.1 ~ 鈴木稔 WORKS & PRODUCTS 薪窯の器 ~

みなさんこんにちは。メトロクス:タニです。
いよいよ4月27日から益子町では春の陶器市が始まります。
メトロクスのスタッフでも毎年恒例の行事になりつつあり、
今年ももちろん行く予定です。早朝の出発につき、朝は眠いですが、
いまからとても楽しみです。目当ての作家さんの器や小物など、
今年はどんな発見があるのでしょうか?

さて、益子といえばエヌ・クラフツで取り扱いをさせて頂いている作家さん、
鈴木稔さん伊藤丈浩さんがいらっしゃいます。前々回のブログでもご案内
させて頂いた通り、今年は定期的に小さな催事を「クラフト市」と題して、
定番として扱わせていただいているもの以外を期間限定で販売していきます。
第一弾は、その鈴木稔さんの器。しかも薪の登り窯で焼かれた器が並びます。
鈴木稔 薪窯 益子焼
点数は今回は22点と少なめですが、どれも一点限り。オンラインショップでも
すべてアップし、もちろん店頭でもすべてご覧いただけます。
是非ご来店ください!

今日のブログではその中から数点だけ、画像をアップします。
どれもこれもきれいで毎日使いたくなる器です。

水差し
水差し 鈴木稔
水差し 模様1 鈴木稔
水差し 模様3 鈴木稔

深皿
深皿 鈴木稔 益子焼
深皿 内側 鈴木稔 益子焼
深皿 裏面 鈴木稔 益子焼

カップ
カップ 鈴木稔 益子焼
カップ 模様2 鈴木稔 益子焼
カップ 内側 鈴木稔 益子焼
カップ 模様1 鈴木稔 益子焼

最後に、以前もブログでアップしたかもしれませんが、自宅で使っている
鈴木さんの薪の器に料理を盛り付けた時の様子です。
飯椀と深皿 鈴木稔 益子焼
ブログでも紹介した深皿と愛用の飯椀です。ある日の夕食。
銘木椀ハラダマホさんのお皿も一緒に。ちなみにハラダマホさんの
お皿に盛っているのは、揚げたブロッコリー。これがおいしいので
是非みなさんもやってみてください。塩とレモンを絞って食べるのがおすすめです。
ボウル 鈴木稔 益子焼
これは一昨年の益子陶器市で開催されていた、鈴木稔さんの個展で
購入した鉢。深さもあって、これはカレーですがスープや益子名物の
ビルマ汁もたっぷり食べられます。
カフェオレボウル 鈴木稔 益子焼
カフェオレボウル。あまりこの形のものは見かけたことがありません。
持ちやすくて毎日これでお茶を飲んでいます。この写真は2011年の展示会のブログ
紹介したものです。なつかしいですね、あれからはや2年。
急須 鈴木稔 益子焼
これはおふざけですが、奥の飴釉の急須。2011年に開催した展示会の時に
購入しました。僕はこの飴釉が一番好きで、他にもこの釉薬の器が多いです。
これでお茶を淹れます。

鈴木稔さんの器が「キッチンの教科書」に掲載!

こんにちは。
今週からメトロクスはクリスマスのウィンドウディスプレイになりました。
ショップ店頭では本日11/28(月)よりSALEも始まりましたので、皆さま是非足をお運びください。
クラフトの商品では「白の器」シリーズが取り扱い終了のため、セール対象となります。

さて、本日は掲載誌のお知らせです。
益子の陶芸家、鈴木稔さんの薪窯作品、マグカップが「キッチンの教科書」という
ムック本に掲載されました。

この本は「キッチンの教科書」という名前の通り、
「キッチン周りをすっきりさせるコツ」、から「’一生モノ’のキッチンツールカタログ」、
「器の教科書」までキッチンにかかわる様々なテーマが盛り込まれています。
鈴木さんの器は「器の教科書」に登場します。

薪窯の作品は、一つ一つ全て表情が違うため掲載誌と同じものはありませんが、
店頭にはお皿やタンブラーなどを揃えております。

鈴木さんの薪窯の器については、一部以前のブログで紹介をしていますので、
こちらをあわせてご覧ください。