催事・展示会

売切れ必至、清岡幸道さんのうつわ

こんにちは、メトロクス・タカダです。

02

4月22日(土)から28日(金)まで、東京・吉祥寺のmist∞(ミスト)さんで開催「余月の器/清岡幸道陶展」にお邪魔してきました。※完売のため既に展示は終了しているようです。

03

会期2日目となる日曜日にお伺いしたのですが、もちろん、人気作家の清岡さんですので、ほぼ完売状態。
やはり、耐火のものは残っていませんね。

01

まだ、清岡さんのうつわに出会われていない方のために簡単にご説明させていただきます。

◇清岡 幸道
大阪芸術大学で陶芸を学んだ後、滋賀県立陶芸の森研修生を経て独立。
信楽に拠点を置き、地元の土と釉薬を用いて作られた器は、従来の信楽焼のイメージを覆すシャープなフォルムが特徴です。落ち着いた色合いとマットな表情が料理を引き立てます。

清岡さんご自身のinstagramでは、作品をたくさん載せていらっしゃるので、是非、チェックしてみてください。

個展では、開店前より店頭にて予約を承り、順番に入店が案内されます。
特に耐火シリーズは、購入できる数が制限されることも。
今回の個展では300点以上ものアイテムが用意されていたようですがそれが初日の半日でほとんど販売となってしまうほどです。

メトロクスでも、以前より耐火のシリーズをはじめ、マグやリム皿などを取り扱いをさせていただいておりましたが、たくさんのオーダーをいただいており、現在はオーダーの受付を一旦お休みさせていただいております。再開の際には、また改めてご案内させていただきます。

まだ、清岡さんのうつわを手にされていない方、次回、個展が開催される際には是非、初日の開店前に行かれることをお勧めいたします。

ハラダマホ展、はじまりました!

こんにちは。メトロクス・オノデラです。

ハラダマホ展

先週3月17日(金)より、練り上げのうつわ ハラダマホ展を開催しています!
ハラダマホさんの個展は、メトロクスでは2年2ヵ月ぶり。

初日から本当にたくさんのお客様にご来店いただき、
誠にありがとうございます!

ハラダマホ展_0000

ハラダマホ展_000

ハラダマホ展_00

ハラダマホ展_01

ハラダマホ展_02
新作の四角皿がたくさん。

ハラダマホ展_03
こちらも新作のカップ類。

ハラダマホ展_04
大皿も充実です。

ハラダマホ展_05
今回のDMの画像になった、カップ(メダカ)もあります。

ハラダマホ展_06
新作の豆皿(胞子)。美しいカビの写真からインスピレーションを受けたそうですよ・・・!

ハラダマホ展_07
飯碗にカップ&ソーサー。

ハラダマホ展_08
新作のぐいのみ。

ハラダマホ展_09製作工程も展示しています。

ハラダマホ展_11

ハラダマホ練り上げの器_01

ハラダマホ練り上げの器_02

ハラダマホ練り上げの器_03

ハラダマホ練り上げの器_04

ハラダマホ練り上げの器_05

ハラダマホ練り上げの器_06

ハラダマホ展_12

わたしたちスタッフ自身もとてもたのしみにしていた今回の個展。

17日(金)初日と、ハラダマホさんが在廊されていた18日(土)-19日(日)で、
器の種類がだいぶ少なくなってしまっていましたが、
まだまだお買い求めいただける作品もありますので、
お早目のご来店をおすすめいたします!
ぜひ実際にお手に取って、ご覧いただきたいです!

ハラダマホ展は、今週末3月25日(土)まで開催中!
ぜひ、メトロクス東京へお立ち寄りください!

おまけ

ハラダさんが在廊された18日(土)に、打ち上げしました~!
ハラダさん、熊本からはるばるお越しいただき、ありがとうございました!
アイドルのポスターに囲まれて、サムギョプサル。

打ち上げサムギョプサル
右から2番目:ハラダマホさん

保存

喉から手が出るほど欲しい!特製「豆皿」プレゼント

こんにちは、メトロクス・フクオカです。
本日はイベントのご案内です。

d-min

エヌクラフツでも人気の練り上げ作家・ハラダマホさんの個展
メトロクス東京にて開催いたします。
会期は3月17日(金)~25(土)まで。
今回もメトロクス初登場のうつわやお皿が並びます。

 

 

c-min

b-min

四角皿やカップなどの人気アイテムのほか、
大鉢やパスタ皿、豆皿や箸置きなどなど、なんと合計100点以上!
ぜひお気に入りを見つけてください。

 

ハラダマホ展限定 ご購入特典

a-min

こちらは非売品の豆皿。
会期中にハラダさんの作品を10,800円以上お買い上げの方、
先着25名様にプレゼント!7種類からお選びいただけます。
非売品と聞けば欲しくなってしまうもの。
わたしたちも喉から手が出るほど欲しいのですが、
今回のイベント用にハラダさんに作っていただいたものなので、我慢です・・・

 

18(土)・19(日)にはハラダマホさんがメトロクス東京に在廊してくださいます。
ハラダさんの穏やかな雰囲気とおもしろトークで、
ゆるりと滞在していただける空間になると思います。
ぜひ、足をお運びください。お待ちしております。
(あ!人気アイテムはいつもすぐに売れてしまいますので、早めに来てくださいね!)

 

メトロクス東京
〒105-0004 東京都港区新橋6丁目18-2
TEL 03-5777-5866
お問い合わせ tokyo@metrocs.jp


都営三田線「御成門駅」徒歩2分
都営浅草線「大門駅」徒歩9分
JR、東京メトロ銀座線「新橋駅」徒歩10分

銀座・手仕事直売所のお知らせ

こんにちは、メトロクス・タカハシです。

本日のクラフトブログは松屋銀座で9月28日(水)~10月3日(月)まで開催される
銀座・手仕事直売所のお知らせです。全国各地の作家やクラフトマン、職人、
デザイナーたちが松屋銀座に集まり、それぞれの手仕事を直接お客様に
ご紹介する催事です。今回でなんと8回目の開催となるようで、クラフトファンに
とっては恒例のイベントかもしれませんね。

銀座・手仕事直売所
直接の関係はありませんが、メトロクスで取り扱っている作家さんが多数出展されて
おりますので、クラフトブログでもさわりだけご紹介したいと思います。

ウォールミラー「wawa」

Photo:Masatoshi Takahashi, Styling:Yumi Nakata

出展される作家さん、工房の中には先日、メトロクスで発売したウォールミラー
「wawa」の籐のフレーム部分を作って頂いているツルヤ商店さんも出展されます。
ホームページでは「ハイル」シリーズの脱衣籠が紹介されていますが、
他にはどんな製品が並ぶのか今から楽しみです。

伊藤丈浩「スリップウェア」
また、人気でなかなか、手に入らなくなっている伊藤丈浩さんも出展されるようです。
伊藤さんといえば、2011年にメトロクスでもスリップウェアのワークショップ
開催したことがありました。また、メトロクスでもイベントを開催したいものです。

スリップウェア製作工程
伊藤さんは会場でスリップウェアの実演を行われるそうなので
これは見逃せません。画像は以前、伊藤さんの工房に取材に行ったときに
撮影した物ですが、実際に模様が描かれる工程を見る機会はなかなかないかと思います。
今回は、実演販売ということで、お客様が実際に挑戦することはできないと
思いますが、見るだけでもとても面白そうですね!

鋳心ノ工房
他にも、山形の鋳心ノ工房さん(鋳物)も出展予定です。
作家さんと直接お話しできるいい機会ですので、是非足を運ばれてください。
人気作家の作品はおそらく、早々に無くなってしまうと思いますので、お早めにどうぞ。

——————————————————————————————–

銀座・手仕事直売所
会期:2016年9月28日(水)-10月3日(月) <最終日17:30閉場>
場所:松屋銀座 8階イベントスクエア

初夏の風を運んでくる、かざぐるま柄の切子

今年の3月、銀座の一角に東急プラザ銀座がオープンしました。
メトロクスからだと歩いて20分くらいです。

デザインコンセプトは「光の器」。
話題となったのはその外観で、伝統工芸「江戸切子」がモチーフとなっています。

tokyuplaza_ginza1

江戸の硝子技術と西洋のカット技術を融合して生まれた「江戸切子」。
施設内には「キリコテラス」や「キリコラウンジ」という名の空間もあるみたいです。
(私はまだ外からしか見たことありません・・・!)

ginza03

そんなこともあり「江戸切子」の注目度が上がっているようで、
ディズニーの江戸切子もあるみたいですね(驚)

エヌクラフツで取り扱っている吉田順子さんの作品も「江戸切子」です。
最近、特に取材のお問い合わせも多い人気作家さんです。

4

「江戸切子」特有の伝統的な文様ではなく、
オリジナルのモダンな文様が若い女性を中心に絶大な支持を集めています。

1
1
今日ご紹介するのは「かざぐるま」。

7

葉のような半円形の図形が風車のように並んだ文様、
規則的に並んだ幾何学模様にも見え、
華やかながらもシンプルで洗練された印象を受けます。

2
このかざぐるま模様のアイテムは、浅鉢と小鉢。
浅鉢は小ぶりなどんぶりくらい。
サラダボウルにぴったりです。夏はそうめんにもいいですね。
個人的には具材との彩りを楽しめそうなちらし寿司に使ってみたいです。

小鉢(写真左)は冷ややっこやカットフルーツなど何にでも使いやすいサイズ。
この夏の食卓の彩りに選んでみてください。

2
6

流れるようなデザインのひし波(小皿)も涼しげです。
1

ただいま開催中のコレクションマーケットでは、昭和の古い切子がずらり!
深い色合いの切子のほかに花切子も充実。

12

涼しげな青いガラスのタンブラーはこの季節におすすめ。
ダイナミックな図柄が楽しめる大鉢・大皿や水差しなども30点近くあります。

ぜひ、お好みの文様を見つけに来てみてください。
3,000円以上お買い上げ手花切子のショットグラスもプレゼント中です。

11