釜定

再入荷!釜定の鉄鍋&フライパン

03

こんにちは、メトロクス・フクオカです。
タイトルの通り、おひさしぶりの再入荷。
毎回、釜定さんからメトロクスに入ってきても、その大半は長年予約待ちしてもらっていた全国の取扱店へすぐに渡っていってしまいます。

今回は一部のアイテム、少量だけメトロクスで確保できました。
どれも少しずつしかないのでお早めにどうぞ!(次の入荷いつになるかわかりません〜)

続きを読む

南部鉄と陶の組合せが美しい器

こんにちは、メトロクス・タカダです。

お待たせいたしました。
しばらく欠品しておりました、陶鉄器が入荷してまいりました。

今ならすべての型の在庫をご用意しておりますので
ご検討されていた方は、お早めにどうぞ!

image_002
陶鉄器 ¥3,780(税込)

こちらは岩手県盛岡市で100年以上の歴史のある南部鉄器の老舗工房「釜定」にて
1960年代に製造・販売されていました。

image_0005
こちらはその当時の釜定のカタログです。

一度は生産終了となりましたが、6年前、東北地方を襲った震災の
復興支援プロジェクトとして、メトロクスで企画が持ち上がり
再び釜定から復刻する運びとなりました。

※復刻の経緯は過去のブログにてご紹介しておりますのでこちらからどうぞ。
※現在は寄付・支援は終了しております。

復刻にあたり陶製の器部分は、日本を代表する陶磁器メーカーのひとつである
セラミックジャパンにお願いしています。
ちなみに、当時は、器の部分を白山陶器で製造していました。

kmsd159705

裏側にはメトロクス・釜定・セラミックジャパンの3社、
それぞれのロゴマークが印字されています。

kmsd159702

型は5種類。左上から時計回りにm型、g型、h型、f型、l型。

kmsd159701

南部鉄器のもつ重厚感と陶器のもつすっきりとした質感のコンビネーションが美しく
そのまま飾っていただいても、良いかもしれませんが
香炉、花器、小物入れなど、幅広くお使いいただくことが出来ます。

歴史ある伝統工芸品でありながらも、そのモダンなデザインは
どこか新しさも感じられます。

雑誌のスタイリングなどでもたびたび使用されています。

image_001

『PROUD Vol83』より
スタイリスト:中林友紀さん

現在、釜定の製品は、アイテムによっては1年待ちという状況で、
国内外から大変注目が集まっている人気の工房さんです。

image0003

専用のギフトボックス入りなので、プレゼントとしてもおすすめです。

是非、すぐに商品をお渡しできるこの機会に
手に入れてみてはいかがでしょうか。

釜定 組鍋でつくるミルフィーユ鍋

こんにちは。メトロクス・タカハシです。

今日のブログは自宅で使用している釜定の組鍋のリポートです。
この日はとても冷え込んでいて、うちの奥さんも着太りでミシュランのマスコットキャラ
みたいになっていたので、鍋で温まってついでにブログのネタにでもと思い釜定の
組鍋を紹介することにしました。

釜定 組鍋 大

自宅で使用しているのは組鍋の大サイズ
直径250mmと幅広で3、4人前の鍋としてはちょうどいいサイズです。

この日は組鍋を使って豚肉と白菜のミルフィーユ鍋を作ってみました。
たしか数年前に味の素のCMで小栗旬が作っていて話題になった料理ですが、
うちではいまだに人気料理です。

組鍋でつくる豚バラと白菜のミルフィーユ鍋

交互に重ねた具材を組鍋に並べていきます・・

組鍋でつくる豚バラと白菜のミルフィー鍋

鍋全体にぎゅうぎゅうに敷き詰めるだけで下準備は完了です。
組鍋(大)の大きさだと一般的なサイズの白菜1/4に薄切り豚肉150g位が適量です。
鍋自体が浅いので実はそんなに大量には入らないので、この料理の場合は大サイズで
2人前くらいになります。

組鍋でつくる豚バラと白菜のミルフィーユ鍋

後はだし汁を入れて火にかけるだけで完成です。
組鍋には蓋が付いていないのですが、一般的なサイズに近いので市販でぴったりの
蓋が簡単に見つかると思います。ちなみにこの蓋は無印良品です。

組鍋でつくる豚バラと白菜のミルフィーユ鍋

10分くらい煮込んで完成です。
釜定の組鍋は熱伝導率が高く、すぐに鍋全体が熱くなるので、具材にもしっかり火が通ります。

組鍋でつくる豚バラと白菜のミルフィーユ鍋

今回は一例の紹介でしたが、このほかにもすき焼きやパエリア、大き目のオーブンが
ご家庭にある方でしたらグリル料理等にも使うことができます。
一つ注意点として、浅めのつくりなので汁物は少し吹き零れやすいのでご注意ください。

組鍋サイズ一覧

実際の使用例をリポートしましたが、実はこの組鍋欠品中ですぐには手に入りません。
というか釜定の鉄器全般が大変人気の為、工房へのオーダーから完成まで
約半年~1年くらいかかってしまい、ご予約を承っています。

小サイズは近々少量ですが再入荷の予定がありますので、ご検討の方はお早目に
ご予約されてください。中と大については現在まだ入荷の予定が立っていないのですが、
入荷予定日が決まったら、オンラインショップからもご予約頂けるようになります。

事前に予約されていないと手に入りにくい商品ですので気になる方は是非お早めにご検討ください。

お気に入りの鍋敷きを見つけませんか

こんにちは、メトロクス・タカダです。

ますます暖かい食べ物がおいしい季節になりました。
お鍋や、グラタン、スキレットで調理したお肉料理など
出来たてアツアツを食べたいですよね。

そんな時に必要な鍋敷き!

食卓に並べるテーブルウェアの中では、使用頻度が低く
鍋に敷かれて、まさに縁の下の力持ちといった存在。

たくさんは必要ないけど、無いと不便ですよね。
だからこそ、長く使えるお気に入りの一つを持っていたいところ。

本日は、鍋敷きに注目をして、商品のご紹介をいたします。
もちろん、ギフトにもおすすめです。

image_main

まずは、こちら。様々なモチーフを独自の視点から創り上げる
鉄器職人・馬場忠寛氏が手掛けた、抽象的デザインの鍋敷です。

03
馬場忠寛 鍋敷き 路 ¥5,616(税込)

一筆書きでなぞったような有機的な形が特徴の放射状の形は
ぐるぐる周る路のよう。足部分にはゴムのカバーがついているので
卓上を痛める心配がありません。

03_02
鍋をのせるとこんな感じに。
不規則に飛び出た部分が、とても表情豊かです。

そして、南部鉄器を製造している鉄器工房「釜定」の鍋敷きです。

00
釜定 パネル 210 ¥6,480(税込)

鉄器のずっしりとした重厚感と整然とした美しさが魅力の鍋敷きです。

00_01
ハリオのケトルをのせました。横に広くとても安定感があります。
両サイドに飛び出た半円状の輪っかをフックなどに掛けて収納することが出来ます。

※「釜定 パネル 210」は入荷待ちとなっております。
 入荷時期は未定となりますが、ご予約なども承ることが可能です。
 まずはお問合せください。

次に、日本建築独自の装飾「組子」の技術を用いた木製の鍋敷き。
規則的な幾何学模様の美しさが特徴です。
01
組子 鍋敷き 龍爪麻ノ葉 ¥4,860(税込)

組子は、正確にカットされた細かな木片を手作業で組む、
わずかな誤差も許されない精度の高い技術です。
規則的な幾何学模様の美しさは熟練した職人の
正確無比な手作業により生み出されています。

01_02
清岡幸道氏のフライパン(小)をのせるとこんな感じに。
直線的ですっきりとしたデザインであると同時に、木ならではの
柔らかな雰囲気も持ち合わせており、陶製品、鉄製品、
どんなアイテムにも似合いそうです。

そして、山形鋳物のメーカー、鋳心ノ工房で製作されている
芳武茂介氏デザインの鍋敷きです。

02
鋳心ノ工房 芳武茂介 鍋敷き 角寄せ ¥3,240円

こちらは南部鉄器とはまた違った特徴を持っていて
高度な鋳物技術を駆使して肉厚を薄く整え、鋳肌の美しさを
つくりだす「薄肉美麗」という山形鋳物の特徴を表現した逸品。
オブジェとしても楽しめる造形です。
表面には本漆焼き付け仕上げが施されています。

芳武茂介氏没後、13回忌にあたる2005年11月に企画された
「芳武茂介展〜近代デザインの実践と産業化の足跡〜」
の開催を記念して復刻生産された鍋敷きです。

02_02
セラミックジャパンのティーポットをのせるとこんな感じに。
コンパクトなサイズ感。そして、デザインが特徴的で、他にはなかなか無いものを
お探しの方におすすめです。

おまけに、もう一つ。
04
MAROC 開閉式鍋敷き ¥10,800円(税込)

ドイツのステンレスメーカー、カール・メルテンスの鍋敷き。
1919年創業の老舗で、日本の職人にも通ずるクラフトマン
の技によってつくられています。

そして、こちらの鍋敷きの最大の特徴は、鍋に合わせて
花が開くようにサイズ調整ができる点。

04_01

最大245mmまで広がるので、小さなココットから大きなお鍋まで
サイズを問わずお使いいただけます。

04_02
とても利便性が高い鍋敷きです。
これ一つ持っていれば、
どんな大きさの器でも対応していただけます。

鍋敷きをどこかに引掛けて収納することも多いと思いますが、
それが自然とインテリアの一部となります。
壁に掛けて楽しめるデザインかどうか、、、
そこも購入の決め手になりますね。

メトロクス東京には、ブログでご紹介できなかったアイテムも
いくつか取り揃えております。

是非、お気に入りのアイテムを探してみてください。